FC2ブログ

maya46の日記

音楽・バイク・戦跡・廃道などを訪ねて遊んだ日記

夷隅、勝浦、御宿…その2

夷隅の新規発見で、今回の目標を達成したため、あとはyakumo氏がお休み期間中に発見した
御宿の山頂付近の壕へ向かう。
とりあえず山頂だけ見て、下の小物二つは省略でいいだろ…
キャンプ明けとあって、体力もそろそろ限界、これで撤収のつもりだ。

夷御勝第2-1


さくっと到着。
前回発見した推定(銃眼)へyakumo氏が早速入っていくのだが…

夷御勝第2-2


え、実はこの銃眼がですね…
結論からいうと…
この後の数々の発見により、これが監視所である可能性が大となるわけです。
夷御勝第2-3




yakumo氏の出てくるのを待って…  では撤収…と、一旦は車に戻ってくるものの…

この下何かありそうだな!   …と、yakumo氏が斜面を降りて行ってしまった。

現在の心境からすると、おいおい!  もう終わりだよ!

まさか… 見つけねーーよな…   もう動きたくねーよ …であるが…

マシーンyakumoくんは疲れを知らないのである(笑)

その後まもなく…

地下壕発見しましたー!  …と、トランシーバー越しのyakumoくんの声が…

マジかよ!



夷御勝第2-3-1



ひえーーーーΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

の心境であるが…

早く来い!   

とのことなので、今一度気合を入れて、岩がゴロゴロの荒れた古道らしき九十九折れをおりていく。

夷御勝第2-4

到着。

これっすか!  小さい? 

入り口は3つ… 貯蔵系?

夷御勝第2-5


1番目の入り口は、コンクリートで塞がれており、まあ、無理して入れなくもないのだが、

今日はもうやる気がない。

さすがのyakumo氏も断念。

というより、当初は小さめの貯蔵庫(弾薬庫)などではないかと思っていたのだが

この後の発見の関連から、これが中隊指揮所壕である可能性が高くなった。


夷御勝第2-6


これは2番 3番の壕口から侵入可能な部屋の内部である(左側)

夷御勝第2-7


この部屋から、右の壕へ入ろうとするも、内部の通路もコンクリートで塞がれており

進入は厳しい状況だ。

なので、見える範囲のみ最後の図に記録してみたが、壁にいくつかの棚が確認できる。

左側は見える範囲が限られるので、想像で書いてみたが、もしかしたらもう少し奥が

続いているのかもしれない。

夷御勝第2-8


先行するyakumo氏がさらに発見。

夷御勝第2-9



今度は何だ?

夷御勝第2-10



中から外を見る。

夷御勝第2-11



内部は軽く水没。

単純な長方形の部屋である。

これは関連性から糧秣庫と推定に至る。

夷御勝第2-12


そしてさらにyakumo氏が井戸を発見。

夷御勝第2-13




画像にはないが、この後は小規模な同じような単純壕が出てくるのである。

次々と現れる壕にyakumo氏が飛び込んでいく。

自分とパパさんが疲れて、へたり込んでいると、ここは見たほうがいいですよ!

…と、yakumo氏  

夷御勝第2-14





なんと炊事壕なのである。

夷御勝第2-15





りっぱなかまど×2なのである。
夷御勝第2-16



当然下には薪をくべられるように、くりぬかれて、左右連結されている。
夷御勝第2-17




塞がれているが、上に抜ける煙突のくりぬきもある。
夷御勝第2-18




パパさんの実況も熱が入っている(笑)
夷御勝第2-19






最後にこれらの関連性を示す、位置関係図を書いてみた。

今までの経験から、3人で協議し…このように推定してみた。

以上で今回の探索記録を終わりとする。

夷御勝第2-21-2

今年の冬の目標は、さらなる御宿拠点の発掘と、君津鍋石拠点の続き(あちら側)さらには、52軍司令 重田中将閣下
ご視察の四方木拠点の発掘を計画したい。

スポンサーサイト



  1. 2020/10/15(木) 17:35:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夷隅、勝浦、御宿…その1

9月も終わりかけた頃、まるまる一月離脱していたyakumo氏より連絡が…

涼しくなってきたし、そろそろやりたいです!





