FC2ブログ

maya46の日記

音楽・バイク・戦跡・廃道などを訪ねて遊んだ日記

アリの巣再訪

とある雨の日曜日のお昼ごろ…

LINEがピコピコ♪   yakumo氏からだ…

内容は毎度のキャンプネタで…   コットって、けっこういい値段するんですねーーーみたいな…

そんな流れで、しばしのやりとりの後に…  いつしか話は東金の地下壕油井の中隊主力陣地の一つ

であろうと言われている(通称アリの巣)、または師匠落下壕ともよばれ、中の立坑に師匠が落下し大騒ぎしたことから

我々の会の伝説となっている(o^―^o)

そんな会話をしていると、パパさんがその地下壕の調査時に参加していなかったことが判明し…(ノ・ω・)ノオオオォォォ-

よし!  じゃ今度いこうか!…なんて言ってると…


yakumo氏  今からですか❔   ←でたーーΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン   またまた無茶な事ぶち込んできたぞーーー!

…って、今何時よ?  12時半回ってんじゃん。

これから横浜からくるってか!   ムチャモさん横浜からくるってか…(笑)

最近こんなパターンばっかりや~~~~




そんなわけで、15時30分雨のおじゃが池駐車場である。


アリの巣-1


さあ!

いってみよう!

って、もうこの時点で16時やねんΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン


アリの巣-2


さくっと山道登って、上から下へ降りて行く予定だったが…

先日の台風&大雨の影響であろうか…

穴が塞がってんですわ。


アリの巣-3



またまた雨も降ってきて、最悪なコンデイションではありますが、

しゃーーーないので、下から行きますか。

アリの巣-4






ありゃΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン   画像が曇ってしまった。


毎度のことながら先頭は(いかれた紳士)の異名をもつyakumo氏(笑)

またはぶっこみのyakumoとも言われている。←ほんとかよ。

アリの巣-5






前進ビソーーーーく!

若干水没アレド、異常なし…

アリの巣-6




1.5mの段差をよじ登る。

アリの巣-7





振り返ると、最近売り出し中のユーチューバーが、何か解説しながら入ってきた( ̄ー ̄)

アリの巣-8



小部屋で小休止した後に

ここから先は、ユーチューバーが先頭。

アリの巣-9



いやしかし… やっぱ狭いわここ。

うねって、登って…直線系が全くない。

天井は低いし、マジにアリの巣。


アリの巣-10




そしてこれが、知る人ぞ知る。

伝説の師匠落下立坑、深さは大したことないのでケガはなかったが…

あれほど注意したのに、入って数秒で落ちるのだから、やっぱ師匠なのだ(o^―^o)ニコ

アリの巣-11




最奥まで到達したので、ここで引き返す。

アリの巣-12


またこれを帰るのかと思うと…嫌になるが

まあ…   仕方あるめーーーーー

あ…  ちなみにこの地下壕ゲジゲジ怖い人は入れません。

とにかく天井が低い区間にいっぱいおるので、体にいっぱいくっついてきますから(o^―^o)ニコ

ということで、今日はこれだけで終わりです。

アリの巣-13




イオンで買い出しの後に…

アリの巣-14




ワシのお家の倉庫で、夕食会。

アリの巣-15



たった1本ですが、ハードな物件こなした後の飯はうまいですねーーー

今日も懲りずにキムチ鍋。

アリの巣-16




そして今日も色々と討論会。


アリの巣-17




見た目良くないけど、鍋うまかったです。

アリの巣-18




21:00頃まで食ってのんで、解散となりました。

アリの巣-19



最後に今日入った壕内図です。

数年前に書いたものですが、まあ内部はこんな感じだよということで参考になれば…

アリの巣-20

終わり。
スポンサーサイト



  1. 2020/02/26(水) 11:43:36|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

正月キャンプからのちょい山歩き…2

てなわけで…翌朝。

なんと、なんと…2名の裏切り者が発生し…


結局のとこ残ったのは3人だけになってしまったですうーーーーーーΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

