maya46の日記

音楽・バイク・戦跡・廃道などを訪ねて遊んだ日記

た・て・や・ま


日曜の朝

一路館山へ 

いつものごとく、館山道をぶっとび走行。

この鋸山が見えてくるとね。

ああーーーー南房総だあーーー、…ってな、感じなわけですよ…

館山1-1

およそ一月ぶりに館山にやってきました。

計画はたててきたものの、今日は単独なので、気の向くままにやっちゃいます…

まずは第一想定ポイントの船形を軽く散策するも…最初に想定した場所にはなーーーんもなし…、

あとは、標高の高い場所が想定箇所なのであるが、この先色々控えとるので体力温存ちゅーー事で

またの機会に。


館山1-2

お次は布良地区へやってきた。

ここは以前から何度もアタック予定していながら、取り付き場所がわからなくて延び延びに保留にしていた場所。

しかし今日は単独なので何がなんでも、アプローチルートを確保すべし…

館山1-3

さてどうしたものか… あっちも、こっちも…

家あり、墓あり…   木々も密集しており… 入る隙間なし…( ̄□ ̄;)!!

館山1-4

想定通りの八方塞がり状態… 

しかーーーーーーーーし…  今日は諦めないのだ。 

…おじさんは粘りました!

へっへっへ…

不審者の如く周囲をうろつく事30分。

ようやく海側からの活路を見出し、山の斜面にたどりつく。

さっそく散策開始。

館山1-5

と、開始早々、5mものぼったあたりであっさり見つけてしまったのであーーる。

しかも…


コッ、コッ、コッ…  



コンクリートだ~~~~~~~!


館山1-6

ここって、砲口コンクリートだったんだあ!

しかし…コンクリート薄っ(  ̄▽ ̄)  こんなんで耐えられるわけねーーじゃん。

だから壊れるんよ。

館山1-7

さっそく壊れた砲口から内部を覗き込んでみた。

おーーーー、おーーーー、おーーー(  ̄▽ ̄)


なかなか…   ええんでないか…

館山1-8


おそらくネット上にこの陣地の画像が出てくるのは、お初なんだろうと思う。


入壕して、砲室奥からの振り返り画像
館山1-9


続いてる、続いてる。
館山1-10




若干、冠水しとるがこんな部屋も3つくらいある… ひとつはかなりでかい

館山1-11



4箇所あるうちの、唯一開口している壕口

館山1-12




外側からみたところ

館山1-13


この奥が悩ましいゾーーんなのですよ。
砲室×4  弾薬部屋×4  小部屋×2  大部屋×1  観測室×1 その他1
延長200mオーバーです。

これだけのために館山にきても損はしませんよ。

ちゅーー事で、これ以上の画像はお楽しみでUPしません。

実際にきてみてくださいな(-^〇^-)

館山1-14

この通り砲室付近からの展望は、木々にさえぎられて非常によくない。

…が、なんとなく平砂浦方向に向いてるような、向いてないような…

海岸側射だけが目的ではないように感じるのだが…

館山1-15


記録はとらずに早々に退散し…

次の目的地へと向かう予定だったのであるが…

この坂道を見て、ついつい登ってしまうのであった…ここから予定外暴走シリーズとなってしまうのである。


館山1-16



あ~~~あ、きちまった( ̄□ ̄;)!!


何年ぶりなんじゃろうかね…  


以前来た時はここが海軍の電探施設だったとは知らず、ただの穴好きできてましたからね。


館山1-17



で…  ここで何がしたいかっていうとね。


クレイジーの威力を見てみたかっただけなんですよねーーー。



ほれ…(  ̄▽ ̄)

館山1-18



どうだ~~~~~~。



奥の通路。

館山1-19


上へ向かう階段途中の絵もまだまだ健在ですな。


館山1-20


絵心のない俺にはこの良さわからんけどね。

館山1-21


さらにその奥の階段。


こっから先は、半端じゃなく臭い、臭ーーーーーーーーーい。 ( ̄□ ̄;)!!


ゾーーーーーン…なので、行きません(笑)

なぜ臭いかって… !?!?    へっへっ…  そりゃーーーおめーーーー

うんこがあるからさ。      モリさんのうんこが数十センチの層になっとんのよ( ̄□ ̄;)!!