夷大御勝-1

ということで急遽キャンプすることになりました。

場所は夷隅川の河口ですな…(当初の予定場所が工事で入れなかったためΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン)

ここ…以前はキャンプするやつなんていなかったのに、久々に来てみたら…

あらららら…   けっこういるじゃん…  ってな感じで。



夷大御勝-2

とはいえ、奥のスペースはガラ空きだったので、難なく場所ゲット。



夷大御勝-41

とりあえず火は起こしてみたものの、暇だし腹も減ってきた。

冷えたビールで きゅ~~~~っと  いきたいとこではあるが…

俺…酒は飲まないしね…(飲むと頭が痛くなる)   ちなみにyakumoくんも飲まないのです。

飲むのは、例の名前を言ってはいけないあの人だけです。




夷大御勝-3

皆さんなかなか来ないので、先にこんなん頂いてしまいます。

ちょこちょこと新規で現れる、キャンパー多数だが、こっちに来るなと、熱い視線で見ていると

皆さん、ほかに行ってくれます(笑) ←ガン飛ばし


夷大御勝-5

日がどっぷり暮れた頃yakumo氏が合流。


夷大御勝-6

そして、いまや時の人となった(⌒∇⌒)   ユーチューバーの先生も合流。

ということで、今回はこのメンバーで臨みます←っていうか、ほぼ毎回同じじゃねーかって意見もありますが…

それにしても… 皆さん装備がとっても充実してきましたねーーーー テント、寝袋、灯類、調理器具諸々…

ま、新しい装備を試すのも楽しみの一つであったりもするんですがね。



夷大御勝-7

今回の主食はyakumo氏の持ってきてくれたこの肉1㎏

これの前に焼き鳥を数本食ってましたけどね。


夷大御勝-8

それと、メインはですね。

〆のこのラーメン。

チャーシューは昨夜、自作で煮込んできたものです。




夷大御勝-9

スープはパパさんご自慢の自作の激うまスープ、激うまスープで大変おいしくいただきました。




夷大御勝-10
ゆっくりめの朝 7:00

yakumo氏とお揃いで購入したツーリングドームテント。

その奥のオレンジのネイチャーテントで、目下爆睡中の名前を言ってはいけないあの人である。




夷大御勝-11

早々に片付けて、朝飯中のyakumo氏



夷大御勝-12

寝起きのパパさん

コラオッサン!

何喰ってるんじゃ~~

朝は、マックおごるって、いうたやろうが~~~~ …と、パパさん

ついてこい!  この貧乏人どもめが~~~! …と。言っていたような気がする。(笑)



夷大御勝-13

ということで、株主優待券発動!

金持ちパパさんのおごりで朝マックやーー!

ちなみに金持ちのパパさんは金があまって腐っているらしく、うんこのケツ拭くのも1万円札だとか…
(嘘を書くなと言われてますが、嘘ではありません自分の都合のいいように解釈しているだけです(笑))

で、会議の結果 本日のメニューが決定。

佐室付近~新田野~いすみ~御宿 こんな感じですべて新規を狙っていきます。



夷大御勝-18

まずは、ウオーミングアップ  yakumo氏が前回見つけていた3つ目のMG陣地に向かう。

ほんとは行かないつもりだったが…yakumo氏が駐車場から3分というのできてみたが…

yakumo氏の言う、駐車場から軽く3分というのを間に受けてはいけない(笑)

yakumo基準の3分はかなり堪えるのである。




夷大御勝-19

ここまで登ってくるのにもう、ハー ハー  ゼー ゼー もんですよ。

で、これが3つめ…




夷大御勝-20

3つ目が一番坑道延長が長い、20mくらいだろうか。



夷大御勝-21

なかなかいい感じのうねり具合だ。




夷大御勝-22
最初の2つと作り自体はほぼ同じかな。
壕口からの射撃方向を見て、なるほど…
これで十字砲火なわけかと、合点がいく。




夷大御勝-14
山を下りてお次は新田野地区へ… 新田野90%いくぜ!