誰だ裏切ったのは⁉   誰だ 誰だ!(笑)

知らないうちに消えた奴もおったな…   バイク乗ってるやつ(笑)

あと…朝急に帰った奴もおったな…なんかシルバーのベンツ乗っとるやつ(笑)

…と、まあ… 昨日の時点で、けっこうなお気楽ムードでしたがね。

さらにこうなっちゃうと、寒いしねーーー(o^―^o)ニコ

このまま帰ってもいいんじゃねーかって… 僕的にはおもったんですがね…

僕的には…(笑)

とはいえ…このおやっさんのやる、やる。雰囲気では帰れそうもなく(笑)

…とりあえず、御宿・勝浦付近の怪しいポイントを攻めることに…



元13-12

ということで…今年の作戦は…

のりピーハウス付近、戦跡あぶりだし作戦と命名…(笑)←知る人ぞ知る。



あまり気乗りはしないが…(笑)  ←とにかく斜面がキツイΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

じゃあ、この尾根筋を攻めてみっか! って、ことでアタック開始。

久々の戦跡探し。



元13-13



なんか地形が複雑で、ほんとに目的のポイントに到達できるのか不安ではあったが

しばらく進むと…

塹壕や!  クソったれ!

元13-14




ばかやろーーー   お二人様用トレンチってか!

なかなかいいじゃねーーーか!

とりあえず、何かあったじゃねーーばか野郎!←みたいなテンションであった。

元13-15



さらに進むと複数の堀りかけの地下壕が…

場所的に考えると指揮所系か? ←まあ、どうでもええわ(笑)

ここで二手に分かれて別々に尾根筋から、斜面を凝視し進んでいく。


元13-16



しばらくしてyakumoのおっちゃんから、塹壕二人用の下に地下壕見つけました。

なかなかの規模です!  …の無線連絡がっ!


元13-17


よーーーし、ええ根性や!

よーーー、やった! ←こういう時だけ先輩面

立派、立派。(o^―^o)ニコ

元13-18

うむ…

通路もなかなか広いじゃねーーかっ。

元13-19



こんな部屋が二つ。

重機関銃陣地ですな。

元13-20



画像では見えにくいが、海岸線をガッツリにらんでます。

元13-21



よっしゃーーー

なんか、今年はどうでもいい気分だったけど、これでテンションあがったわ!

ということで、もうちょっと奥も攻めてみようかってことで、

かなりの急斜面を20mほど下って、想定ポイントを攻めるっ!

元13-22





まもなくまたまた発見!

しかし…  やる気がなくても、なんか毎年のように正月は当たるなーーーー(笑)

元13-23




こっちも凄げーーーーじゃん!

元13-24




入って右右はなんかドイツ軍の銃眼みたいだぜ(笑)

元13-25


よっしゃ!

目的のブツにたどりついたぜ!

元13-26



振り返り(o^―^o)ニコ

元13-27


おお!

海岸線バッチ、バチやないの!

完璧な交差射撃スタイルのMG陣地×3発見だぜ!

元13-28




こんなとこから、92式重機でズパパパパパパパ!

…と、ぶっぱなしたらどんな気分なんだろうか…爽快なのだろうか❔

元13-29




ということで、体力を使い果たしたのでこれで帰るっ!

…っていうか、もう帰りたい(笑)

元13-30


おっと…

これは、もう一つの銃室ね。

元13-31



ということで…

画像にはないが、下で2時間ほど待たしておいた隊長と合流し…

もう、いいよねって?   半ば強引に…(笑)

近くでラーメン食って帰る。


元13-32



俺、タンタンメン。

あまりうまくなかった!

元13-33


こちらは隊長の…なんだっけ?

