fc2ブログ

maya46の日記

音楽・バイク・戦跡・廃道などを訪ねて遊んだ日記

ついてなかったGW

少々前になりますが、4/29~4/30のお話(⌒∇⌒)

今年のGW 日程が合わなくて急遽29,30で結構ということになりまして、久々の南房総方面。

天気予報は、いまいちなんですが、まあなんとかなるっしょ…という安易な考えでやっちゃいます。


ARAC-1.jpg



さて…決行はよしとしても、キャンプ地もまだ決めてないという無計画ぶり(笑)

ちゅーーことで、作戦会議もあるので、お昼に合わせて早めの集合。

隊長一押しの浜金谷のこの洒落おつなお店でランチしながらの会議なのである。

ARAC-2.jpg

隊長曰く… 山下達郎のレコードジャケットみたいな店内だよ。 と、いってた通り。

60年代を思い出すようなこの雰囲気のお店。

値段もお手頃、量もなかなかのもんです。

ARAC-3.jpg



飯食いながら先行して3名で会議。

(※PPゲーノ大先生は、重役出勤なのでまだおりません。)

大筋での予定がきまったのではありますが…

集合までには、若干時間的に余裕ありなので、どこか行こうかってことになり。

ARAC-4.jpg

知る人ぞ知るという…

富浦の廃トンネルへyakumo号でGO!

ARAC-5.jpg


まあ…

これでだいたいわかりますわね(o^―^o)ニコ

ARAC-6.jpg



相も変わらず内部は水没っすよ。

奥まで行ってみたい気もしますが、まあそこまでしなくとも…結果はわかってますからね。

ARAC-7.jpg

さくっと見終えたとこで、タイミングよく雨が降ってきたので…

南無谷あたりから、海岸線を見ながら、船形まで下ってきました。

ここで大雨となる… 車から出れんΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

ARAC-8.jpg




土砂降りで、どうにもならんので、先に買い物でも済ませようと、ODOYA船形店で

買い物を済ませて、雨の通り過ぎるのを待ちます。

ARAC-9.jpg



通り過ぎるまでけっこう、かかりましたねーーー  まあ、とりあえず止んでよかった。

とはいえ、 けっこう強風。

こりゃ山の上はあかんな…

本当は大房岬で夜のイベントを目的としていたのですがねーー

ARAC-10.jpg



仕方ないので鋸南まで引き返して急いで設営。

(山頂は強風で張れなくて、結局下)

予定よりだいぶ遅れましたが、なんとかなりました。


ARAC-11.jpg

なんか、ついていない1日でしたけど…

なぜか、今日の焼き鳥は非常にうまく焼けております。

…そこそこ盛り上がっていたところ、天気予報を見ていたyakumo氏が【あと30分で凄い雨雲がやってきます】

まじかΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン   …となり、急いでブルーシート屋根をセット。

ARAC-12.jpg

いや~~~ 間に合ってよかったね~~~

な~んて、気が抜けたとこで、とんでもない量の雨が降ってきた。

途中からは、氷ですな…  バラバラバラ…とまあ、これがまた凄いんですわ。


ARAC-13.jpg

風も急激に強くなり、強風でいよいよ山が鳴り始める  ゴーっと不気味な音で凄いんですわ。

屋根が吹っ飛ばされそうになるのを、4人で必死にシートを抑えて耐えること20分くらいか…

なんとか、耐えきることに成功。← かなりの強風でも4人いればなんとかなるという事がわかった(笑)


ARAC-14.jpg




耐え難きを、耐え、忍び難きをしのいだメンバー   もう、疲れてげっそりですわ(笑)

後でわかったのですが、竜巻注意報が出ていたらしいとか…(´・ω`・)エッ?

