maya46の日記

音楽・バイク・戦跡・廃道などを訪ねて遊んだ日記

バイク整備な休日


日曜日

久々に自宅でまったり。

朝から久々にバイク整備なんぞやってみます。

まずは、リアブレーキ   ドラムだから多少効きが悪いのはしゃ~ないにしても、あまりにも効かな過ぎなんじゃねーーの!?

個人的には、踏む=ロックする!  (くらいが好き)

がっつり踏み込めるようにペダル位置を最大限上部に調整。

それと、以前から買ってあったシューも交換

あまり減ってないようにも感じるが、事実効かないから思い切って交換

整備-1





事実これにしたら、リアロックするようになったヽ(*´∀`)ノ

整備-2




でもって、お次はライト。

これは着手前の状態(YBK 2016 ミッドナイトスペシャル仕様)←当時は感動してた。

ノーマルライトに+補助灯LED10W+チャリ用LED懐中電灯仕様。

まあ、これでもかなり明るくはなったが、メインのライトが旧型だから、どうにも不満。

整備-3

ってことで、最近ヤフオク関連でTポイントカードのポイント叩き売セール的なキャンペーンやってましてね。

凄い勧誘なんですよ。

カード作ったらその場で3000ポイントもらえるとか・・・・  それで1回でもそのカードで買い物したら4000ポイントもらえる!?

でもって、リボ払いに登録したらさらに3000ポイントもらえて、さらにクジ引いてポイントあたって

さらにポイント3倍付けだとか・・・・    ま~^、ようわからんがポイントいっぱいもらえたんで

それで買いました。  

よ~~わからん  LED30Wキット

ポン付けできるって、ことだったんですがね。       まず・・・・

説明書がすべて英語と中国語だけだし、挿絵がまたまたかなりアバウトでね。

解読に四苦八苦  電気のことよくわからんし・・・・

もう、適当ですわ。
整備-4


それに、ライトまわりはずしてみたら、凄い配線がキツキツで・・・・

ごちゃごちゃ( ̄□ ̄;)!!

元に戻せんだろうかこれ・・・・

整備-5



数時間格闘の末なんとか取り付け&テスト完了。

ほんとうにこれでいいのか多少不安ではあるが・・・・  まあ、ちゃんとhighもlowも切り替わって点くからええでしょう(笑)

しかし・・・・ポン付けではなかったね~~~  多少は加工が必要。

ちなみに先端の配線はチェック様に仮付けしたものです。

配線はちゃんとやりましたよ。
整備-6



いざ照射テスト!













やべえ爆光(´▽`*)

YBK ミッドナイト爆光スペシャル 2017バージョン  完成  ウハハハ・・・・

補助灯もパワーUPして・・・・  これじゃ対向車、眩しくてしゃ~~ないかもね・・・・


整備-7



そしてまたくだらん物を作った(  ̄ー ̄ )   
整備-8
スポンサーサイト
  1. 2017/04/25(火) 14:20:00|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

午後の部なんとなく内部図

こいつを昨日UPしようと思ってて、うっかり忘れてましたわ。

これもかなりアバウトだけど、なんとなく・・・・内部図。

とにかくね。(^_^;)  枝線が凄すぎて、全然書ききれてないんですわ・・・・

次回は電池の予備3セット。  

のだ様みたいにまるまる二日くらい持つほどの電池もってたら安心だけどね(笑)

懐中電灯の予備も2持っていかんと。

奥のほうでライト壊れて単独だったら、マジ洒落になんねーーーーーね。

死にます( ̄□ ̄;)!!

