maya46の日記

音楽・バイク・戦跡・廃道などを訪ねて遊んだ日記

小食土調査編(-^〇^-)

皆様こんにちは~~(-^〇^-)

年度末を乗り切ったと思ったら今度は、今度は仕事さっぱりですわ(笑)

ま・・・・ ほどほどに楽しくやっとります。

まあ、こうでもなきゃやってらんねって感じですけどね・・・・

ということで、本題。

つい先日、実に絶妙なタイミングでブログ閲覧者様よりタレコミ情報がありましてですね・・・・ヽ(*´∀`)ノ

で・・・・その情報によれば小食土(やさしどと読みます)の崖になんかある!

とのことなのだ。  (詳細は省略)

ちゅ~~~ことで、さっそく見に行くことにした。

とはいえ・・・・  天気は雨だし・・・・  場所は崖だし。

なんかあったらやばいじゃないですか。

てなわけで入念な審査の結果1名の隊員が選ばれた。←ただ近いだけじゃねーーかっていう意見もある!


前日の電話。

しもしも~~~    パパさん。

明日の午後から小食土行くんだけど、時間ある!?

パパさん
ん~~~~~~~~
明日は夕方に○○が来るからあかんわ~~~~~
  ←ちなみにぱぱさんは標準語です。

俺・・・・がっくり( ̄□ ̄;)!!







しばしの・・・・沈黙の後に・・・・







ぱぱさん
せやけどな・・・・

16時までに帰ってこれれば・・・








ええよ!





おお!   its great!   なんて偉大なことばなんだ!



16時までに帰ってこれれば  ええよ!  ・・・・ってか





ちゅ~~~ことで翌日のお昼すぎ・・・・






いや~~~~   なんか悪いね~~~~

無理やり連れて行くみたいで(´▽`*)アハハ
小土-1


まずは、戦う前の腹ごしらえっちゅ~~ことで、まっきーも来たことのあるという・・・・

そして、パパさんが愛してやまないという古民家食堂へやってきた。  ←そんなこと言ってない

小土-2


うへっ・・・・

いや~~  なんか久々の遊びで楽しいな~~^っと・・・・←子供かっ

小土-3


うんうん(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)

なんかさ・・・・ ここ・・・・   ただ家が古いだけって感じだね。

まあこういうのもさ・・・・  not bad!   悪くないね!

小土-3-2


野菜炒め定食。

800円    まあごく普通の味わいですよ。


小土-4


食後のコーヒーのサービスがええですね。
小土-5


食後は、400円の駐車料金を払い、昭和の森へ侵入。
小土-6


このタイミングで止んでいた雨が一気に強くなってきたが・・・・

かまへん!

今日は1~2時間でさくっとやって帰るから、ずぶ濡れ覚悟のノーガード先方や!

ANALISTに雨天中止はないのだ。
小土-7


いざゆかん!  外周道路から奥地へ侵入開始。

公園の雰囲気には似合わない、不審な2名のおっさん2名。

絶妙なタイミングで場内アナウンス。

危険な遊びはしないでください。♪

柵の外側には行かないでください♪


ん・・・・  ・・・・   まるで監視されているようだ(´▽`*)アハハ
小土-8




目的の場所に到達し、侵入開始。

いやしかし・・・・   意外と深いねこの谷。
小土-9


ほないってみまひょか・・・・
小土-10


いきまひょ・・・・  いきまひょ・・・・

さて・・・・  今日は隊員2名だけの散策で寂しいようですが・・・・

なんやかんやで散策時のいつもの行動パターン考えてみると、

パパさんと俺が二人でいるターンが多いので、いつもどおりって言えば、いつもどおりか・・・・(-^〇^-)

小土-11




倒木や、枝をかき分け・・・・
小土-12




一気に目的の場所へ到達。

なかなか立派な壕口ではありますが・・・・瞬時に既にぱぱさんが察知。

この空気感・・・・   閉塞ですね-ー   抜けてないですよこれ!

ベテランになると空気感でわかるという・・・・  

むむむ・・・・  皆、ベテランになったなあと・・・・感心、感心


小土-13



事前情報によれば、けっこう水没してるとのことであったが、排水してくださってたようなので、

深さ長靴半分程度でした。
小土-14



なのでさくっと  通過。
小土-15


クランク部に到達。

やはりか・・・・  この感じは・・・・  
小土-16




クランク部の排水溝
小土-17



閉塞は確実そうだが、とりあえず奥まで行ってみる。

小土-18


やっぱり( ̄□ ̄;)!!

