FC2ブログ

maya46の日記

音楽・バイク・戦跡・廃道などを訪ねて遊んだ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

砲台山セカンドアタック・・・・その2

ここまでの成果は、埋没壕1箇所と、砲側庫1箇所である。

初っ端から上機嫌になったとこで、お次は前回見つけた立坑の再調査だ。

直径1.2mで深さは、6~7mといったとこであろうか。


金28-77


今日こそは、底に降りて状況を確認しようと意気込んでいたのだが、あろうことか

キャンプ用具に気を取られて、肝心のロープを忘れてきてしまった( ̄□ ̄;)!!

金28-78




のさだんの持っていた縄梯子をセットしてはみたものの・・・・

金28-79




うわ━(。・ω・)ァァ━・゚・  惜しい。

2mちょい届かない・・・・(´;ω;`)

ロープが届かないところは、精神力でカバー!

・・・・と、いきたいところではあったが、協議の結果今日は無理しないということで泣く泣く諦め撤収することに。

金28-80




悲しみにくれながら斜面を降りてきたところ・・・・

え・・・・   

あれ(・3・)  ・・・・あの窪みって!何?!?!?

yakumo氏が真っ先に、確認に入る。

金28-81


ん・・・・!?

この窪み!?  多分普通の人は気がつかないと思う(笑)

金28-82



なんか壕っぽい!?

yakumo氏が、素早く枯れ木や、土砂を除去していく。


金28-83



数分で微かに侵入可能となったようで・・・・

金28-84


いよっ。

金28-85


はっ(*´°ω°)

金28-86


( ゚д゚)ホッ!

金28-87




とりゃ~~~~~っ。

ずるずる落ちる~~~~~~~止まらない・・・・  とか言いながら穴に吸い込まれていくyakumo氏。

そして、まもなく。

トランシーバーから、ねこさんこれ戦闘の壕ですよ!

壕ですよ~~~~~~~!  デカイですよ~~~!

はい。 はい。(^_^;)

金28-88







ひえーーーーーー( ̄□ ̄;)!!   いや、しかし・・・・

僕、こんな狭い穴入るの、嫌やわ~~~~~~~。

だって25cmくらいしか隙間ないんだもの・・・・


金28-89



では、自分は上向きで行かせていただきます!

・・・・とか言って、のださんは、あっという間に穴に消えていった(笑)





なんやねん。  この2人。

ちょっと、おかしいんちゃうか~~~~(笑)

金28-90




ねこさ~~~~~ん。  yakumo氏の勧誘の声( ̄□ ̄;)!!


はい、はい、わかりました。

行きますよ。  行きますよ。    トホホ・・・・( ̄□ ̄;)!! 



ぼくはやめときます。

・・・・と、これをパスしたぱぱさんを地上に残し(笑)

自分もなんとか突入成功。めっちゃ汚れました。

なんか久々に、怖いとこに入ったような。

画像は入ってきたとこ振り返り。

金28-91





なるほど、こりゃうねりが入ってすげーーーわ。

金28-92




壕口をコンクリートで閉塞したと思われる箇所。

これじゃ発見できないわけだ。

これぞ隠された地下壕。

金28-93




あーーーーーー  コンクリート。


こっちも砲側庫だったわけね。

金28-94




金谷には終戦間際に4門の28Hが配置されたと言われていますが、今日はそのうちの

2つを発見したということでよいのだろうか。

金28-95





もちろん、おきまりのこれもありますね。

金28-96





こちらは、もう1箇所の閉塞された壕口。

外に出てから、入口を探してみたが、偽装されていてどこが入口だかはっきりとはわからなかった。

金28-97


確か、こんな形だったような気がするが、画像のうねりから見ても、

ちょっと違うような~~~~気がする(笑)←なんていい加減な・・・・

金28-98

ということで、このあとのおまけ編につづく。
スポンサーサイト
  1. 2018/11/08(木) 16:25:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砲台山セカンドアタック(その1)

続きを読む
  1. 2018/11/03(土) 14:55:35|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こういう散策もある(-^〇^-)

3連休の中日(日曜の夜)のこと・・・・

といっても自分には連休などなかったのだが、そんな日曜の夜。

とあるサイトで観音付近の山中にある、こんなコンクリート構造物を見つけてしまうのである。

なんじゃこれ!? 

この付近の有名な観測所などの構造物の存在は知っていたが、こいつはノーマークだっ!

なんじゃろうね・・・・ これっ!?