午後の部図面
  1. 2017/04/22(土) 16:25:00|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

房総の地下鉄・・・・!?  2次調査(その2)

では午後編をどうぞ~~~( ^ω^)_凵 



昼食中の作戦会議では、先ほどの北側斜面を散策する案も検討されたが、

何か情報が欲しねいねってことで、現地で聞き込みをすることとなった。

まあね・・・・なんとなく地域的にこれに関しては閉鎖的な予感はするんですけどね。

ま・・・・あたってくだけろの精神で突撃ですよ。

てなわけで1軒目  

小奇麗な年配のご婦人が対応してくれたんすけどね・・・・
   
結局のところ、

知ってるけど・・・・   世間一般的に公表してないでしょう。
   だから。悪いけど場所は教えてあげられない

    
・・・・とのことだ( ̄□ ̄;)!!   やはり。   


まあね、全てに受け入れてもらえるわけではないですからねーー

ここでめげると、先に進まんのでもう一丁いってみようってことで2軒目

ここでは同年代くらいの、小奇麗な奥様が出てきてくれた後に、替わって旦那さんが対応してくれた。

結局あなた方の目的はなんなのと!?

ちとやばいかな~~~、と思ったが・・・・

そこは男同士。   話すうちに徐々にいい感じに・・・・

うちの裏側だよ!  昔入って遊んだ!   なんて話が聞けると、ラッキーなもんで(-^〇^-)

おおよその場所を、教えて頂けた。  ラッキー(-^〇^-)


そして現地へ・・・・

現着するやいなや、散開して捜索開始っていうか、yakumoさんとのだ様はあっという間に山に消えた(笑)


あっちだ、こっちだ、探すこと15分。

マツさんと、yakumo氏から、ほぼ同時に入電!

ワレ アナ  ハッケンセリ!

両者ともに、別の入り口を見つけたもよう。(中では繋がってるんですけどね)


HI-41.jpg





さっそくその方向へ向かう。
HI-42.jpg




別働隊のぱぱさんと、師匠も戻ってきた。
HI-43.jpg


おお!   中から冷たい風が吹き抜けてきて

なんとも、いい感じ(-^〇^-)

これぞ、まさしく大物の予感ヽ(*´∀`)ノ

しかも、yakumo氏と同様に、単独で突入したはずののだ様が戻ってきている、。


坑道の巨大さと、コウモリの大群、大乱舞に遭遇したらしく、一時避難して出てきていた。


HI-44.jpg



ぱぱさんと師匠も合流し・・・・

HI-45.jpg


のだ様を先頭に再突入だ!  さあ行っていよう!

この頃yakumo氏は、左手方向の入り口から侵入し、未知なる巨大空間と一人格闘していたらしい(´▽`*)

無線からその元気な声が伝わってくるが、姿はまったく見えず(笑)←どんだけ元気なんだよってね。


HI-46.jpg


こうもりが大乱舞する直進コースはは避けて、本線と思しき右方向へ・・・・

すると、またまたY字分岐、右方向は下り勾配で緩やかに左にカーブしながら下方へ伸びている。

どっちに行こうか!?

HI-47.jpg



とりあえず、おじさんの独断で左方向の平坦コースを選択。

奥を照らすと・・・・

あらま・・・・  いいですね~~~

綺麗じゃないですか~~~~~~。


HI-48.jpg




高さ1m50cmほどの坑道を、腰をかがめながら奥へ奥へと、ひたすら進む。

坑道は進むほどに、様々な形を見せてくれる。


HI-49.jpg


あっ!   何か壁に書いてある。

当時の人達の熱い想い。  っていうか、ここにいた証を残したかったんでしょうね。

なんかわかるその気持ち(-^〇^-)

この周辺は、文字があちこちに・・・・


HI-50.jpg


300m程進んだあたりであろうかと思われる。

ここで本線の3方向分岐!?

左は50mで行き止まり。


HI-51.jpg




真ん中も70mほどで、行き止まって、なぜか目覚まし時計(笑)

HI-52.jpg




まさか、これで終わり!?   などと一抹の不安を感じつつ。

戻って、右手の坑道を進む。

しばらく進むが、緩やかに左カーブしながら、延々と終わる気配がない。

やはり、一番右が本線だ!

このぶんなら、まだまだ楽しめそうだ(-^〇^-)

せっかく見つけたんだから、

そう、簡単に終わってもらっちゃ~~~困るってなわけですよ・・・・


HI-53.jpg



これは途中見つけた、壁にかかる鉄の部材。

のださん曰く、レールを固定する金具だそうだ。


HI-54.jpg
そして、またまた何か書いてある。







ん・・・・!? !? !?

















