maya46の日記

音楽・バイク・戦跡・廃道などを訪ねて遊んだ日記

天津の隧道・・・・サードアタック2

あっさり過ぎる目的達成になんとも拍子抜けな感はありましたが・・・・

それでも隧道ネタとしては、けっこうな大ネタなわけで、朝一からまさに歴史的瞬間を味わった一行。

なんつったって、これでほぼ1日をかける予定でしたからね~~~~~

残りの時間をどうするかなんて、当初から考えてもいんかったわけで、( ̄□ ̄;)!!

とりあえず降りて、飯でも食いながら後のことは考えようってことで、意気揚々と下山を開始する。

この時点で10時30分。


天3-31





時間に余裕があるため、あちこちをキョロキョロ。

帰りがけに水路隧道なんぞを見つけて寄り道をしたりする。

イベント当日の一本目で当たりを引くと、それ以降はハズレでも一日が楽しく過ごせるから、

最初の1本目ってのは、1日を楽しく過ごすのに特に重要なのだ。(^-^)

天3-32





今日のANALISTメンバーは、戦跡に限らず穴ネタ、オモローなネタならジャンルを問わず

・・・・のメンバーなので、全員躊躇なく突撃開始(^-^)

ヤッシーさんもノンジャンル組にエントリーかな?

天3-33





水路隧道は、ぱぱさんの専門分野である( ̄ー ̄)ニヤリ


天3-34




30m程先で土砂の堆積により、終わっていたが、なかなか立派な水路隧道だった。

天3-35






ここでヤッシーさんからの提案により、温かいもんでも食いにいこうぜってことになり。


天3-36




走ること10分。

勝浦のえびねに来てしまった。

天3-37



店内には戦艦ヤマトの模型やら、戦車の模型やら・・・・


まあ、色々と飾ってありました。

天3-38



毎度お馴染みの勝タンチャーシュー



ここの勝タンはうまいんですよ~~~~~~!



ちょい辛めだけど、大変おいしかったです。

天3-39







午後は協議の結果、勝浦市内松部地区の戦跡調査をすることとなった。

はたして、房総半島の防衛のとある兵士の記憶の陣地を見つけることができるのだろうか(笑)

ということで、漁港付近の駐車場から3台に分譲し、出発。

とあるトンネルの付近に到着すると、先行したヤッシーさんが現地のお婆さんから、家の前の駐車許可

をもらっていた。←話術もできるのでANALISTにピッタリ。

なかなか粋な婆さんであった。

この画像に写っているお宅の裏側にMG陣地らしき壕を見つけたが、ギッチリ藁を詰め込まれてしまって

中を見ることはできなかったが、道路側から銃眼の雰囲気は見て取れた。

天3-40




ここで2班にわかれて、トンネルの左右から、攻めることに。

A班  隊長、yakumo氏、ヤッシーさん

B班 俺、ぱぱさん、のださん


B班のルートはトンネルの右側から、この絶壁激ヤブを抜けなければならない。

こちらの先行は、もちろんのださん( ̄ー ̄)ニヤリ
天3-41

どう?  行けそう?

なんとか行けると思いまーーーす。  そんな感じの無線のやりとりがあり・・・・



A班 yakumo氏からも、地下壕発見の連絡が入ったりで・・・・

ギャンブル的に、選択した地域ではあったが、まったくの空振りではなさそうだ。

ちなみに壕は小規模な掩蔽部だったもよう。(画像はいずれyakumo氏がUPしてくれると思います。)



画像は足元を確認しながら、登ってくるぱぱさん(ちなみに立ってる場所はわかりにくいが絶壁なのだ)

天3-42




激ヤブを抜け、今度は一気に尾根へ向けて登っていく。

そして尾根の海反対側で、のださんが閉塞気味の壕口を発見。

上の隙間から、冷気が吹き出してくるのが確認できたため、反対側へまわりこむのださん。


天3-43







回り込んだのも束の間、反対側でなんとか入れそうな壕口発見しましたーーー。

・・・・との連絡が入る。

即刻、動きたいところではあるが、ぱぱさんとこの絶景を眺めながらしばし休憩。

勝浦湾が一望できて気持ちはよいが、

足元が断崖絶壁なので、なんともキャンタマがむず痒い(笑)


天3-44


おお!

あった!?