ってことで、さっそく戦跡専門仲間のyakumo氏と、やまさんとの3者協議に入る(笑)

最近はこの、ラインというすぐれものがあるので、即座に3者協議ができてしまうのだ。

やまさんの調べによれば、推定防空監視哨とかではないかと・・・・


と-1




そして、またまたこんなものも見つけてしまうのである・・・・


(´・ε・`)ムムム・・・・   ここが怪しい・・・・

と-2



あっ・・・・


穴開いてるじゃん。



過去にこのあたりを、散策しているyakumo氏にこの存在を確認するが、これは見ていないらしい。

ん~~~~  なんとも悩ましいじゃないですか・・・・(笑)

即刻確認しに行きたいところではあるが、あいにく翌日は仕事ということで、泣く泣く断念するのだが・・・・


そんな折、偶然にも翌日が休みで、少々時間がとれるというyakumo氏が単身調査に行ってくれることとなった。


と-3


翌日の朝、8時過ぎには現着していたyakumo氏から、続々と確認結果画像が入ってくる(-^〇^-)

まずは観音裏ルートのコンクリート構造物から。

中のコンクリート壁が時代にそぐわない感じで妙に綺麗らしい。

大きさも、かなり小型に見える。

詳細はまた後日としたい。

撮影 yakumo氏。


と-4




続いて、本日のメインイベント(笑)

海岸からあの横穴を確認しにあの谷間を攻める。

と-5



偶然にもロープがセットされているらしく、途中までyakumo氏に攻めてもらったのが・・・・


水を含む急斜面に加え、今日は単身なので山頂まではたどり着くのはおあずけとなった。


危険ですからね。


と-6

裏側は、激藪。

正面はオーバーハング。

どうやって攻略しましょうかね~~~~

次回はメンバー招集かな。

メインはこの上( ̄ー ̄)ニヤリ

この上
  1. 2018/09/25(火) 19:08:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大多喜の重機関銃陣地

長期間あけてしまいすんません・・・・( ̄□ ̄;)!!

かなり多忙な状態ではありますが、

夏終わっちゃうので、今月末あたりに夏のイベント組んでみましたんで、次回レポもご期待ください。

てなわけで、ここらでちょい小出しになりますが溜まったねたを更新してみますねん。

いやしかし・・・・   

あまり忙しいのも考えもんですよね(笑)

土日祭日休みで、17時きっちりで終わる仕事がいっすよね~~~~~

はあ(*´Д`)・・・・


ということで、随分と前になってしまいますが大多喜編(^-^)



前回の大多喜が中途半端で終わってしまったため・・・・

コラ  オッサン  平日連れてけや!


・・・・と、大先生からのリクエストにより。

急遽平日に前回のおさらい&測量を兼ねて決行。




これがその大先生心残りの重機関銃陣地の入口。

OOO-1.jpg



ひたすらマニアック路線を突き進む房総半島戦跡考古調査会が、3年の歳月をかけてやっとたどりついた

非常に状態のよい重機関銃陣地なのだ。

東金や、一宮あたりの陣地とはまた違った形状の銃室、足掛け小段付き。

これぞ決64スタイルといったとこだろうか。


OOO-2.jpg


しかも銃眼のこの掘り込が半端ねえ!

なんと壁厚3mもある。

よくもこんなに分厚く堀ったもんですわ。

先生曰く、これなら、戦車に2、3発くらっても大丈夫だろうとのことだ。


OOO-3.jpg





たいした規模の陣地ではないが、この地域にはこんなんがまだまだどこかに眠っているはずだ。

OOO-4.jpg



大変にご満悦の先生。

OOO-5.jpg


そして新たな成果。

房総半島の防衛にある、絶壁の中であろう

・・・・場所を、散策中に新たな機関銃陣地を見つけた。

外側から覗き込んだところ、こちらも銃眼の厚さが半端なかった。

内部の画像は、なんか入口狭くてバッチイから俺は入らんかった(笑)

気になるこの銃室内部の画像であるが・・・・ 先生送ってくれるっていってたのに

まだ送られてこん( ̄□ ̄;)!!

どないなっとんねん。


OOO-6.jpg



  1. 2018/07/10(火) 19:08:05|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝浦、御宿、いすみ・・・・新規開拓

まずは、いきなりこんな画像からご覧いただこう(-^〇^-)