私は・・・・お○○○やりたい。
HI-55.jpg

バカ野郎!

しょうもね~~こと書きやがって。駅の便所じゃね~~ってな








しかも、同じようなコメントがあちこちに・・・・










しかも下手な挿絵つきで・・・・













お○○○やりたい     小出と・・・・
HI-56.jpg

確かに熱い思いには変わらんが・・・・   そんなにやりたいんか・・・・  小出さんと・・・


は~~~~~~( ̄□ ̄;)!!   せっかくのワンダーな気分が台無しだわね。

しかも今日は、この手のネタのエキスパート会員がお休みなんよね~~~~(笑)←誰それ





ということで、気を取り直しさらに進むと・・・・

右手に少し入ったとこで。


おお!   下の層があるじゃないの・・・・  だが先は見えない・・・・←このちょっと後にyakumo氏がこの下層を通過。 

とりあえず降りれそうもないので、戻って先へ進む。

HI-57.jpg


入っておよそ、60分ひたすら進んできたわけで、600mくらいきたかな・・・・

だいぶガレてきたし・・・・

ほかのメンバーと無線も届かず・・・・   おそらく心配しているのは確実なのでここで一旦引き返す。


HI-58.jpg




最初の分岐付近で、マツさん師匠と合流し。
HI-59.jpg



外に抜けている坑道を見つけたyakumo氏とも合流し・・・・


じゃあ、そこ行ってみようってことになり。


2つ目の分岐を右方向へ下っていく。
HI-60.jpg




下層の空間は天井が高く、一部コンクリート巻ありで、こっちもなかなか楽しませてくれる。

文字も多数。

HI-61.jpg


陸軍兵士  10月3日・・・・とある。

終戦間際に、この坑道を軍が何かに使おうとした可能性はあるかもしれんですねーーー
HI-62.jpg




これが先ほど上から覗いた、部分。

HI-63.jpg


400m程歩いてきただろうか、yakumo氏によれば、これを右に進むと開口しているとのことだ。

左は・・・・末捜索!?  また次回やりますかね・・・・。

っていうか、ここにくるまでの間も分岐多数で、おそらく次回でも全部はまわりきれんだろうね。
HI-64.jpg



ということで、ここから出た。

というか、這いだした。
HI-65.jpg




出たとこも、倒木だらけで状況悪し・・・・
HI-66.jpg



GPSで現在地を確認し、山を超えて戻る。
HI-67.jpg



入った場所、出た場所。

GPSで確認し、各自地図にプロット(-^〇^-)

とりあえず今日はここまで。

HI-68-1.jpg




今日は、ちょうど近くにあった、バーミヤンで打上げ。

HI-69.jpg




お疲れさまでした~~~~~~~~(-^〇^-)
HI-70.jpg




あっ!

モノホン飲んでる~~~~~・・・・(笑)
HI-71.jpg





俺も雰囲気だけ味わうべく、ゼロ+ポテト&唐揚げセット
HI-72.jpg




次回の金谷調査の打ち合わせ中の2人。
HI-73.jpg


はいっ(-^〇^-)

ということで、次回は久々に戦跡に戻ります。
集合画像
一応今日のメンバー紹介
左から、隊長、yakumo氏、俺、ぱぱさん、、師匠、マツさん、のださん    右上↑まっきー
  1. 2017/04/21(金) 16:45:00|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

房総の地下鉄・・・・!?  2次調査(その1)

4月16日 

前回の調査からおよそ2ヶ月・・・・長かったな~~~この期間(;_;)


で・・・・、前回調査の坑道。

とある情報によればレールだけで全長5kmはあったらしいってな・・・・!?  ←まじなのか  

・・・・ちゅ~~ことは~~~~    前回のはほんの一部だってか~~!?

別格規模の本命がどこかにあるんじゃないかってことになり・・・・

φ(・ω・*)フムフム...・・・・

そうなってくると・・・・黙っていられない人もいるわけで(笑)

はっはっは・・・・ヾ(  ̄▽)ゞオホ

いつもの如く、のだ様の威力偵察により、いくつかの別の入り口が発見されたり・・・・

まあ、色々と情報が・・・・   そして、そして・・・・

こら おっさん!   