ARAC-15.jpg



翌朝の状況である。

yakumo氏と、パパさんのテントは強風で山際へ飛ばされたものの、とりあえず損害なし…

暗闇の中吹っ飛ばされたテント探し、しとるのウケタ…(笑)

俺のテントはペグてがっちり固定していて飛ばされは、しなかったものの、ロッドが2本変形してしまいました。

(既に修正しましたがね)

隊長は場所がよかったのか被害なしでした。←ついてるねーー

…ということで、全般的に被害は軽微でよかったっす。

前回、新舞子の時は風速8mで安物テントの骨が折れたんだったけど、今回はそんな

半端なもんではなかった(笑)←いい経験をしました。


ARAC-16.jpg




撤収し、金谷のフェリー乗り場付近にて

大荒れの海。


ARAC-17.jpg



風はいっこうにおさまる気配なし…

ARAC-18.jpg



そんな最悪のコンデイションの中

浜金谷で大先生が合流。

今日のプランは⁉、 …と、聞かれたので、今日は金谷28H~富浦10K~館山の予定ですと答える。

ARAC-19.jpg


さあ、…まずは金谷といきたいとこですが、その前に気になっていた金谷元名林道の広いとこ…

見にいこうよってことで、見にきたのだが…

ありゃΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

土を盛って、壁作られてしまっていて、これでは入れない。


ARAC-20.jpg

うわーーー   ひでーーーなーー。

あれもこれも みんな禁止になってしまいますねーー

やりにくい世の中。。


ARAC-21.jpg

予定プランに戻り、

28Hの砲座跡を確認して…

ARAC-22.jpg



壕内を探索する。

これは、砲側倉二つあるうちの、奥のほうのやつである。

ARAC-23.jpg


一しきり見終えて…


いよいよ、メインの富浦10Kへ向かうのであるが…

ARAC-26.jpg



なんと、なんと…

yakumo号、道中敵に遭遇し、激破される。 Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

ARAC-27.jpg



足回り曲がっちゃってますがな…(´;ω;`)

ARAC-28.jpg



敵はこのご年配、わき道から確認しないで飛び出してきたもよう。

ARAC-29.jpg



ということで、なんやかんやで色々、処理に時間がかかり、今回はこれでお開きとなった。

パパさんは、置いてきた隊長のバイクを取りに2人で大房岬へ、俺はyakumo氏と、先生を乗せて

横浜~~都内経由での帰宅となった。

久々の横浜市内である。

ARAC-30.jpg



yakumo氏を降ろして、今度は首都高速~無事帰宅。

ARAC-31.jpg


あーーー そうそう。

俺の車も切株乗り上げてこんなんなってたんですわ。


ARAC-34.jpg


まあーーー 応急処置で直しましたけどね。

ARAC-35.jpg

ということで、今回は成果なし…おわり。
スポンサーサイト



  1. 2021/06/09(水) 16:40:00|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

怒田の古道

…とある休日、パパさんより連絡が入る。

おい オッサン! この前、おめーーー 怒田の隧道行きたいって言ってよな?

近いうちに行くけど、来るなら連れていってやるけど、どうすんだ…!  …てきなかなり高圧的な連絡が入る( ̄ー ̄)ニヤリ

こういう誘いを断ると、パパチューブの出演を干されてしまうので、はっ、 はい~~~  喜んで!

…と、参加となりました(・∀・)ニヤニヤ

集合は久留里の水くみ広場

ここで、本日初対面の野生人さんと合流する。


YPM-1.jpg



早々に挨拶を済ませ、早速本日の目的地、怒田福野線へ…

YPM-2.jpg


準備をしていると、さっそく横でもう始まってます(・∀・)ニヤニヤ

はいっ!  道にあるちょっと古いものもののパパゲーノでーーーす。

いつも、ご視聴ありがとうございまーーーす。 …的な

さて… この穴はなんでしょう~~~~ みたいな

YPM-3.jpg




ということで、今日の目的は、御腹川支流から上流方向を目指し途中の水路隧道及び、怒田の第3~1

の隧道を抜けて、坂畑の封鎖地点までを歩くという企画である。

水路に降りる早々、バルルルル… まさかヤッシー??← いるわけねーだろって(⌒∇⌒)

…と、トラ車の軍団が真横を通り過ぎていった(袖ヶ浦、市原ナンバーだけど知り合いはいなかったね)