じゃーーーじゃーーー麺?    これってどうなんだろ(笑)


元13-34

ということで、かなり省略形だが今年の正月はこれでおしまい。

やっぱ思うけど。

キャンプは楽しいけど疲れるっΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
  1. 2020/01/17(金) 18:42:30|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

昭和の森再び…そしてもう一門の15K発見か⁉

ある日の午後。

お仲間のPPゲーノ氏が、コラ! オッサン!

動画撮りに行くから、付き合えや!  …と、遠回しに誘ってくるので(笑)

前回の調査から数日もたたないうちにま、たここへやってきてしまった。

とある日の午後のことである。  あくまでも、とある日… ということを強調しておく(o^―^o)ニコ


147S-1.jpg


なわけで13:30分 小中池。


今日は、少しでも時間を稼ぐべく最短ルートを狙っていく。


というのは…


頭脳派プレイヤー、PPゲーノ氏の推測によると、前回だりん先生と最後にお別れした、


田んぼ道付近から、先日の壕へと向かう尾根道が存在するんのではないかと推測するからだ。


147S-2.jpg




じゃなきゃ、あんな時間に山に消えないでしょ!…と、PPゲーノ氏が言う。


そんな感じで、見当をつけて踏み込んでいくとどうやら当たりのようだ。


かなり状態の良い尾根道が存在する。


147S-3.jpg


多少のアップ、ダウンはあるが、かなりの短縮。


あっさり壕に到達し、撮影を開始するPPゲーノ氏。

147S-4.jpg



既に一度見ているので、前回のような感動はないが、落ち着いてみると

その状態の良さがよくわかる。

147S-5.jpg


とにかくココ、先が見えないのがいい!

うねらせた1本の坑道では最長だと思われる。

147S-6.jpg



端部の少し広くなっている空間。

なんか、このスペースが凄くいい感じなのだ。

前回はココでだりん先生と、メンバーのご対面となった場所。

147S-7.jpg



動画撮影を終え、残す持ち時間は30分といったところだろうか…

なわけで、今日は南側の状況をサクッと車で流して見てこようということになった。

ぐるっと回って… 若干道に迷いながら南側へと回り込んでいくと。

道沿いに気になる穴がけっこう開いているもんだ。


147S-8.jpg



おお!

水路系?  山井戸系?

147S-9.jpg


そして、絶壁の上のほうに魅惑的な穴を発見!



なにあれ!


画像には写ってないが、右側にも開いている。


しかし、こりゃーーーー 高くて無理やわ~~~~


道路からだと12mくらいあるかな…

147S-10.jpg




誰かチャレンジャーはおらんかのう(笑)


って、ことであっというまに時間が過ぎてしまったので、今日はここまで…

147S-11.jpg


そして最後に…

大網で探していた、もう1門の15Kを見つけたっぽい。

前回と同様に、人の家の真後ろなので、ご挨拶~許可頂かないとダメそうだが…

ぱっと見た感じでは、こいつ以外にもなにか色々とありそうな感じだ。

※遠目から壕口を見る限り、作りはまったく同一であることがわかる。

画像は裏の進入口。
147S-12.jpg


こんなんがもう1門あるってことだ。


こいつは冬場の楽しみにとっておこう。


147S-13.jpg

画像は15K×2門配置のうちの1門  2016年撮影(砲口部分)


さて… 次は何をみつけようか。

  1. 2019/07/10(水) 09:25:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

昭和の森で…2

司令部らしき壕の調査を終え、この時点で15時をちょい過ぎたところ。

予定ではあと5箇所まわる予定なのだが、すばらしく険しい地形で、すでにけっこうな体力を消耗している。

どうやったら一番効率的にいけるか、…でしばし打ち合わせる。

102KT-26.jpg

どうやっても、最低あと1回は、UP、DOWNは避けられないようだΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン


ルートが決まったところで、時間稼ぎに公園内を、不相応な格好の集団がを歩いて行くが、

あいにくの悪天候と、時間が時間なだけに人もまばらで、目立つことはなかった。

102KT-27.jpg





だりん先生について、急な坂を一気に降りていく。

102KT-28.jpg




全てがこの急な谷地の水野したたるような場所に存在するので、かなりの労力を要する。

おそらくどの壕も、上から見下ろした状態では発見することはできないだろう。

102KT-29.jpg


パパさんがここだよ!