もう1回企画したれや!
   ・・・・ってことになり。  


またまたメンバーが集結。

HI-1.jpg




今回はまっきーがドタキャンになってしまい残念ですが・・・・( ̄□ ̄;)!!

その穴埋めってなわけではねーーですけどね。

埋めて、おつりが来るほどの、強烈キャラ駄洒落師匠が久々に参戦! (´▽`*)アハハ

HI-2.jpg


ってことで、まずは準備。


今日は山に入ったら、夕方まで出てこないつもりなので、食料の調達をば。


いよいよ完全復活の隊長。←えがった、えがった。

HI-3.jpg

妙な雰囲気のおっさんが7人   食品売り場でワイワイやってるもんで、ちょっと目立ちましたね~~。

1パック198円のカレーを仕込む隊長とぱぱさん。

昼はカレーっすか。

HI-4.jpg

買い物を終え

マツさんのステップワゴンに全員が乗車し、1台で現地入りすることに。

HI-5.jpg



まずは、前回の取りこぼしと、おさらいを兼ねるべく再びこの場所へ。

HI-6.jpg



前回と同様に土地の所有者に許可をいただき、再び情報収集。

・・・・が、これといって有力な情報は得られず・・・・ 

ちなみに、地権者様曰く  

今は崩落で潰れて入れない!  ・・・・の一点張りだが、実際自分らはいってるからね~~~

ここ以外にはない!     通常なら信じてしまいそうだが、例え地元の人でも全てを信用しては

ならんのは今までの教訓でよ~~く、わかっとりますからね(-^〇^-)

ま・・・・いいでしょう。    当たり障りなく、穏便に。

HI-7.jpg


ということで、現地へ向かう。

道中、久々に炸裂する、師匠の駄洒落がなんとも心地よい(´▽`*)アハハ

HI-8.jpg



スーパーエース級である2人の間に挟まれて歩くマツさん

今日は装備からして、かなり気合を入れてきたもよう(-^〇^-)

HI-9.jpg

突入口に到達すると、既に水没区間のあの先を・・・・  見てやるぜ!

・・・・と、やる気満々の、のだ様。

ウエーダー装備完了。


HI-10.jpg



唯一入れる、坑口がぽっかりと口をあけておりますがな。

あとで、わかったことだけど、こっちは非常にマニアックな区間だったみたい。


HI-11.jpg


さて・・・・ いきますよ~~~~。

HI-12.jpg



瓦礫を乗り越え突き進む。

HI-13.jpg


安定区間へ到達。


HI-14.jpg



途中の枕木跡、などなど痕跡を見ながらさらに奥へ・・・・

画像はのださんと、師匠←なかなか珍しい組み合わせか

HI-15.jpg



撮影中のマツさん。

HI-16.jpg


文字の書いてある、部屋的空間をyakumo氏に案内される一行。

HI-17.jpg



そして、マツさんのもってきた万のうで、穴掘りを試みる隊長(笑)←掘れるわけねーでしょ

HI-18.jpg



壁のクラックを指摘する師匠。

この時何か言ってたけど・・・・  思いだせん

HI-19.jpg



ウエーダー装備ののださん、スタンバイ中。ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ

HI-20.jpg




最奥を確認しに行くマツさんと、師匠。

HI-21.jpg


ぱぱさんも・・・・

HI-22.jpg


そして逆方向の最も深い水没区間を見に行ったのださん。

HI-23.jpg


ぱぱさんも行きたそうだ・・・・

じゃぶじゃぶすれば、ええのに・・・・

HI-24.jpg


一通り見てまわったので、これでよしとする。

もう、ここに来ることはないだろう。   おそらく。

HI-25.jpg



来た道を戻り。

HI-26.jpg


脱出に成功。

HI-27.jpg

当初はこの後、このままのださんの発見した、細い穴に突入の予定であったが、のだの人による

4度目の単独調査で掘りかけてあったことが判明( ̄□ ̄;)!!

てなわけで・・・・  昼まであと40分

この後の予定がなくなってしまった一行はさあどうする!?