形状は、直進15mで右クランク。

その先左右にちょっとうねって20m奥でEND
小土-19


残念( ̄□ ̄;)!!

ちゅ~~ことで、谷の向こう側に行ってみることに。

小土-20




雨で足場が、非常に悪いなか・・・・  ぱぱさんが一旦下の沢に降りていく。

降りてまた登るっちゅ~~^のがキツイんよねーー

小土-21




破をかきわけ、滑るがけをよじ上り。まさに命ガケ  なんちってね。

反対側の壕口前へ到達。

コラ おっさん  はよ上がってこいや!   

・・・・と、言いたげなぱぱさんの表情(笑)

小土-22



こっちもほぼ同じ形の壕口である。

しかし・・・・  こんなとこに・・・・  なんなんだろうねーーー
小土-23



入り口脇のこの土盛。

どっかで見たことあるね。・・・・と、ぱぱさん。

そう!  銚子の震洋壕の最奥付近の壕口にもこんなのがあったかなあと・・・・
小土-24




とにかく真ん中の溝を伝って流れ出てくる水量が凄いです。

中に滝でもあるんじゃねえのって感じ。
小土-25


20mほどで左にクランクし
小土-26


15mほどで右クランクし、その先緩やかに左カーブしたあたりの頭の高さ付近の両サイドに碍子。

いったい何の壕なんでしょうかねーーーー  この掘削幅と碍子が持つ意味は!?

探し求めている300人収容の野戦病院壕か・・・・
小土-27


その先のY字分岐はどちらも土砂が流れ込んできて閉塞気味。
小土-28


これがY字の右奥方向。
小土-29


これが左奥方向。

どちらも、土ちょっと広めの空間が存在したような作りに見える。

また土砂がこの壕内のものと違うものであることは間違いない。(埋戻用!?)

なので、推測になるが、この先は現在公園である上の広場に抜けていたのではないか。

その後・・・・  造成時に埋め戻された。  

その埋め戻し土砂が湧水によって少しづつ流出していると結論づけてみた。

ちょっと疑義がのこりますがね・・・・

小土-30



その後、尾根筋に戻り、反対側へまた下る。
小土-31


そこでぱぱさんが小さな掩蔽部を発見。
小土-32


幅も通常サイズでこれは!   ・・・・と、期待したが・・・・

小土-33




15mほどで左クランクし、その先閉塞

でも、掘り方は実に丁寧で素晴らしいですね。
小土-34



ま、今日は天気も悪いし、ここまでってことで・・・・

1時間ほどの調査を終えた。

ここはまたいずれやります。

情報提供のだりん様に感謝。


てなわけで・・・・次回は16日に再び、I市の産業遺産の坑道調査、続編に挑みます。


小土-35
スポンサーサイト
  1. 2017/04/04(火) 10:20:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今回はネタばらしの公開捜査

ここ最近、調査会ページも含め、色々な方々が見に来てくださって、ご意見、情報諸々・・・・

いただけるようになりまして、ほんと感謝に耐えませぬ。

少しは真面目に書かなきゃいかんかな~~~、なんて思いつつも・・・・

まあ、このスタイルは変わんね^^^^だろうなって(笑)

ってことで今日はですね。   えーーーーーーーーーー

先日の話ですけどね。  ぱぱさんのブログを見ていて、あっ(°д°)

・・・・と、  大多喜は泉水地区のやり残し案件を思い出した。

ここ最近、あちこち手を伸ばしすぎてるもんで、どうも忘れっぽくて困る(笑)

この画像のA地点は以前、2度、3度と、調査しており、まあその都度小物ではあるが成果はあった。

だが、(-^〇^-)   まだ全部見きれていないのだ、 

とある兵士の回想録にによれば・・・・

泉水から田丁右方の丘陵に西から東へ抜ける坑道を掘った。

重機関銃の銃眼を5箇所開いたとある。

SからT


そして・・・・

その重機の銃眼は岡部台方向に向けられていたとのことだ。

重機でしょ!?   しかも5箇所も。

そういえば、泉水の小高先生も子供の頃、子供の頃、みんなで輪になって手をつなげるほどの

空間の壕が道路の向こう側あったって言ってたなあと・・・・

場所は忘れたけど確かに道路の向こう側だと・・・・ 言ってたなあと・・・・

ちなみに画像のC地点がおそらく銃眼の向けられてる岡部台であろうと思われる。

ということは。!? 