けっこう、まだバイク軍団けっこう走っとるんやねーーー

YPM-4.jpg


支線の水路

ところどころ荒れてはいれど、歩くには問題ないレベルっす。

YPM-5.jpg


しばらく上って最初の難所にぶちあたる。

ここは長靴では足りない深さの場所 じゃぶじゃぶで行けなくもないが今日はそこまでやる気なし…

さあ、どうしよう…

と、いってる間に、果敢に攻めてる野生人さんであったが…

この後、残念ながら滑って腰までドボンしました。(o^―^o)

だから言ったろう!  …と、パパさんがボソッ…と、言ったような、言わないような…

( ̄ー ̄)ニヤリ( ̄ー ̄)ニヤリ

この様子は、パパチューブでいずれ見れることでしょう。

YPM-6.jpg



野生人さんが、ドボンしてしまったので、びびったその他2名は、

水路をあきらめ、ここから古道を行きます。

YPM-7.jpg


それから、どのくらい歩いたのだろうか…

山ビルの襲撃をうけつつ、仮称 怒田第3隧道へ到達。

ここは2009年頃に数回、通ったことがあるはずだが、かなり前のことで、まったく記憶にございません。

んーーーー こんなだったかな???


YPM-8.jpg



第3隧道を抜けると、明るく開けた場所へ出る。

YPM-9.jpg



ここはキャンプに適した景観なれど、激ヒル地帯。

既に足には、数匹くっついております。

YPM-10.jpg


そして第2隧道  フムフム…

YPM-11.jpg


ちょっと距離をあけて第1隧道。

んーーーー 確実に、2度、3度 通ったことがあるはずなのだが…

まったく記憶にございませんねーー。(笑)

YPM-12.jpg

第1隧道の内部

ここは乾いていて、なんかいいですよね(o^―^o)ニコ

なーーんて、通り抜けようと思ったら…

YPM-13.jpg

あっ!

見過ごせないものを見つけてしまった。

あーーー あーーーー あーーーー  

直火っすか…   ひでーーーなーー、

直火やる人、否定はしないけど… いくらなんでも、これはねーーだろ!

終わったら片付けろよ! たとえ山の中だってこういう事する奴がいると、マネする奴がでてきて

最終的に封鎖に追い込まれたり、火事とかで騒ぎなって、野営やりにくい環境になったらどうすんだよってね。


YPM-14-2.jpg



しかも水のペットボトルまで捨ててある。

最近、SNSでこのような映えを狙った写真撮って…

目立ちたい! 注目されたい! 僕こんなことして凄いでしょ!?

いいね… ほしいがために、色々やって、こだわりみせてる奴がいるけど…

裏で、こんな事やってるならほんとヤメテいただきたい!


YPM-15-2.jpg


なんか、今のでかなり、がっかりしちゃいましたね…

はあーーー ってな感じ…

動揺したせいか、大きく道を逸れてしまいましたが、なんとか最後の上り坂に到達。

YPM-16.jpg



見えてきました(⌒∇⌒)

YPM-17.jpg



本日の目標だった坂畑方面の封鎖地点に到達。

第一目標達成です。

YPM-18.jpg


そしてパパさんが、Y夫妻をリスペクトして( ̄ー ̄)ニヤリ

ここで、ペーニョです(笑)

YPM-19.jpg



9時半にスタートして、この折り返し地点で既に12時を過ぎてしまってまして、急いで引き返します。

パパさん曰く20分で着くと言ったのに、もう軽く2時間超えてますがな…

YPM-20-2.jpg



帰路は、来る途中チェックしていた、水路隧道をかたっぱしから潰していきます。

YPM-21.jpg



とはいっても行くのは、パパさんだけ。

僕は応援 声だしだけです。

行けっ!  気合いだ! おりゃ~~~ うりゃーーー …←部活か…

YPM-22.jpg



そんな感じで、自分に都合の良い感じの水路隧道だけ同行します、(笑)