HI-28.jpg



午前で一旦打ち切る方向で、とりあえず付近の最調査を実施することに。



散開してまもなく、無線聯絡。

穴みつけました。

これから、入りま~~~す。・・・・みたいな連絡がビシバシ入ってくる。

HI-29.jpg



まあ、探せば何か出ますね~~~~(-^〇^-)



入ったのはこれか!

どうよ!?  との問いかけに

なかなかいい感じだけど、すぐ終わりで~~~~す。・・・・みたいな(´▽`*)アハハ


HI-30.jpg



しばらくして

おっ・・・・

出てきた、出てきた。




しかし・・・・  


 あんたら、好きやね~~~~~


HI-31.jpg




どんだけ体力あんねんって・・・・

うちらの倍速で動いてるもんね。


HI-32.jpg






かすかに口を開ける、坑口があるがこれらはどれも小規模なものだ。


HI-33.jpg




さらに、奥を捜索。

あっ!  あの辺怪しくね、・・・・とか言って、口だけ動いて、体動かね~~~~俺(笑)

すみませんね~~~

その度に、誰か見に行ってくれるみたいな・・・・

心優しきメンバー達でしたヽ(*´∀`)ノ

HI-34.jpg





倒木だらけの、山間で記念撮影。

HI-35.jpg


ちょうど時間になったので、


これで午前の部は終了。

昼食をとるべく一旦山を出ることとなった。

なぜならば、搜索の宛がなくなってしまったわけでありまして( ̄□ ̄;)!!

だからと言って、やたらめったら、探せばいいってわけじゃ~~ね~~でしょってね。

とにかく、範囲が広いわけで・・・・

ま、作戦会議ですよ。


海で飯なんて・・・・  なんか青春だね(笑)

HI-37.jpg


会議の結果。

午後は、想定地域において現地聞き込み作戦を展開することに決定。

とにかく結果が全てじゃ!  見つけて結果出さんとね。

勝負!


聞き込み隊員は、隊長と自分(笑)←いつものメンバーですな。



HI-38.jpg

てなわけで、その2に続きます。

下の図は、午前の坑道のなんとなく内部図です。

かなり省略されてるし・・・・

だいぶ線が足りないような(笑)

あれ・・・・  ってな・・・・だって入ったときちょっと迷ったしーー。

あまりに複雑でほとんど覚えきれませんでした。←ごめんなサイm(>__<)m

雰囲気だけね。

20170419154313_00001.jpg

午後は、本命の本坑を見つけますよ。(-^〇^-)
  1. 2017/04/19(水) 17:10:00|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

29年度 YBK

まず最初に・・・・ 
はやいものでこのmaya47日記もいよいよ、6年目に突入いたしました。
時が過ぎるのってほんとに早いものですよねーー。
あれから付き合う仲間も、身の回りの環境も少しづつ変化しつつも、なんとか楽しくやってこれてる今に感謝。
そして、かわらず付き合ってくれてる仲間に感謝。
で・・・・この日記のタイトルについてなんですが、当初はmaya46の日記で始まりまして、加齢とともに毎年47、48・・・・
と変えていくつもりだったんですよーー、でもね。
翌年の47で悲しくなりましてね。(笑)
そこでで止まったままなんす(笑)
なんで、この祭ラッキーナンバーの最初に決めた46に戻そうと思います。
なんで46かって・・・・!?   それは、4月6日生まれで、たまたま46歳でこの日記が始まったからです。
・・・・以後引き続きよろしくお願いします。
ちなみに今日で52歳になりました~~~~ヽ(*´∀`)ノ   ←精神年齢は17歳のまま



・・・・と、いうことで~~~  29年度のYBK活動がはじまりました。

4月だから、ぽかぽか陽気を期待したわけですが、なんとも極寒状態の解禁日になっちまいました。

29Y1-1.jpg






お馴染みのヒデさんがやってきました。
29Y1-2.jpg




タカさんは、今日はおやすみなので ちょいと寂しく2名で頑張ります。
29Y1-3.jpg


じゃ~~~~~~ん♪

ステッカー授与式

これを1枚3000円で捌いてきてください。 ←ゾクのステッカーかって  

あと・・・・  パー券も・・・・

なんて・・・・  こんなジョーク通じるのはうちらの年代だけだな(笑)