引き続き第1機関銃中隊の痕跡を追うのだ。





夷大御勝-15
いかんせんけっこうな荒山である。

しかも、想定範囲が広すぎるので、エリアごとに少しずつ潰していくしかないだろう。

ちょっとでも手がかりが欲しかったが。



夷大御勝-16

絞ったエリアを分散して散策したものの…



夷大御勝-17

めぼしい発見もなく、今日のところはこれで引き上げることする。

とにかく蛇の多い山でしたわ。

マムシがいっぱいおったΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

んーーー、朝一から 攻めて、攻めて! …不発だと若干テンションが下がるんよね…

計画をちょこっと修正しようかなーーー  などとも考えたが…

yakumo氏の主張はひたすら攻めの1本である。

ヒエーーーっ  ってな感じで(笑)

はよおっさん 次に連れていけやーー!

ってなもんですわ。



夷大御勝-23-1

じゃーーー、仕方あるめーーー  どうなるかわからんが勝負の夷隅50%いくぜ!

ここも範囲は広いが、とりあえず目標としていた場所に向かってみる。



夷大御勝-24
山に踏み込んでまもなく

んーーーーーーーーー? ? ?

いきなりぽっかり 

これは廃隧道?  道にあるちょっと古いもの発動か??


夷大御勝-25
いや…

ちっ、ちっ、地下壕だーーーーーー!

でかいぞこれ!  雰囲気でわかる。



夷大御勝-26

なんだこれ⁉





夷大御勝-27

ゴミが突っ込まれたいくつもの部屋。

幅広な坑道




夷大御勝-28

…で  何?  この吹き抜け的な空間は⁉




夷大御勝-29

主坑道の末端は砲室の模様、砲側庫もある。

先端は崩れたらしいかな…



夷大御勝-30

その右後方、から延びた登り勾配の先は⁉



夷大御勝-31

ここも砲室だ!

しかも、真後ろと脇に砲側庫。



夷大御勝-32
さらに坑道を進と銃眼!





夷大御勝-33

左後ろの延びた坑道の先はまたまた銃眼。


夷大御勝-34

海だ。 しかしなぜこんな場所に(・・?

完全なる水際陣地だが…(その理由はあとでわかる)




夷大御勝-35

上ってきた坑道を下る。




夷大御勝-36

水際でこれだけ色々揃った陣地も珍しいのではないかと、一同テンションはハイである。



夷大御勝-37

最後に隠し部屋のような通路の先にあった推定観測室につながる坑道。





夷大御勝-38

ズリがいっぱいだが部屋の状態自体は良好だ。





夷大御勝-39

帰り際に気が付いたが主坑道の天井には木の埋め込みが残っていた。



夷大御勝-40
最後に、おおよその歩数と感覚で内部の状況を書いてみた。

入ってすぐ右 ※陸軍には珍しく、トイレらしき壕が存在した。

さて… この後の第2部もまたまた新規発見です。
  1. 2020/10/10(土) 12:53:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再び御宿を攻める。

はいっ(o^―^o)ニコ  またまたあいてしまいましたが、ボチボチやってました。

まあ…それぞれの青春ですよ! 

 …ってな感じで、なんか盛り上がってきましたねーーーー(笑)(笑)←個人的に…

歴史は繰り返す!←ですよ。

なんかいずれ凄いことになりそうで…

いいぞ~~~!  やれ! やれ!  ってな感じですわ(⌒∇⌒) … (あくまで個人的な楽しみ)

てなわけで、少ーーーし、づつですが更新していきたいと思います。


急遽、前回の御宿の続きをやることになり、今回は久々のレジェンド降臨である(のだの人)(⌒∇⌒)

怖いおじさんのyakumo氏は今回は欠席です。(9月は仕事で全キャンセル)

ON20-1.jpg

余談ですが…実はパパさんTUBEで良く言われてる怖いおじさんってのは、自分と、yakumo氏だけではなく
本当はもう一人おるんですよ(笑) ハンドルネームにヤのつく人。 ヤクモ マヤ ヤッシー
いずれまた登場すると思われる。


ってなわけで、朝一から精鋭のスコップ隊出動。


ON20-2.jpg


で、掘り始めて間もなく…

あれっ、狭くね?  って、なって…

これ銃眼?   