YPM-23-2.jpg


しかし、いったいどんだけ水路隧道があるのでしょうかねーーー

凄い数あるねーーー  連続 連続 また連続

YPM-24.jpg


水路隧道もあまり多いと飽きてきますね。

YPM-25-2.jpg



そんな感じでさらに進む。

YPM-26-2.jpg



もう、腹いっぱい!  水路隧道もう、いいでしょう…ってことで。

YPM-27.jpg


帰りは古道を歩いて帰ることになり。

古道を歩く=予定外の第4隧道通過。

YPM-28.jpg


続いて第5隧道

YPM-29.jpg



ここで水路に降りて帰る予定が…

ちょっと距離あるけど、この際だから第6隧道も行ってみたい …と、野生人さんのリクエストにより、

第6まで行くことにΣ( ̄ロ ̄lll)

なわけで本日予定外の…

第1~第6隧道踏破 ミッション コンプリートってな感じになっちまいました。

YPM-30.jpg

道中、以前にくらべてだいぶ道じゃなくってますが(っていうか記憶がない)なんとか第6到達

以前は太ももくらいまで水没してた隧道内部も、長靴で足りる深さになってました。

ここだけはしっかり記憶にありますね。

YPM-31.jpg



福野側はコンクリートだけど、

反対側は観音掘り。


YPM-33.jpg


最後に2009年当時の画像。

ちょっとだけ内部の水を抜けやすくした時ですね。

皆、若いねーーー。 自分以外、その当時の選ばれし…時の人達ですね。

YMP-34-2.jpg

ってことで、次回はパパさんの1000人到達記念パーティーでお会いしましょう。( ̄ー ̄)
  1. 2021/05/28(金) 15:30:00|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

キャンプからの鴨川鉱山

たいへん、たいへん間が開いてしまいましてすんません。

ま… コロナ騒動諸々ありましたが、まあなんとか…

馴染みのメンバー少数で細々とやっておりました。

だいぶ…      時が経過してしてしまいましたが少しづつ更新といきたいと思います。



ってなわけで、またまたキャンプ。

内房のとある場所で設営が終わったところ。

ba1-1.jpg



今夜は雨予報なので雨風対策バッチバチで臨みます(o^―^o)ニコ

ba1-2.jpg


さて…まだ17時

かなり早いけど、やることねーーし、

良い状態の炭つくるにしてもは1時間はかかるしーー…

ってことで、早めに着火しちゃいます。

ba1-3.jpg

隊長が酒の買い出しに行ったところで、入れ違いに最近

売り出し中のユーチューバーが余裕の表情でやってきた。

おう!   設営やっといたか!?   …てきなΣ




このくらい有名人になると、設営なんぞは下っ端にやらせるんですよ。

人は変わるんですね~~~~~~(・∀・)ニヤニヤ

ba1-4.jpg


ってことで、3人そろったとこでまずは乾杯。

宴の始まりである。

ba1-5.jpg


即席のテーブルで刺身を食す隊長。

さて今日は隊長どうなるのでしょうか(笑)

最近…   隊長→キャンプ→ベロンベロン

…の図式が成り立っているような。

ba1-6.jpg


すっかり日が暮れたころ、仕事終わり熱狂的キャンプ好きのこの人も合流。

ろくでもない話で大いに盛り上がり楽しい夜でした。

ba1-7.jpg


翌朝の状況

 手前から、隊長(バンドックのドームテント)、俺(コールマンS+ダークルーム)、yakumo(ツーリングドーム)

ユーチューバーの先生は車です。

ba1-8.jpg


そして、このお方が朝合流。

そう!  久々登場の… のだの人

最近、キャンプメインでやってるので登場機会めっちゃ少なめですが、

バリバリご活躍中の模様。

ba1-9.jpg


そうこうしているうちに1名足りないのに気が付いたのださん。

ベンツを揺らして起こしにかかる。

ba1-10.jpg



起きるパパさん。(笑)

ba1-11.jpg

はい!  ちゅーーーことで…  のださん来るってことは何かネタがあるってことですね。

今日のお題はですね。

鴨川鉱山軌道跡。

現地状況がよくわからないので、今日は2枚看板のレンジャー(捨て駒ともいう(笑))に頑張っていただく。

楽しみだ!