29Y1-4.jpg



なんてったって、気温が7℃とかなんで、ヒルもでねーーだろうってことで今日はゆったりツーリング気分。

そういえば、ここ・・・・  潰れたのかな~~~^って・・・・見に来てみた。


29Y1-5.jpg


随分と店が痛んでるけど、一応休み中らしい。

29Y1-6.jpg


川畑線  来る途中に、地元のおばちゃんに・・・・

つるつる岩盤だから、落ちないように気をつけてね。

引き上げにいくの、やだかららね。・・・・って言われた( ̄□ ̄;)!!

ん・・・・  ってことは、誰か落ちたことあんのか!?

29Y1-7.jpg

山ビル

まったくいません。(^_^;)


つまんねーーーーの( ̄□ ̄;)!!

29Y1-8.jpg



しゃ~~~~ないから平沢ダム。

29Y1-9.jpg


そして我らがYBKの聖地麻綿原。

ここもアウト~~~~~~!

しかし・・・・ここまで寒いとかなりドン引きですな。

29Y1-10.jpg


虫除けよく効くの知ってますがな~~~~。

これ噴きかけるだけで、瞬殺だもんね。  持続性はないけど・・・・

29Y1-11.jpg



養老渓谷方面へ抜ける尾根筋の道は崩落により通行止めらしい。

暇なので見に行くことにした。

29Y1-12.jpg



到着~~~~~~

29Y1-13.jpg



わおー   けっこういってますな。
29Y1-14.jpg


なんかこういうのって・・・・  仕事の続きみたいで見るの嫌なんすけど・・・・

年度末の余った金でね・・・・  いきなり呼ばれて

これって・・・・  どうしたらいいすかね~~~~!?  いくらくらいで出来ます!?

って・光景が浮かぶ・・・ 俺に聞くな!  おめ~~が考えろ!   

ボケっ!  ・・・・ってお役○に言いたい(笑)


29Y1-16.jpg



俺もやったけど、ヒデさんもこれをやった(笑)

けっこう怖いよ。   下が見えないくらい深いから。

29Y1-17.jpg



その後一旦海へ・・・・  天津に出る。

29Y1-18.jpg


天津駅で小休止。

最近、個人的には東浪見の駅が熱い!

29Y1-19.jpg


極寒の体を温めるべく、今日のランチは勝浦タンタン麺。

店は初入店のえびね

29Y1-20.jpg



タンタンチャーーシューー  これで800円

勝タンの店では辛い系のお店のようだ。

いやしかし・・・・  うまいねーーーー

ここ、本当においしおす。(-^〇^-)←ここだけ覚えた京都弁

けっこう辛いけど、味がしっかりしててスープ全部飲みたくなるうまさ。


29Y1-21.jpg



食後は店主さんと、しばしのバイク談義で盛り上がり。

29Y1-22.jpg



途中でちょくちょく止まって、考えながら・・・・
29Y1-23.jpg



走ったことない道に入り込んでいきまして・・・・
29Y1-24.jpg



ちょいとケモっちゃおうか~~~^、なんて考えたものの前日の雨で相当にぐっちゃ、ぐっちゃなんで今日は

やめときました。   

そうそう!  モトクロブーツにしたら、リアブレーキ踏めないし、シフトチェンジも超辛くて・・・・

とにかく下りが怖いの。      まいりました( ̄□ ̄;)!!
29Y1-25.jpg



ヒデさんはここで給油。

どこのスタンドだかわかりますか!?   わかる人は房総通だね~~~~~(*´∀`*)
29Y1-26.jpg


ここも定番の養老渓谷駅

ここでも、駅前ルート行っちゃおうか~~~~~~!   なんて、思ったけどやめときました(笑)

29Y1-27.jpg


駅前には花壇ができてましたよ。

観光客も凄くいっぱいおりました。

最近テレビで房総の特集いっぱいやってるからね。

29Y1-28.jpg



その後養老~大福山周辺をながして、月崎へ。

29Y1-29.jpg


きたきた!