先行して見てきたのださんによれば、そこそこ複雑な形をしているらしいが、状態は良くないらしい・・・・

天3-45




無線連絡により、あっという間にyakumo氏がやってきた。

この頃、隊長とヤッシーさんは急な斜面で悪戦苦闘していたらしい(*´∀`*)


天3-46




さっそくyakumo氏が突入を開始。

入口から非常にBADコンデイション。

天3-47




激狭な空間に体をすべり込ませる。

天3-48




これぞ職人技(-^〇^-)

天3-49



中に入ると、けっこうしっかりとした空間が広がるが、掘りかけでズリを出し切れていないらしく

内部はかなり荒れた状態である。

天3-50





部分的に天井が低いので、ゲジゲジが頭にくっついたり、体にくっついて這い回ったりで(笑)

みんなで、ゲジゲジのとりっこみたいなことになったりで・・・・嫌いな人なら失神しそうな状態ではあるが、

メンバーは、皆なれたもんである( ̄□ ̄;)!!

天3-51







ぱぱさんが帽子に巨大なゲジゲジをつけてやってきた。(笑)

天3-52



↓↓↓  ぱぱさんの帽子の状況(笑)     画像提供  yakumo氏

天3-61



記憶によると、こんな形状の陣地だったと思う。

勝浦地区といえば、大抵の人は震洋とかの海軍壕を思い浮かべるのだろうが、探せば陸軍の

こんな陣地がまだまだ埋もれているはずだ。


松部MG




ひとしきり見終えて、学校裏の二宮金次郎の像の前で休憩。

状態は良くないにせよ、一応新ネタなのでそれなりに達成感を感じる。

天3-53




残り1時間。

野々塚山へ移動し・・・・

天3-54






ここは行っとけ、MG陣地(階層構造)。


天3-55




入って行く隊長。


天3-56









ウワ━(。・ω・)ァァ━・゚・

ゲジゲジが~~~~   コウモリが^~~~~  ・・・・、文句いいながら階下へ降りていくヤッシーさん。


隊長曰く  見なきゃいいんだよ!


そんな言ったって、見えるじゃーーーん( ` ´ )    今日はこんなやりとりがウケました。

ま・・・・  ほんとにそのうち慣れますから(笑)


天3-57







続けてここは行っとけ速射砲陣地。

画像は以前にUPしてるので省略します。


天3-58





軽く周辺を散策するも、特に新たな発見はなく・・・・


タイムオーバーとなり今日はここまで。

天3-59



今回は画像が少ないので、この程度の内容で申し訳ないですが、いずれyakumo氏と、

ぱぱさんが、もっと詳細な画像や、説明をUPしてくれると思いますんで(-^〇^-)

そちらで見てくださいね。

では、これで終わります。



天3-60

参加メンバー皆さん、そしてルート整備をしてくれたまっきーお疲れさまでした。
スポンサーサイト
  1. 2018/02/17(土) 11:26:00|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

隧道再び・・・・

ANALIST2018年の最初のBIGイベントが2/11に決定( ̄ー ̄)ニヤリ

帰ってきましたあの企画。

そう!  あれからもう3年!?  だったかな・・・・ 

ほったらかし状態の明治の隧道掘り起こし計画続編をついに決行することに。

ということで、メンバー間の間では、にわかに活気づいてきた今日このごろではあるが・・・・(^-^)

鴨川支部のまっきー氏より、入口の画像が送られてきた。




おお!   なつかしいねこの踏切(∩´∀`)∩ワーイ


なんて、思っていたら・・・・



とんでもないことになっていた。



踏切の先-1



ありゃまあ・・・・( ̄□ ̄;)!!


これじゃバイクも通れないじゃん・・・・

今回は人数も揃ったし、いけるんじゃないかと思っていたが!?


そうは問屋が卸さないってな状況ですなーーーー




踏切の先-2



当日までに鴨川支部が少々整備してくれるそうなので(^-^)

ちょっと期待( 'ω'o«頑張れまっきー»o 

ちなみに前回の記事はこれ↓↓↓
天津の隧道第二部

天津再訪編
  1. 2018/01/20(土) 04:23:13|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少々お待ちを・・・・m(>__<)m

皆さんこんばんは~~~\(⌒日⌒)/
そしてまずは、9月3日のイベントに参加したメンバー皆様、大変お疲れさまでございました。
久々に9人という大人数で・・・・しかも当たりネタを多数引けまして、大変有意義な一日となりました。
よかった、よかった~~~  ということで~~~

さっそく日記更新といきたいところでは、ありますが業務多忙と、翌日の朝に腰を痛めてしまいましたため、
どうにもこうにも、全てがはかどらなくて苦しんでおります( ̄□ ̄;)!!