ba1-12.jpg


現地への途中、めっちゃ景色の良い場所で小休止。

ba1-13.jpg


頭ボサボサ、ヨレヨレで記念撮影。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン


ba1-14.jpg


到着し散策スタート。

ba1-15.jpg


現地の古老に聞き込むと軌道跡のことはよくわからんが、山頂に江見側に降ろした時の

ケーブルの基礎がの残ってるとか…

まじ…(ノ・ω・)ノオオオォォォ-

ba1-16.jpg


探すこと10分 (⌒∇⌒)

ありました。

ba1-17.jpg



さっそく、捨て駒の2名がとりつく…(笑)←(⌒∇⌒)

↑↑ 当会では、この2枚看板がそろうと最強の布陣なのだ。


ba1-18.jpg

遅れることこと5分 なんとか到達。

既にyakumo氏が登っているが、後方からは木が邪魔で、うまく写真が撮れないΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

ba1-19.jpg


基礎の上からの見晴らしは最高だ。

これで一時的にテンションが上がったのだが…

ba1-20.jpg


後が続かない  アチコチウロウロ…

肝心の軌道跡はというと…

ba1-21.jpg


確かにらしき痕跡はあるが…山中は特に荒れ放題で

ba1-22.jpg


まあ、良くてせいぜいこんなもんか…ってな感じで。

ba1-23.jpg


実にもの足りない結果に終わったが、まあ仕方あるめーーー

キャンプして楽しかったってことで良しとしよう。

ba1-24.jpg

もうここに来ることもないだろな。
  1. 2020/06/11(木) 14:45:00|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

房総の地下鉄再び…!?

もう来ることもねーーだろって… 思ってたんですけどね…

ここ最近、夜な夜な、何か面白い動画撮れないだろうか…  んーーーーーー… …

やっぱ!  いよいよアレをやるしかねーーだろ!

なーーんて、元来マッチな性格してるもんで(笑)  煽るだけ、煽ってみたんですがね…ろくでもない企画( ̄ー ̄)ニヤリ

内容が、内容なだけに… なかなか火がつかねーーなって…(笑)

じゃあ、代案で過去にやったアレなんかどうよ!

なんてふってみたところ…
  
あっ…  いいんじゃないそれっ!

みたいな…   かるーーーーいノリで…   またまた急に決まった企画。

そんな感じで、とりあえず面白ネタならなんでもの5名が集結。

MU-1.jpg




とりあえず時間足りないから…

一番デカイやつだけね!  …ってことで。

ぱぱさんが案内手数料の2万円を徴収し…(笑)

MU-2.jpg




突入開始。

MU-3.jpg



まずは上からストレート。

MU-4.jpg




何回も来てるからワクワク感はないけどね。

相変わらずですな。

中は湿度が凄い。

MU-5.jpg



落書きやら、なんやら読みながら進んで、進んで…

途中の適当な場所から下層に降りる。

MU-6.jpg


でもって、下層の出口の現況なんぞを見に行ったりする。

ふむ…    なんか前より出口広がったっていうか…

上が落ちて広がったっていうか…。

穴の中の雰囲気も、人が多数入るようになったからなのか…なんか変わりましたね。

MU-7.jpg




さらに下層の奥に進んだところでは、以前より水流がました湧き水がビシャ、ビシャトと…けたたましく( ゚Д゚)

水音たててます。

MU-8.jpg


おお!   素晴らしいねこれ!

綺麗な湧き水やないのーーーーー( ゚Д゚)

MU-9.jpg



ということで、ここで小休止。

一同、手ですくって水を飲み、乾いた喉を潤わせました。( ゚Д゚)