ON20-3.jpg


ってことは繋がってたんかね?

再び突入。

ON20-4.jpg

あーーーーー

やっぱり…  そうだったんかーーーーーΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン


ON20-5.jpg


あいてます。

yakumo氏になんで入らなかったのって?   

言われたばかりなんすよねーーーΣ( ̄ロ ̄lll)

ON20-6.jpg



てなわけで、ちょっとガッカリΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

気を取り直して、山頂を目指すも、めぼしい発見特になし。

ON20-7.jpg



しゃーないので、今度は別ルートで九十九折れルートを下っていく。

ON20-8.jpg


そして何か見つける。

ON20-9.jpg



こんなんが二つ。

ON20-10.jpg


とても状態は良いが、2.5×5mくらいの小さな空間が2つ

ON20-11.jpg



その後特に発見もなく下りきってしまう。

ON20-12.jpg


下ったら今度は登らねばならない。

上りは遊歩道で。

ON20-13.jpg



この遊歩道の側面が、また穴だらけ…民間防空壕デカイの多数は省略。

ON20-14.jpg


山頂で小休止。

ここもテント張れそう(⌒∇⌒)

ON20-15.jpg


景観は抜群である。

ON20-16.jpg


次に向かったのは勝浦興津地区。

ON20-17.jpg


前回紹介した大隊本部機能を備えた1中隊主力陣地だ。

唯一の入り口。

ON20-18.jpg

かなり荒っぽい仕上がりの主坑道、カーリットを使用したからなのか。


ON20-19.jpg



推定、大隊長室。

当時は、この入り口に木製の扉がついていたような痕跡がある。

ON20-20.jpg


棚の木枠も残っている。

ON20-21.jpg


これが20㎝ほど水没した一番広い部屋。 

木箱がいくつも散乱。

ON20-22.jpg


上りの通路は堀かけで終わる。

ON20-23.jpg


鉄の扉はあかない。

ON20-24.jpg


この水没の先はどうなっているのだろうか?

のださんが言うには、風が抜けてくるとのことなのでどこかにつながっているのかもしれない。

ON20-25.jpg



これが内部の測量図である。

ON20-26-1.jpg


測量を終えて無事脱出。

ここが崩れたら、脱出は不可能となってしまう、怖----い、場所なのだ。


ON20-27.jpg

ということで遅い昼飯。

本当は勝タンが食いたかったのだが、どの店も、今までにないほどの行列で断念した。


ON20-28.jpg


大勝軒のチャーシュー麵。

まあまあ旨かった。

ON20-29.jpg


そして小浦隧道。

ON20-30.jpg


入り口付近の2つの壕を確認しにきた。

ON20-31.jpg


掘り方は完全に軍の掘方だ。

ON20-32.jpg


何もない海岸に向かうために、なぜにこれ程の規模の隧道が必要だったのかが少々疑問である。

ON20-33.jpg


で、これがパパさんの行きたかった穴。

ON20-34.jpg


先端が波の浸食で崩れたらしく、用途が何だったのかは、不明だ。

ON20-35.jpg



ここでのネタもいずれパパTUBEで見れるはずだ( ̄ー ̄)

ON20-36.jpg


今度は、砂浜に降りて確認。

ON20-37.jpg


あいてますね。

この右側の穴はなんだろか?

って、ことになり…入り口を探すことになる…



ON20-38.jpg

しかし… 状況は草ボーボー…



ON20-39.jpg

篠竹ボーボーである。

うわ(+_+)  僕こんなとこ入るの嫌やわ~~~~~~。

…と、言って躊躇していると。

今日は死なない程度に暴れる!

…と、言っていた、レジェンド のだ名人が攻める。


ON20-40.jpg


さすがレジェンド(⌒∇⌒) パチパチ👏

攻めて突破口を切り開く。

ON20-41-1.jpg


おお!

だけどこれは…???


ON20-42.jpg


水路?  または地下壕(改)水路?