なわけで、更新までは今しばらくのご猶予をください。

まあそれでも、文章だけではなんですからね。
メンバー紹介くらいしときましょう。

左から

のださん、ぱぱさん、内部図くん(総軍さん)、隊長、まっきー、俺、とのたまさん、yakumoさん

そして右上(アニキ)都合により山の下で待機してました。  以上9名

画像は館山市香の寺山砲台にて。

寺山砲台にて1

  1. 2017/09/05(火) 18:50:00|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

房総の地下鉄!? third attack  右下方面探索最終編

いや・・・・  今日は雨ですねーーーー

昨日も、今日も、事務所でガチャガチャ、クレーム対応だ、緊急対応だ!見積もりだ!  などと・・・・

なんだかんだとやってましてね(笑)

もう、やってらんねーーですよ!   一人で、そんなんいっぱい、やれるわけなかろうがー、ばかやろう!  

もう、会社に火つけてやんぜ!    それとも、お前を食ってやろうか!・・・・的な怒り爆発ですわ

ということで、  

・・・・さてさて  今日は例の続きを紹介させてくださいませ(-^〇^-)←なんか、だれかのパクリのような(笑) 

一回これを、やってみたかったんですわ。   



ちゅーーことで、最終編をはじめますね。

しばしの休憩の後に、再び坑道内へ戻っていきます。

白3-121




またまた最初の3方向分岐。

午前と同じく右方向へ。

白3-122



分岐から、右へ15mほどでV字分岐となる。

午前はこの分岐を左方向へと進んだわけだが、午後はこれを右へと下っていく。

ちなみに前回、この先も途中までは確認済。

白3-123





まだまだ体力的には余裕有りな感じの一行。

途中の支線で気になるものがあれば随時確認しながら進んでいきます。

白3-124




下っていくと。

50m程でT時分岐となり、右方向へ進むと30m程先で閉塞されていた。

この路線の路床には綺麗な軌道跡が残っていた。

白3-125




のださんがスケールを持っていたので、計測してみる。

白3-126





レールの芯~芯で

63.5!? ・・・・または 64.0cmといったとこであろうか。

自分は詳しくないが、これに似たような規格があるのだろうか!?

白3-127






一つにあまり時間をかけている余裕はないので、とにかく先へ進む。

白3-128



覚えてるようで、なんとも曖昧!?

前回ここも通ったはずなのだが、違った風に見えるのは気のせいか・・・・

白3-129





再び分岐。


本来なら一通り、見てはみたいが、キリがなくなってしまうのであくまで本線と思しき坑道のみとする。


白3-130




この辺までくるとかなり天井が高くなってくる。

記述の、さらに2m掘り下げて・・・・という部分はこの事を意味するのだろうか。

白3-131





やがて500m地点付近

路床が泥濘状態の区間に突入する。

よく見ると、この泥濘状態の中に枕木付きのレールが、ところどころではあるが

そのまま残っているようだ。


白3-132







画像は、掘り起こして計測中の、のだの人&隊長。

ちなみに、けっこう人の歩いた痕跡がある。


白3-133






再び奥へと進んで行く。

このあたりから、午前探索の坑道支線が妙な高さ違いで左側に見え始める。

白3-134






この複雑な形状がなんとも(-^〇^-)


いいですねーーー

白3-135




(メ・ん・)?

前回こんなん崩れてたかな・・・・   

さすがにこんな落ちてきたら、イチコロですよ。  ヤバイですねーー

常に危険と隣り合わせな探索なんだなーーと、改めて思う。

ちなみに今日は、ほとんどのメンバーがヘルメット装備で(笑)  徐々に重装備になってきたような(-^〇^-)

俺もメットかぶるかな。


白3-136






前回の到達分岐点に到着。

以前はこれを右に行って外に出でそのまま、山越えで戻ったわけですが・・・・

今日はこれを左に行きます。

白3-137





コンクリート巻き立ての補強部分。

白3-138




なんか奥に行けば行くほど、不気味な雰囲気になってきますね~~~。

右に左にうねりを繰り返し、坑道は少しづつ上りとなっているようです。

白3-139




またまた分岐が出るが・・・・   んーーーーーー


もう、ええでしょうってことで(笑)


このまま左へ行っちゃいます。


白3-140


このあたりまでくると、はっきりと、上り始めているのがわかる。

ちなみに、ぱぱさん予想では、午前の坑道本線の鋭角分岐地点と、この坑道が繋がっているのではないかと予想

を立てていたわけですがね。

なんとなくそれっぽくなってきたようなきがしますねーー。


白3-141







ここで坑道の右側を覗き込むと、どうやら、さらに下層があるようですよ。ヮ(゚д゚)ォ!