の、合図を送っている。

いやしかし…  こんなヌタヌタの斜面にまさかこんなのが存在するとは、誰も思わないだろう。

102KT-30.jpg



ここにある地下壕は、どれもこんな感じである。

102KT-31.jpg




坑道幅は1.4m、何度かクランクしながら徐々に登って行くといった感じ。

102KT-32.jpg




多数、碍子が残っている壕もあもあったりする。

102KT-33.jpg



これは最後に訪れた一番危険な壕口。

高さ8mくらい、水の滴る斜面を登らなくてはならない。

滑落の危険もあるので要注意だ。

102KT-34.jpg

しかし…

あきらかに戦闘陣地ではないこの壕群はいったいなんなんだろう。

もしかして、探しもとめていた、102拠点の野戦病院壕なのだろうか…

102KT-35.jpg


色々と考えると、想像が尽きないのでこの辺にしておこう。

102KT-36.jpg


18時30分今日はここまで。

新しい先生をお迎えし、本日は上々の成果でした。(o^―^o)ニコ

これからがまた楽しみですね。

102KT-37.jpg




これは帰り際の一コマ、今年もハチにやられたか~~~~!

102KT-38.jpg


…と、非常に口元が不快な気分で帰路に就く俺(笑)

…ということで、次回は本納の西側ローラー作戦という、計画をいずれ実施してみたい。

きっと何か出るはず。    歴戦の猛者募集中である(笑)
  1. 2019/07/01(月) 11:20:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和の森で…1

今回は久々のガチ戦跡調査企画となった。

事の発端は、木曜の夕方、今年で3年目の付き合いとなる、ハンドルネームだりん氏により、

1年ぶりのメールがきたのだ。(ちなみに情報提供者は戦跡趣味ではない)

内容には、新たな穴を発見したとか…  しかも崩れかけて賞味期限ありなのだとか…

そんなわけで、こりゃ~~急げとばかりに毎度のメンバー緊急招集となったわけである。


実は2年前から、情報を頂くたびにちょこちょこと単独で調査はしていたものの、

物件が小規模であったことと、この地域の山の荒れ具合に加え、手ごわい崖に躊躇していたのである。


金曜の昼頃に召集をかけ、まあ…

3人そろえば上出来と思ったものの

1時間以内に5名も揃うという、まとまりの良さ。←ただ暇なだけという意見もある。


ということで、日曜の12時30分。。

小中池の駐車場についてみると

戦跡チームの2名がすでに到着していた…

結局メンバー何やっても同じ(笑)
102KT-1.jpg






しばし談笑していると隊長と、ガチ戦跡マニアの総軍さんが登場。

102KT-2.jpg






途中で買ってきた弁当を、慌ててかきこむの図。( ̄▽ ̄)

102KT-3.jpg





予定通り、12時半集合の、13時スタートとなる。

102KT-4.jpg



天候はよくないが、山でうろつくにはこのくらいがちょうどいい。

102KT-5.jpg



遠回りになるが、小中池の遊歩道から、昭和の森へ上っていく。

102KT-6.jpg



途中、思わず入り込みたくなるような脇道なども多々あるが、極力体力の消耗を抑えるべく

我慢、我慢でまずは目的場所へ向かっていく。

102KT-7.jpg



情報提供者のだりん氏との待ち合わせの場所にだい予定よりもだいぶ早く到着したため

自力で壕口を見つけるぞと、隊長を残して山に分け入る。

102KT-8.jpg



なかなか荒山であるため、かなり接近しないと穴が発見できない状況ではあったが

15分ほどでみつけだすことに成功…

102KT-9.jpg


さっそく切込み隊長のyakumo氏が突入して状況判断。

しばらくすると…

でかい!  でかい!