泉水から田丁に向かって右の丘陵ってことは、間違いなくAかBの丘陵のどこかに

重機×5 があるのではないかと思われる。

ちなみに前々回の主力捜索ではA地点付近で、中規模掩蔽部と、軽機関銃の銃眼をyakumo氏が見つけている。

ん・・・・・・・・・・・・

重機×5  是非とも見つけたいとこだ。

さて・・・・  そろそろ行きますよ(。-∀-)(  ̄ ̄ー ̄ ̄ )
  1. 2017/03/29(水) 17:35:46|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ・・・・

南房総の後編といきたいとこではありますが、ちょっと更新のための時間が足りません( ̄□ ̄;)!!
すんませんm(_ _)m
・・・・ってことでその前に・・・・
明日は今年2回目のANALISTイベント(-^〇^-)
年度末近くで、とてもとても多忙な時期ではありますが・・・・  まあ、後のことは後で考えるってことで
アフターフェステイバル覚悟で(後の祭り)1日楽しんじゃおうと思うとります。

今回は戦跡メインではなく、産業遺産ものをメインとしたイベントですが、そこそこの人数集まりましたんで
レポート楽しみしとってください。
参戦表明してくれたメンバーに感謝ヽ(*´∀`)ノ
詳細はは後日!

それと!   今日、下請けの業者さんの一人から旭のとある山頂付近にコンクリートの
何かがあるっ!って、話を聞いてしまいました。
付近には巨大な立坑もあいてるとか・・・・
ん・・・・  そのコンクリートってなんだ!?   砲室か!?   それとも観測所か!?
ちなみに場所は以前隊長が戦争末期に飯岡から配置転換15Kが3門。
歩兵1個大隊だあ!・・・・ってマークした場所のすぐ近くだ!
いや~~~~~(´▽`*)   なんかきゃん○まがむずがゆくなってきた(笑)
見に行きたくて我慢できんかもしれん(爆)
・・・・と、期待するだけ期待して、大外れだったりして・・・・(笑)
  1. 2017/02/11(土) 14:40:18|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

正月の二日は南房総を攻める。(-^〇^-)

またまたご無沙汰しております。
もう1月経ってしまいそうですわ( ̄□ ̄;)

最近はもうね・・・・ 忙しいっていうレベルの話じゃなくてね。
まったく先が見えんのですよ。
暗中模索状態。

なんだかんだ言っても土日休める人はいいな~~~~( ̄□ ̄;)!!
というわけで・・・・

えーー・・・・  かなり時が経過してしまいましたが、正月2日の散策をUpしたいと思います。
29年の1発目は1月の2日に南房総に行ってまいりましたよん。
で今回の企画はですねーーー
以前より総軍様と、なにかやりましょってことで話してたわけですが、どうにもこうにも
お互いのタイミングが合わず。
じゃあ、しゃあないから正月休みにやりましょうってことになったわけですよ。
普通、正月は皆忙しいですからね。  
メンバーも集まらないわけですよ。
しかーーし、なんとも嬉しいことに
昨年に続きyakumo氏がエントリーしてくれました。
そういえば昨年も正月の3日にやってyakumo氏が茂原で巨大弾薬庫見つけたんだったっけってねーーー。
ちゅーーことで、今年もないいことあるんじゃないかってことで、期待いっぱい、
胸いっぱいなわけですわ。ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ



当日の朝は、京成佐倉駅で総軍様をお迎えし一路南房総へ!