※ちなみに、僕は嘘つきなのであまり話の全部を信じないほうがよいです( ̄ー ̄)ニヤリ

MU-10.jpg

ま… 全般的にこんな感じよ! ってことで、

出口方向に引き返して、お次はモリさんのクソ塚。

でも…以前より臭いもあまりしないし…

モリさんの姿もめっちゃ少なくなったような気がする。

MU-11.jpg




クソ塚をぬけて外へ出る。

MU-12.jpg


ここで2回目の休憩。

以前は軌道の跡の路盤がきれいに見れたのに…

先日の大雨で大きく崩れてしまったようで、痕跡が消えてしまったようだ。

ということで、ざっと見て引き上げる。


MU-13.jpg

10:40分

昼までまだ、時間があるので付近の戦跡ご案内となった。

我が会の基本方針としては、一物件ご案内につき5千円なので、

参加者はとにかく金がかかるのですが、皆さん金持ちなので余裕です。(o^―^o)ニコ

MU-14.jpg




ここも山への道が大きく崩落してしまっているため、脇の斜面から回り込んでいきます。

MU-15.jpg




なんとか壕口へ到着。

MU-16.jpg


2つあるうちの奥のほうの重機関銃陣地。

構築は決64部隊第一大隊所属の第一機関銃中隊によるものであることが、実際に作業に従事した兵士の回想録

からわかる。   

MU-17.jpg


絶壁側の銃眼を確認しに、まったくつかまるところもない崖を降りていくyakumo氏(別名MUTYAMO)ムチャモ

とも呼ばれている。(o^―^o)

MU-18.jpg



面白い形の掩蔽部に入るOKN氏!

MU-19.jpg


ということで… 

3物件見たので、1万5千円を徴収し、昼飯へGO(o^―^o)

MU-20.jpg



ベイシアで買い物し… 海岸へ移動。

1人5千円の参加費の鍋&焼き鳥パーテイーとなりました。←めっちゃ高い

皆、金持ちなので…  

えっ…たった5千円でいいの?  …って、あまりの安さにビックリしてました。

乾杯!
MU-21.jpg



乾杯!
MU-22.jpg


焼き鳥…

MU-23.jpg


並べ方が上手じゃなくて、うまそうに見えないけど…

めっちゃうまかった!  (yakumo氏希望のタンタン餃子鍋)

MU-24.jpg



ということで、腹いっぱい食って16:00に撤収しました。

MU-25.jpg


ちなみに…房総の地下鉄?

皆さん… ほんとはこっちのほうに行きたかったのかな?

手がかりはこのレール

…と


MU-28.jpg



この岩の隙間の奥に…

MU-29.jpg




プラットホームみたいな空間がっ…

MU-26.jpeg




広がるのですーーーーーーっ(o^―^o)ニコ

MU-27.jpeg




このうねりがいいんだよね。

DSCN0281.jpeg




ということでおしまい。

DSCN0320.jpeg

次回はまたまたキャンプ~の…御宿・勝浦あたりを攻めます。

2月中にやるかもしれんね。

※しつこいようだけど、ぼくは嘘つきなので話の全部は信用せんほうがええです( ̄ー ̄)ニヤリ
  1. 2020/02/04(火) 17:52:00|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

大多喜で川歩き…再び

前回の川歩きの後…

あの先はどうなっているんだろう⁉

と、気になりつつも、既設は秋模様…

日々の気温も、水温も下がってきたであろう。

まあ、逃げはしないわけだから、続きは来季にしようと決めていたのであるが…

その後の9日の台風があり…

またまた、近日中にこの付近でキャンプ予定もあったため、どうも気になっちゃいまして

現地確認も兼ねてまたまた来てしまいました。(o^―^o)ニコ

倒木だらけの現地を想定してましたが、全く台風の影響なしの現地。


再沢-1




ということで、さっそく再び川歩きの準備に入る。

サーフシューズ!

ちなみに、今回は滝の200m手前くらいから入るので、かなりのショートカットです。

再沢-2





もちろん、このおやっさんもおりますよ。


朝から、茂原のマクドナルドで、一番高くて量のあるやつをガッツリ食ってきました( ̄▽ ̄)

再沢-3





エネルギー100%状態で川へ突入。

再沢-4




今日は鋸を片手に、やるき満々。

再沢-5



先頭は、駄洒落兄弟に勝るとも劣らなく寒さに強いパパさん。←(体感-10℃で、薄手のズボン、シャツ1枚で、1日ツーリングできるレベル)

しかし…間違いなく、水が冷たくなりましたね。

再沢-6





冷たいーーーーー (´;ω;`)ウゥゥ


俺は、めっちゃ寒いの苦手です。←真冬は4枚重ねでも寒い(笑)

再沢-7





あっという間に、滝の入り口(分岐)に到着。

再沢-8



今日は泳ぐ気満々できたので…

まずは、準備体操。←足がツルとやばいから。

再沢-9



行けっ!   ミクラス!