ON20-43.jpg



かなり疑わしいが…

これが今日の成果である。

ON20-44.jpg



ちょっと物足りないが、まあ仕方ない。

ON20-45.jpg

次回、いすみ市90%編にご期待ください。
  1. 2020/10/08(木) 15:45:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鍋石拠点4thアタック。

8/12 このうだるような猛暑の中、鍋石拠点の4thアタックは泊まり込みで挑むこととなった。

招集されたメンバーは、メンバーの中でも特に選び抜かれた精鋭中の精鋭である。
(いつもと変わらねーじゃねーかって意見もある( ̄ー ̄))
※隊長は結局のところ仕事で都合つかず欠席Σ( ̄ロ ̄lll)

期待された、大先生久々の降臨かと思いきや、結局都合つかず…Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
ま…大先生は近日調整して、どこかで登場の予定です。

まずは、笹の道の駅(かなり空いている)駐車場で集合し早々に現地と入り込んでいく。

(集合状況は省略)





鍋C-1



画像ではわかりにくいが、この急な斜面を一気に50m登って行く。

鍋C-2



山頂まで登ったところ。

ここが本日のベースキャンプ地点となる。(地下壕の上でキャンプ)

とりあえず突然の雨対策ってことで荷物が濡れんように適当にシートを張っちゃいます。



鍋C-3


この時点で気温は既に34度を超えている。

ということで、あまりにクソ暑いのでしばしマッタリ(⌒∇⌒) なーーんて呑気にしてますが…

※後日取り上げますが、この山頂が恐怖の山だったという事はこの時点で気が付かず…

この山にはなんかおる!

鍋C-4


今日は、クソ暑いからゆったり~~~、のんびりやろうよ~~~~

なーーんて、言っていたのですが…

yakumo氏の早くやろうぜアピールが凄いので、とりあえず見つけてある壕

から行ってみよう、的なことになったわけですが…

のっけから、のんびりじゃなかったのかよ!

ってなくらいな感じでがちがちの散策となるΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

鍋C-5



そして、早々に3つ目の壕を見つけるyakumo氏。←最近ではマシーンyakumoと呼ばれている(笑)

鍋C-6



当然一番乗りはこのお方。

何度体験しても、この初物発見時の喜びってのは感動するものだ。

鍋C-7


ちなみにこの壕も堀かけで、Y字構造、延長も20m程度だろうか…

この時点で、もしかして主な拠点は、やはり対面の山なのでは?

…と、考える。

鍋C-8


そして、4つ目。

鍋C-9


これも堀欠かけ…

ちょっと残念である。

鍋C-10


ということで、当初の1つ目と、2つ目を見ていく。

鍋C-11

内部。

掘り方は通常の穹窿堀であるが、この隊の特徴はうねりが凄いところ。


鍋C-12


見つけた4つのうちで、唯一銃室の完成している壕。

かすかに光が見えるッぽいので、リボン付きの棒を突き出して外側を確認する事に。

鍋C-13


とは言ってもこの反対側の斜面は、とんでもない急こう配。

平均斜度60度といったとこだろうか、滑ったら死にます。

鍋C-14

探すこと30分。

ついに発見!

ここは涼しくなったら綺麗に堀り出そうと思います。


鍋C-15


そうこうしているうちにパパさんが追い付いてくる。

鍋C-16



銃眼の付近だけは、若干緩やかで助かった。

ここでyakumo氏と記念撮影。


鍋C-17




パパさんを待っていると、最も危険と思われるショートカットコースで

yakumo氏が尾根筋復帰にちゃれんんじしていた。


鍋C-18

けっきょくのところ、この山の壕群については、完成が1 未完3の成果である。

いや… こんなもんじゃないはずだ。

まだあるだろ…

対面の崖の中腹凝視すると…  あるじゃないか!