大月-1



南房総市はお馴染みのコメリ加茂店の駐車場。

ここでyakumo氏と合流。

大月-2


さっそく今日の1発目。

館山市竹原。

前回見つけた15榴の陣地及び、その周辺散策。


大月-3



まずはここがお初のお二人にじっくりこの陣地を見ていただく。

大月-4



さっそく内部図の作成にとりかかる総軍様。

大月-5



例の彫り込み撮影中のyakumo氏
大月-6



若干崩れてるけど壕内はかなり状態がよいですね。

あ・・・・ それと今回からうちの正式メンバーとなられた総軍様。

下請けの図面屋じゃなくなりました(笑)   うちの記録班員です。
大月-7



15榴の砲口  これぞお手本というくらい綺麗に削られている。

大月-8



二人が内部を見学している間、自分は陣地上の斜面を調査開始。

そして、このような古代人の墓穴を無数に見つけた。

あちこちにありすぎてちょっと紛らわしいレベル。

大月-9





内部を見を終えた二人も登ってきて、それぞれ分散して散策開始。

大月-10



散策開始後まもなく、yakumo氏から無線連絡。

交通壕+露天の銃座を発見したらしい。
大月-11


やはり、守るための・・・・    あるんですね~~~~~。

まあ、たいしたものではないにせよこれまた新たな発見。

大月-12


そしてしばらくすると・・・・またまたyakumo氏から連絡が入る。

今度は下り勾配のちっちゃな掩蔽部発見。

大月-13


ここらでそろそろ切り上げようと、休憩しているとyakumo氏が動き出し・・・・

下り斜面に消える。

大月-14


そして壕発見の無線連絡が・・・・

いやしかし・・・・すごいね。  さすがは機動調査班。

じゃんじゃんと見つけてくる~~~~。

ま・・・・、今日は少人数だけど、このお方がいるっちゅーーーことで3人分くらいは

稼いでくれるとは思ってましたけどねヽ(*´∀`)ノ

うちの会の場合、人数少なくても、yakumoさんか、のださんのどっちか一人でも入ってれば、

戦力3倍で・・・・安心みたいな(笑)

大月-15




かなり低い位置にある壕口
大月-16



奥行15mくらいで水没。
大月-17



総軍様もこれじゃーーーー、図面書けませんね。

しっかしこの堀かた、半端じゃなく綺麗ですよ。
大月-18


こちらも15mほど進んで、左クランク、下り階段先は水没。

この先どうなってんですかね・・・・   掘りかけで終わったのか・・・・

はたまた、先があるのか・・・・

水中ポンプ持ってきてポンプUPしちまおうかな・・・・まじで(笑)

大月-19


ちゅーーことでこの山での散策を終え・・・・

次に向かったのは、同じく館山市の薗という地域。

大月-20

ここで、一気にギャンブル散策にでる。

この薗地域については、詳細な情報があるわけでもなく、ただ漠然と記述にある地名におおよそのあたりをつけただけ。

とりあえず野々塚のように、分散して大攻勢のつもりだったが・・・・

いかんせんこの山、かなりの荒れ山、見回せばどこも同じような景色・・・・

斜面のあちこちに、同じような景色に無数に走る道。

全てが同じに見える・・・・   ついに高低差の感覚もわからなくなり。

自分とyakumo氏が完全に位置を見失う。

携帯GPSも誤作動起こすしね。

ただ・・・・  無線機で全員がつながっているので、心細さはなかったが・・・・




大月-21




ここでなにか見つければまたまた大発見だったんだけどねーーーー

ちょっと舐めてかかり過ぎましたな。


大月-22


1時間ほど山中をさまよい、唯一迷わなかった総軍様の無線誘導でなんとか合流に成功。

(*^o^*)/~~~

大月-23



今日のお昼はまたまたここにきちゃいました。


大月-24


今日はプチ遭難して体力使ったので、塩ラーメンセットで行ってみました。

とっても、とっても、((*´゚艸゚`*))まぃぅ~♪

いや、しかし午前の部は疲れた。

ちょっと心が折れそうになりましたがな(笑)

大月-25


そして食後の会議。

午後はどうする!?       

安パイでどっか見学にする!?   それとも続けて攻める!?

しばしの会議の末に下した結論は・・・・(。-∀-)




たとえ見つからんでもエエ!    成果ゼロでも攻めようっ!








えらいぞっ!   よく言った!











え~~~ 根性や!(´▽`*)アハハ




・・・・ちゅ~~~ことになりまして(。-∀-)


お次の場所は。

位置がいまいちよーーーわからんけど・・・・

山も深そうで、暗くなる前に出れるか不安だけど・・・・

稲都大月28Hを攻めることとなった。

・・・・つづく




大月-25-1
  1. 2017/02/06(月) 20:15:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

野々塚山散策~上総中野~坂畑その2

続きを読む
  1. 2017/01/08(日) 12:20:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

maya

Author:maya
1965年 千葉県成田市生まれ

音楽・バイク・戦跡や廃道などが好き。
古き時代のものが好き。
最近では戦跡探索に熱中しております!(  ̄ ̄ー ̄ ̄ )

あなたは○○○番目のお客様

現在の閲覧者数:

基本カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (532)
バンド (5)
ラーメン (4)
ANARIST (14)
戦争遺跡 (87)
バイク (13)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する