29Y1-30.jpg


これも混んでる理由のひとつ。

トロッコ○○とかいうらしいね。

終点からは、この機関車もどきがそのまんまバック走行で帰るんだねーーーー

なんか変(笑)

29Y1-31.jpg



帰ってメーター見たら260kmも走ってましたわ。

次は5月に、そうきたか!  と、言わんばかりの大ネタ狙いにいきますよ!
ヒデさん、タカさんまたよろしくですよん。
29Y1-32.jpg

モザイク付き合ってみました。←(笑)
  1. 2017/04/06(木) 16:10:00|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

小食土調査編(-^〇^-)

皆様こんにちは~~(-^〇^-)

年度末を乗り切ったと思ったら今度は、今度は仕事さっぱりですわ(笑)

ま・・・・ ほどほどに楽しくやっとります。

まあ、こうでもなきゃやってらんねって感じですけどね・・・・

ということで、本題。

つい先日、実に絶妙なタイミングでブログ閲覧者様よりタレコミ情報がありましてですね・・・・ヽ(*´∀`)ノ

で・・・・その情報によれば小食土(やさしどと読みます)の崖になんかある!

とのことなのだ。  (詳細は省略)

ちゅ~~~ことで、さっそく見に行くことにした。

とはいえ・・・・  天気は雨だし・・・・  場所は崖だし。

なんかあったらやばいじゃないですか。

てなわけで入念な審査の結果1名の隊員が選ばれた。←ただ近いだけじゃねーーかっていう意見もある!


前日の電話。

しもしも~~~    パパさん。

明日の午後から小食土行くんだけど、時間ある!?

パパさん
ん~~~~~~~~
明日は夕方に○○が来るからあかんわ~~~~~
  ←ちなみにぱぱさんは標準語です。

俺・・・・がっくり( ̄□ ̄;)!!







しばしの・・・・沈黙の後に・・・・







ぱぱさん
せやけどな・・・・

16時までに帰ってこれれば・・・








ええよ!





おお!   its great!   なんて偉大なことばなんだ!



16時までに帰ってこれれば  ええよ!  ・・・・ってか





ちゅ~~~ことで翌日のお昼すぎ・・・・






いや~~~~   なんか悪いね~~~~

無理やり連れて行くみたいで(´▽`*)アハハ
小土-1


まずは、戦う前の腹ごしらえっちゅ~~ことで、まっきーも来たことのあるという・・・・

そして、パパさんが愛してやまないという古民家食堂へやってきた。  ←そんなこと言ってない

小土-2


うへっ・・・・

いや~~  なんか久々の遊びで楽しいな~~^っと・・・・←子供かっ

小土-3


うんうん(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)

なんかさ・・・・ ここ・・・・   ただ家が古いだけって感じだね。

まあこういうのもさ・・・・  not bad!   悪くないね!

小土-3-2


野菜炒め定食。

800円    まあごく普通の味わいですよ。


小土-4


食後のコーヒーのサービスがええですね。
小土-5


食後は、400円の駐車料金を払い、昭和の森へ侵入。
小土-6


このタイミングで止んでいた雨が一気に強くなってきたが・・・・

かまへん!

今日は1~2時間でさくっとやって帰るから、ずぶ濡れ覚悟のノーガード先方や!

ANALISTに雨天中止はないのだ。
小土-7


いざゆかん!  外周道路から奥地へ侵入開始。

公園の雰囲気には似合わない、不審な2名のおっさん2名。

絶妙なタイミングで場内アナウンス。

危険な遊びはしないでください。♪

柵の外側には行かないでください♪


ん・・・・  ・・・・   まるで監視されているようだ(´▽`*)アハハ
小土-8




目的の場所に到達し、侵入開始。

いやしかし・・・・   意外と深いねこの谷。
小土-9


ほないってみまひょか・・・・
小土-10


いきまひょ・・・・  いきまひょ・・・・

さて・・・・  今日は隊員2名だけの散策で寂しいようですが・・・・

なんやかんやで散策時のいつもの行動パターン考えてみると、

パパさんと俺が二人でいるターンが多いので、いつもどおりって言えば、いつもどおりか・・・・(-^〇^-)

小土-11




倒木や、枝をかき分け・・・・
小土-12




一気に目的の場所へ到達。

なかなか立派な壕口ではありますが・・・・瞬時に既にぱぱさんが察知。

この空気感・・・・   閉塞ですね-ー   抜けてないですよこれ!