…の、一報を皮切りに総員突入となる。

102KT-10.jpg


しかしこの先の分岐奥が凄かった。

なんてったって、うねりの坑道の先が見えないのだ…

どんだけあんだよって…

このワクワク感がたまらない。

102KT-11.jpg



yakumo氏と隊長は右へ、自分とパパさんは直進することに。


後方では総軍さんが作図作業を開始したようなので、置き去りにする(o^―^o)ニコ


直進方向は、徐々に登ってこの土の山の先を抜けると少し広くなって横に部屋がいくつかあり…

さらに登って地上へ抜けていたようなのだが

埋め戻されてしまったようで閉塞。


…なのではあるが、かずかな風と光があるので、いずれ地上の位置を特定してみたいところだ。

102KT-12.jpg


戻る途中で、内部図作成の総軍さんと入れ違い、今度はyakumo氏の進んだ分岐右側を行ってみる。

いやしかし…

これほど長い、うねり坑道は経験したことがない(o^―^o)ニコ

102KT-13.jpg




途中のクランク部分を抜けるパパさん。

102KT-14.jpg



クランクを抜けると、向かって右側に何か所か開口しているようだ。

画像は壕口の最も良好なところである。

画像は内部から。

102KT-15.jpg


壕口外側から。

ちなみに注意はしていたのだが…

この壕口をでたところで、今年1発目の被弾をしてしまう。

アシナガバチに口元を刺されてしまった。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

102KT-16.jpg


これは下層に延びる下り通路。

102KT-17.jpg


ただしぬちゃって、とても降りられないため

いったん外に出て、外から再度アプローチすることになった。

さてここまで内部の画像の良い写真がなくて恐縮だが、後にyakumo氏、総軍さんあたりが

良いものをUPしてくれると思うので、そちらでよく見ていただきたい。

102KT-18.jpg


さて…

まさかの大物発見に、ハイテンションの一行が山の反対側に降りて下層を確認に向かう。

102KT-19.jpg


かなりの急こう配を、滑り落ちるように下って、あっというまに見つける。

こちらは天井が低い。

102KT-20.jpg


切込み隊長が突入していく。

102KT-21.jpg





人物は壕内で合流した情報提供者のだりん氏である。

102KT-22.jpg





下層はT字分岐で、右側が一気に登って上層とつながっているようだ。


土質も上層と違って、なんとも不気味な色合いだ。

102KT-23.jpg




隊長が突入したタイミングで、自分は帰りの通路確保のため、先行して

枝を払いながら尾根筋を登る。


これでとりあえずは、最低目標は達成した。

あとは、今まで見つけた壕を回っていくだけだ。

102KT-24.jpg

ちなみに本日発見した壕は県内の陣地では最長の477mとのことだ。(総軍さん記録)

配置換え諸々ありで、最終的には147師団に引き継がれたため147師団の連隊クラスの司令部

なのではないかと推定されるところではあるが、実際の作業は3GDの第9連隊が行ったかもしれんし…

3GT、3GP、もこの付近に混いたためなんとも言えないところではあるが、まああまり専門的なことをここで書くのは、

本意ではないので、あとはお仲間の総軍さんが結論付けてくれると思うのでそちらを参考ししていただきたい。

102KT-25.jpg


つづく
  1. 2019/06/25(火) 11:17:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

maya

Author:maya
1965年 千葉県成田市生まれ

音楽・バイク・戦跡や廃道などが好き。
古き時代のものが好き。
最近では戦跡探索に熱中しております!(  ̄ ̄ー ̄ ̄ )

あなたは○○○番目のお客様

現在の閲覧者数:

基本カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブートキャンプ (15)
未分類 (568)
バンド (8)
ラーメン (11)
ANARIST (38)
戦争遺跡 (128)
バイク (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する