あの大きさからすると砲だろうな…

早速チャレンジと行きたいところではあったが、この気温とスズメ蜂の脅威もあるので

この続きのお楽しみは秋以降ということにしたい。


鍋C-19-1



見ていただいた皆さんに、かなりアバウトではありますがこんな感じ。


鍋C-20


ということで、さすがにこの暑さでグロッキー状態。

戦跡調査はここまでにして休憩。

鍋C-21


テントを設営し…  (ツーリングドーム)←yakumo氏とお揃い買いました。

鍋C-22


その後はyakumo氏の希望により観光で濃溝の滝。

鍋C-25




滝というより、穴メインだろ(⌒∇⌒)

鍋C-24



前から思ってたけど、普通の千葉のちょっときたねーー川って感じ(笑)

鍋C-23



濃溝温泉でさっぱりして夜。

鍋C-26


暑くて焚火なんかする気になりません。

なので、yakumo氏にバーナーで焼き肉を焼いてもらう。

鍋C-27


ま…  これは、これで悪くないです。

以降はクソ暑くて写真撮りませんでした。

鍋C-28



翌日の帰りがけに、長南町で15Hの壕に寄って帰る。

鍋C-29


半分、埋まりかけてますがデカイです。

鍋C-30

周辺を少し調査しようか?

などと、若干スケベ根性だして始めてみたもあまりの暑さに10分で皆ダウン

今回はこここまでとなりました。

次回は、もうちょっと気温が落ちたら何かやります。
  1. 2020/08/21(金) 10:40:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々に新規開拓を狙う…

皆さんこんにちは…

またまた長らくあいてしまいましたねーー。

我々もこのコロナ騒動の影響で、世間の目もあって…

実際かなり動きずらかったわけですがーー。

でもまあ、そこはその…

行動範囲を限定というか…人気のないとこを選んだり

メンバーも、有志の少数に絞っての活動ということでやっとります。

あ…それと


※…恒例のソーメンイベントは中止となりました。

…ってなわけで、じゃあここらへんで例のアレやりますかって…事になり

行動範囲を市街地域からはずして、一気に山ん中へシフトしてきました。

狙うは、おなじみの決64の軌跡。

今回は、君津市の鍋石拠点(君津市笹)203連隊第3大隊第9中隊により構築されたという

幻の拠点…(笑)

記録にはあるが、一体どこにどの程度の陣地を築いたのかといことは全く情報が皆無なわけですが、

数年前に見つけたの野々塚山の陣地と同時期の期間を作業にあてていることから

規模は野々塚クラス(かなりデカイ)と想定。

ということで、まずは俺が指揮官ならここに指示する… と、机上で考案した図面を片手に

現地へ…セカンドアタック

鍋1



現地へ来てみると、とにかく見通しが悪く広角に狙える範囲が極端に少ないことがわかる。

机上の考案通りとはいかず…挫折

鍋2


途中、飽きて野営地を探したりで川に降りてみたりもする。




鍋3



気をとりなおして、またまた徒歩で山中へ分け入る。

鍋4



UP DOWN 激しく。

かなりの体力を奪われる。

やっぱ、こういう時にyakumo&のだの人がいてくれたら3倍なのに…と、思いつつ←ちなみに今日は平日。

まあ、一人でやれるだけはやる!

鍋5


崖際ギリギリも攻める。

ちなみにココキャンプにいいかも…(⌒∇⌒)

落ちたら死ぬけど…


鍋6

末端まできて、下りの折り返しで、とうとう見つける。

(これで2つ目)

よっしゃー!

鍋7

これで記録と回想録が事実だと証明された。



鍋8


この中隊の坑道の作りはうねりが強い。

堀も綺麗だし状態も良好だ。


鍋9


銃眼もしっかりある。

抜けてはいないが、あと数センチ? で抜けるんでないか…?


鍋10

帰りがけに風呂でも入っていこうかと考えたが…

まあ、楽しみは盆休みにとっておくことにしよう(⌒∇⌒)

この続きは、メンバー呼んで盆休みにやります。


それと… ツイッター始めました。

ブログのほうは少々頻度が落ちそうなので、速報等はこちらで確認していただけると早いかもです。

IDは@maya92213433です。
  1. 2020/08/05(水) 16:45:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

maya

Author:maya
1965年 千葉県成田市生まれ

音楽・バイク・戦跡や廃道などが好き。
古き時代のものが好き。
最近では戦跡探索に熱中しております!(  ̄ ̄ー ̄ ̄ )

あなたは○○○番目のお客様

現在の閲覧者数:

基本カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブートキャンプ (15)
未分類 (568)
バンド (8)
ラーメン (11)
ANARIST (39)
戦争遺跡 (136)
バイク (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する