ベテランになると空気感でわかるという・・・・  

むむむ・・・・  皆、ベテランになったなあと・・・・感心、感心


小土-13



事前情報によれば、けっこう水没してるとのことであったが、排水してくださってたようなので、

深さ長靴半分程度でした。
小土-14



なのでさくっと  通過。
小土-15


クランク部に到達。

やはりか・・・・  この感じは・・・・  
小土-16




クランク部の排水溝
小土-17



閉塞は確実そうだが、とりあえず奥まで行ってみる。

小土-18


やっぱり( ̄□ ̄;)!!

形状は、直進15mで右クランク。

その先左右にちょっとうねって20m奥でEND
小土-19


残念( ̄□ ̄;)!!

ちゅ~~ことで、谷の向こう側に行ってみることに。

小土-20




雨で足場が、非常に悪いなか・・・・  ぱぱさんが一旦下の沢に降りていく。

降りてまた登るっちゅ~~^のがキツイんよねーー

小土-21




破をかきわけ、滑るがけをよじ上り。まさに命ガケ  なんちってね。

反対側の壕口前へ到達。

コラ おっさん  はよ上がってこいや!   

・・・・と、言いたげなぱぱさんの表情(笑)

小土-22



こっちもほぼ同じ形の壕口である。

しかし・・・・  こんなとこに・・・・  なんなんだろうねーーー
小土-23



入り口脇のこの土盛。

どっかで見たことあるね。・・・・と、ぱぱさん。

そう!  銚子の震洋壕の最奥付近の壕口にもこんなのがあったかなあと・・・・
小土-24




とにかく真ん中の溝を伝って流れ出てくる水量が凄いです。

中に滝でもあるんじゃねえのって感じ。
小土-25


20mほどで左にクランクし
小土-26


15mほどで右クランクし、その先緩やかに左カーブしたあたりの頭の高さ付近の両サイドに碍子。

いったい何の壕なんでしょうかねーーーー  この掘削幅と碍子が持つ意味は!?

探し求めている300人収容の野戦病院壕か・・・・
小土-27


その先のY字分岐はどちらも土砂が流れ込んできて閉塞気味。
小土-28


これがY字の右奥方向。
小土-29


これが左奥方向。

どちらも、土ちょっと広めの空間が存在したような作りに見える。

また土砂がこの壕内のものと違うものであることは間違いない。(埋戻用!?)

なので、推測になるが、この先は現在公園である上の広場に抜けていたのではないか。

その後・・・・  造成時に埋め戻された。  

その埋め戻し土砂が湧水によって少しづつ流出していると結論づけてみた。

ちょっと疑義がのこりますがね・・・・

小土-30



その後、尾根筋に戻り、反対側へまた下る。
小土-31


そこでぱぱさんが小さな掩蔽部を発見。
小土-32


幅も通常サイズでこれは!   ・・・・と、期待したが・・・・

小土-33




15mほどで左クランクし、その先閉塞

でも、掘り方は実に丁寧で素晴らしいですね。
小土-34



ま、今日は天気も悪いし、ここまでってことで・・・・

1時間ほどの調査を終えた。

ここはまたいずれやります。

情報提供のだりん様に感謝。


てなわけで・・・・次回は16日に再び、I市の産業遺産の坑道調査、続編に挑みます。


小土-35
  1. 2017/04/04(火) 10:20:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

maya

Author:maya
1965年 千葉県成田市生まれ

音楽・バイク・戦跡や廃道などが好き。
古き時代のものが好き。
最近では戦跡探索に熱中しております!(  ̄ ̄ー ̄ ̄ )

あなたは○○○番目のお客様

現在の閲覧者数:

基本カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (547)
バンド (6)
ラーメン (11)
ANARIST (20)
戦争遺跡 (100)
バイク (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する