くせーーーぞーーーーー まじ、くせーーーぞーーー(笑)

嘘だと思うならいってみるがいい…←誰がいくかって≧(´▽`)≦

館山1-22



出口付近の分岐箇所。


さすが海軍さんだよね。  壕の作りがはんぱなく綺麗。

館山1-23


出口外側からみたところ。


ほかにも絵とか、壕があるけど、あとはパスね。

他のサイトにも出てますんで。 俺の過去ログにもあるけど画像悪くて見れたもんじゃねーーす。

館山1-24


ほな、次いってみまひょか~~~


みまひょ、みまひょ≧(´▽`)≦  と、この頃はまだ一人うかれポンチなのだ。


しかし、いい眺めだ。

館山1-25

さて…     この後予定では、偽装陣地の場所が特定できていたので、深井~宮下経由で

それらの地域へ向かうはずであったのだが…

前方に見えるは洲ノ崎~~~~~~   房の大山~~~~~~~

そういや、あそこには何かありそうなんだよな~~~~

などと、よからぬ妄想が膨らむともう止まらない。

なあ~~にとりあえず、アプローチルートを確認するだずらよと…

よせばいいのにとまらない悪~~~いおじさんなのであった。( ̄□ ̄;)

まさに本末転倒

館山1-26


そして、坂足地区へやってきた。

昔風の商店前で一旦車を止めたところ、店の女店主が出てきたのできいてみた。

俺    すいません。  房の大山に登りたいんですけど、登山口はどこでしょうか!?

店主 え、こっちから登るの!?  坂田のほうから登ったほうが道がしっかりしてていいんじゃない。

俺   ええ… でも  自分の目的は大山より一つ手前の山頂なんでこっちから登りたいんですよ。

すると、丁寧にあそこのバス停のとこから登ってと案内してくれ、車もうちに止めていっていいよと。

しかも… 付近の畑のおやっさんたちもゾロゾロと現れて、なになに…バンダ山登るんだって~~

ハチいるぞ! へびいるぞ! 棒もってけ!








館山1-27




……アプローチルートを確認するだけのつもりだったのだが、もう行かにゃーーーならんような


状態になってしまったのである( ̄□ ̄;)!!

館山1-28


りあえず、自販機で500のペットボトル3本購入し、おっちゃん、おばちゃんに見送られてながら(≧∇≦*)キャハハ キャハハ


館山1-29


いきなり、大山登山スタート。←何やっとんねん俺。

いやしかし…蒸し熱い…

館山1-30

かなりの急勾配をせっせと30分も登ると、最初の山頂付近に到達し、これより尾根伝いに大山方向へ

徐々に高度を上げていくルートとなる。

流れ出る滝のような汗に、やっぱ来るんじゃなかったとマジ後悔なのだが( ̄□ ̄;)

そんな時に限って、尾根ルートの左右あちこちに悩ましいものが出現するのであるが…

ん~~~~~~、奥のほうでクランクしていてなんとか入れそうだが体力が… 


館山1-31


もはや穴グマを発動する気力はなかった(笑)

館山1-32

山のあちこちに立坑というより、斜坑跡なんじゃねーーかな…

富津でみたようなあれですよ。

ちゅーー事は、大山の観測所の一つ手前の山には、高射砲もしくは、機関砲あたりの何かがあったのかなあと…

推測してみたりして…

壕には結局どれにも入らず終わってしまいました。←とにかく疲れた

館山1-33


とはいえ、ここまできたついでに大山山頂まではなんとか到達。


でも山頂草ボーボーでやんの…

館山1-34


表示板もガタガタ…

館山1-35


結局、このあと40分かけて下山。

降りたところで頭痛とめまいがひどくなってしまい、もうアカン('ω'乂)ようになりまして。

帰っちゃいました(笑)  すんません!     ごめんなサイコロステーキm(>__<)m
館山1-36

軽い熱中症にかかったもよう。 暑かったし、調子にのって一気に登ったからね。

なめたらアカン夏の山    
スポンサーサイト
  1. 2016/06/29(水) 18:35:36|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<和田の…あの件 | ホーム | いくつきゃないよ! 館山(-^〇^-)>>

コメント

No title

お疲れ様でした、またすごい発見ですね
大山登山ご苦労様でした
  1. 2016/06/30(木) 16:37:59 |
  2. URL |
  3. yakumo #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

やくもさん
ここについては発見っていうより、ようやくたどり着いたって
とこでしょうかねーー(^○^)
しかし想像以上に大きくてビックリでしたよ。
是非とも見てみてくださいな。
南房総まだまだ楽しめますよ。( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)
  1. 2016/07/01(金) 08:34:34 |
  2. URL |
  3. maya #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maya6.blog.fc2.com/tb.php/669-134050dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

maya

Author:maya
1965年 千葉県成田市生まれ

音楽・バイク・戦跡や廃道などが好き。
古き時代のものが好き。
最近では戦跡探索に熱中しております!(  ̄ ̄ー ̄ ̄ )

あなたは○○○番目のお客様

現在の閲覧者数:

基本カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (541)
バンド (5)
ラーメン (9)
ANARIST (19)
戦争遺跡 (94)
バイク (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する