推定であるが、銃室の全部が削り取られてしまったであろうという陣地の現状。

場所はというと、今まで、はずしに、はずしまくっている御宿。

ここは地域的になんか住民も特殊な地域のようなきがする。

ここは以前の隊長と、二人散策した時(白土坑道見つけた時)から気になっていたのだが、

今日はそれを確認しようと寄ってみたのだ。


ON-1.jpg



高さが4mほどあって、とても取り付けない高さにあるが、奥は深そうだ。

ON-2.jpg



そうこうしていると、脇に銃眼のような穴を発見。

覗いてみると、直線上に伸びた坑道の反対側に抜けていて、途中から削られてしまった銃室

方向へ分岐しているようだ。

以外にも坑道の幅が広い。

山の反対側から回り込めば入れそうだが、今日はアプローチルートだけを確認して

この場所を後にした。

※反対側の山にもありそうだ
ON-3.jpg




その後、漁港方面を回りつつ・・・・


あ・・・・   猿だ。
ON-4.jpg




追い込むつもりは、なかったがかなり警戒しているもよう(-^〇^-)


そんな感じで、ドライブ気分を味わいながら。
ON-5.jpg




第二チェックポイントの勝浦まで移動してきた。

なんとも見晴らしがいいじゃありませんか(^-^)

ON-6.jpg





ここからちょい奥へ入り、以前から隊長が気になっているというポイントへやってきた。

隊長・・・・  あのね。  あそこに怪しい窪みがあるからちょっと見てきてよ。


ラジャー


そんな感じで、斜面を駆け上がって行くと・・・・









( ^ω^)おっ


ON-7.jpg










隊長、あいてますよーーーーーー。

急いで登ってくる隊長。

ON-8.jpg


覗き込んでみると・・・・



銃眼だーーーーーー(*´∀`*)

ここからは入れそうにないので、隣のくぼみへ移動する。

ON-9.jpg



こちらは大きく空いちゃってるので、とりあえずここから入る。


ON-10.jpg


形状からして重機関銃陣地のようだ。

ON-11.jpg


坑道もうねって、なかなかの状態だ。

ON-12.jpg



先ほどの、となりの銃室へ向かう。

ON-13.jpg


若干、水が溜まってズリが残っているが状態はよい。

手前に打ち込んである2本の松杭が気になるが・・・・

ON-14.jpg




山の側面に抜けているようだ。

ON-15.jpg


途中の弾薬置き場。

ON-16.jpg


右側の出口。

ON-17.jpg


正面の出口。

だいたいにして、隊長と二人の時は、ギャンブル的なチャレンジが強くていつも外しまくりなのだが

今日は、ついてる(笑)

ON-18.jpg




昼は、ラーメン食おうと思ったが・・・・

今日は、気分的にラーメンじゃないという隊長。

なわけで、

杉戸林道入口付近のこの看板に引き寄せられ・・・・(笑)

ON-19.jpg


ずけ丼500円だってよ・・・・   ねこさんどうする!?

いっすよ~~~~  てな感じで・・・・

勝負!

ON-20.jpg



隊長はずけ丼。

俺は、なんか色々食いたかったので、刺身定食を注文する。









まずは、ずけ丼きました。

うっ・・・・    けっこう盛りがいいんだね~~~~~

ON-21.jpg



と、思ったら・・・・


刺身定食はとんでもなかった。


厚さ2cmはあろうかという、びんちょうまぐろ。


ぬあ~~~~^んと  15キレ( ̄□ ̄;)!!

しかも、これ1品すよ。


隊長に3キレ手伝ってもらいましたが、もう当分刺身食いたくねっすね(^_^;)

ま・・・・  刺身好きな人はチャレンジされてみてください。

ヤッシーさんあたりが行くんじゃないかと・・・・(笑)←予想

これで800円ですから(笑)

ON-22.jpg


食後はいすみ市へ.のこんな場所へ移動。


あの天守閣にだれかおる!?


ON-23.jpg


我会の司令塔でした(笑)

ここで、トランシーバー片手に、自分からの連絡をまっているとこでした。


ON-24.jpg




さて・・・・

自分はというと・・・・

城跡だけあって、複雑極まりなく険しく、荒れた山をひたすら散策(^_^;)


ON-25.jpg




述によれば、ここにも2個中隊・・・・

相当きつかったが、せめて一つ・・・・   とっかかりだけでもと奮闘。










あっ|゚Д゚)))
ON-26.jpg


スコップないと入れなさそうなので内部状況だけ。


坑道広いですう~~~~~。

次回、スコップもって誰か一緒に行きましょうね。

ON-27.jpg

かなり省略しましたが、隊長と二人散策終わり。
  1. 2018/05/19(土) 18:50:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

maya

Author:maya
1965年 千葉県成田市生まれ

音楽・バイク・戦跡や廃道などが好き。
古き時代のものが好き。
最近では戦跡探索に熱中しております!(  ̄ ̄ー ̄ ̄ )

あなたは○○○番目のお客様

現在の閲覧者数:

基本カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブートキャンプ (1)
未分類 (560)
バンド (8)
ラーメン (11)
ANARIST (34)
戦争遺跡 (115)
バイク (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。