白3-142




左側にもあるじゃないですか( ̄□ ̄;)!!

いったい、どんだけ広いんだよこれ!   もう無理 ヮ(゚д゚)ォ!

白3-143



まあ、おおよそは見た!  ・・・・ということで、先に進む。


画像が悪くてすんません。


このガレ区間をさらに登っていくと。


白3-144


やはりここに出ました。

ぱぱさんの仮説が大当たり(-^〇^-)

右下層の左坑道は、本線と合流しておりました。

(画像の左から登ってきて、右の坑道から帰ります。)

白3-145




ということで。

ま・・・・  おおよそは見たということで、これにて探索は完結としたいと思います。

中途半端といえば、そうなのかもしれませんがね・・・・

完全に見ようとおもったら、おそらく3日、4日はかかるんじゃなかろうかと・・・・

もしかしたら、もう一つ向こうの山にもあるのかもしれませんしね。←痕跡があるから


白3-146




メイン坑口へ戻ってきてのださんと、記念撮影準備。

外は大雨なので、もうここで頑張るしかない。

白3-147





はいみなさん位置について~~~~~~

といった感じで、いつものやつですよ。

白3-148





撮り終えて、大急ぎで山から脱出。

白3-149




もう、完全なる土砂降りです。

基本、雨でもやる会ですが、雨は嫌ですねーーー


白3-150




駐車場に戻った後は、またまた打ち上げで、道路向かいのバーミヤンへ徒歩移動。

白3-151




お疲れっした~~~~~。

いや~~、  ほんと頑張ったねーーー。

のださんなんか、ここ・・・・  事前調査から考えると6、7回は探しに来たんじゃないのかなって・・・・(´▽`*)


白3-153




好きな事は皆、頑張れるんですね~~~~。

白3-154




本日は大雨なので、17時解散となりました。

白3-155



これにて、房総の地下鉄!?   白土調査編は終わりとします。

もう行くこともないと思いますがね、ま・・・・何かで気が向けば、また行くやもしれませんね。

この物件、地元では公表してほしくない、知られたくない物件のようなので、

全般的にかなりぼかした表現に留めてますが、何卒ご理解ねがいますね。

このままひっそりと100年語後も残っていくのかな・・・・  

なーーんて事を考えると俺も、なんか書いておけばよかったかなあと・・・・(笑)

〇〇〇とやりたい!・・・・とか(笑)←アホか

終わり。



最後に記念写真です。
白3-156
参加メンバー

左から のだの人、D氏、 俺、隊長、まっきー、ぱぱさん  以上6名でした。
  
  1. 2017/07/01(土) 11:14:54|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

房総の地下鉄!? third attack  激臭コウモリ坑道散策編

はい はーーーい! 

全国25万人のANALISTファンの皆様大変お待たせいたしました。←なんちって、見てる人はとっても少ない(笑)

ということで(-^〇^-)   今回も時間の都合で小出し更新とさせていただきますねん。



メイン坑道と、左側坑道の探索を終えた一同、一旦坑口で休憩の後にいよいよやりますです・・・・

そう( ̄□ ̄;)!!  一番、気乗りのしない3方向分岐の直進方向への探索を。

このなんとも言えない変則的な形の坑道の奥はどうなってんですかね・・・・!?  



白3-91



まずは、この正面のコブのような盛り上がりを超える。

前回、このコブ超えで数名がすってんコロリンと滑落したらしいのだ(笑)←俺はいってないけど。

とにかく足元が非常に滑りやすくなっているので、最新の注意の基に降りていかねばならんのだが、

いかんせん、下の土がとっても菌だらけっぽいので、本来なら、手をついて支えとして降りたいところではあるが、

ばっちいから手をつきたくないのだ(笑)


白3-92

まあ、それでも・・・・

しゃがんでツルツルっと、絶妙に滑りながら、なんとか無事に降りきる。

そして変則的な掘り方の坑道を30mほど進むと、左に緩くカーブしていた。

このあたりまでくると、坑道内はかなりの獣臭で充満していた。

くさっ( ̄□ ̄;)!!