…と、まずはカプセル怪獣(パパさん)を投入して状況を確認する(笑)


再沢-10


ということで…いよいよ真打登場ってか…(笑)


テイク1行くよ~~~~  みたいな感じで…しばし動画撮影会。


再沢-11







あっ…   深みにはまった!



うわーーーーーーーーーー


助けてくれ~~~~~~ !    みたいな、アホ事やってました。

再沢-12





少々あそんだ後に…

いよいよ前回の続きを攻めに行きます。



…ここで先頭は交代。


再沢-13






ファイト一発!



行くぜ!   オッサン!



画像タイトルでいうと…


再沢-14




長靴で満足できなくなった…    オッサンの遊び。


って、とこだろうか…


来年は、もっと流れの早いデカイ川でやります。

再沢-15



この辺りから、ゴロ石が多くなり。


川の様相がだいぶ変わってきました。


先を見ると、倒木が絡むように完全に川を塞いでいる。…(+_+)


再沢-16



一旦はここで引き返す話も出たんですが…

なんだかんだで、激しい倒木セクション…

持ってきた鋸で小枝を切断しつつ…登ったり、潜ったり…

なんとか、切り抜けました。

再沢-17



で…

抜けた先が砂地で、これがまた絶景なんですわ。


画像にはないですが、砂丘のような砂だまりもあったりで


こりゃあ…キャンプに絶好なポイントなんじゃなかって。 


(ノ・ω・)ノオオオォォォ-



キャンプ会で、最短アクセスルートを開拓する必要がありますね。

再沢-18



そしてすぐその先にありました。

結構長いやつの1本目。

再沢-19



この水路隧道は、中で2段落差になっていて、

ともに水の落ちるあたりは深いです。

だから手を伸ばして、よじ登るのは結構難儀します。

さらに水も冷たいし…

再沢-20-1





なんとかよじ登って、2段目まで確認しに行ったんですが、2段目より先が真っ暗で見えない…


再沢-21



懐中電灯を持っていかなかったので、途中で引き返してきました。


とりゃーーーー   と、飛び込み。


再沢-22



泳ぐっ。

来年は、完全水没OK装備でこなきゃダメですねーーー

まあ、行けなくはなかったんですが… 寒くてね(笑)


心が折れました。  腹も減ったし…


再沢-23





といことで、今日はここまで…

この先の2本目はまた次回ということで…

再沢-24





かえりがけに、次回探索のためのさらなる短縮ルートを開拓できたらいいなってことで、

車で行けるとこまで行ってみたところ。

直径5mくらいの大きな縦穴を発見!

再沢-25


のぞき込むと


深さ15mくらいであろうか


え………


水が流れとるやん⁉


もしかしてこれがその先の2本目なのか⁉


再沢-26


どうなっているんだ⁉


ヤバイヨ ヤバイヨ。

パパさん!

さあ、教えてくれ!

作業道っぽい、緩やかな道を降りていくと…

再沢-27



穴ありました!

んーーーーーーー、位置的にどうなのか…

中の形状も気になるし…

ちょっとだけ入って確認しようか悩んだんですがね。

もう着替えちゃったんで、やめました。


再沢-28


この続きはまた次回ね。(o^―^o)ニコ

おわり。
  1. 2019/09/27(金) 16:18:00|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

maya

Author:maya
1965年 千葉県成田市生まれ

音楽・バイク・戦跡や廃道などが好き。
古き時代のものが好き。
最近では戦跡探索に熱中しております!(  ̄ ̄ー ̄ ̄ )

あなたは○○○番目のお客様

現在の閲覧者数:

基本カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブートキャンプ (15)
未分類 (568)
バンド (8)
ラーメン (11)
ANARIST (41)
戦争遺跡 (144)
バイク (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する