白3-93





しかし・・・・気になる。

この天井の形はなんなんですかね~~~~

もしかして、これが当初の防空壕!?

その下を掘り下げたってことなのであろうか!?


白3-94



カーブの先は左方向に、碁の目状をさらに複雑にしたような分岐が多数伸びていた。

しかも高低差もあったりで、なかなか変則的である。


さてさて・・・・  本来臭いの大苦手な隊長でありますが(笑)

今日は、ストレス発散なのでしょうかね(-^〇^-)     

非常にアグレッシブに攻めております。

以前より元気になって戻ってきてくれました。

白3-95







まあ、おおよそこっちもこんな形がメインなのかな・・・・。

特に変わった要素もないようだ。

白3-96





下のボコボコは、軌道跡なのだろう。

牛が引いていたという事であるから・・・・  枕木との間は牛の歩き跡で削れたのかな!?

結局のところ、どれが支線で、どれが本線!?   っていうのは、この坑道にはないのだと思われる。

結論からいうと、全てが本線ということだ。

本線坑道を掘って、徐々に拡張したのではなくて、


白3-97





層に添って1本掘って、採掘終わったら、レール外して、またその隣を掘ってレール転用といったような、


けっこう場当たり的な掘削だったのかもしれない。

白3-98




それにしても、臭い。( ̄□ ̄;)!!

自分は既に我慢の限界に近くなってきたので、ここらで退散とする(笑)

本来なら、気合と精神力でいかねばならんのですがね・・・・

まあね。

今日はもういいや~~~~  的な・・・・   なんというかその劇的変化というような・・・・  

新たな刺激がないと行く気にならん(笑)

隣はさすがのD先輩。

穴の先輩だけあって、慣れたもんですよ。

涼しい顔で、臭かろうが余裕のD氏

ちなみに・・・・  まっきークラスになると、何事も少し、臭いぐらいのほうがいいんだとか・・・・変態じゃ~~~ん(-^〇^-)

白3-99





さらに奥を調べて行く。

ちなみにこれ以降の様子を、自分は見ていないのだが、この先はあちこち外に抜けているようだ。

※使用画像は全てまっきー撮影です

なので、いつもの如く話作ってます(-^〇^-)

白3-100





すずなりのコウモリ。

コンパクトに小さく見えるが、羽を広げるとけっこうでかいサイズ。
白3-101




この黒い山。

コウモリの糞の山です。←とんでもない激臭( ̄□ ̄;)!!

白3-102






とてつもなく臭うが、マニアは攻める。

白3-103




マニアのだと、マニアぱぱさん(笑)

白3-104






刺激しないようにしても、結局バタバタ始まってしまう。

白3-105





堪えてさらに奥へ。

ちなみに、床版に黒く見えるのは糞である。

白3-106




激臭の坑道内を、探索奮闘中のぱぱさんと、のだ様。

白3-107




コウモリは電波を発して障害物を察知するため、決してぶつからないというが・・・・

そんな事はない。

けっこう顔面にがんがんぶつかってきたりする。

誰だったかな・・・・  口に入って変な味がするとか言ってたような・・・・

画像は、ぱぱさん顔面付近をバタつく奴ら。

白3-108




このエリアはところどころ谷地にそって開口し、

まだ先に続いているようではあるが・・・・

あまり刺激して生態に影響を与えてはいけないので、この辺でやめておく。

白3-109




まあ、こんなもんでいいでしょう。

やたらと広いけど、劇的変化は見込めなそうだ。

一旦、坑道入口へと引き返す。

白3-110





休憩しながらのミーテイングタイム。

いつのまにか外は大雨。

白3-111


右下坑道散策編へつづく・・・・

  1. 2017/06/30(金) 11:06:00|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

maya

Author:maya
1965年 千葉県成田市生まれ

音楽・バイク・戦跡や廃道などが好き。
古き時代のものが好き。
最近では戦跡探索に熱中しております!(  ̄ ̄ー ̄ ̄ )

あなたは○○○番目のお客様

現在の閲覧者数:

基本カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (549)
バンド (7)
ラーメン (11)
ANARIST (22)
戦争遺跡 (107)
バイク (18)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する