maya46の日記

音楽・バイク・戦跡・廃道などを訪ねて遊んだ日記

浜金谷調査その4

えーーー、ではその4を・・・・の前に、メンバー皆様、諸事情により6月は活動停止の予定としますんで、(´;ω;`)

それぞれでの活動を頑張ってくださいませ。

しかーーーーし・・・・希に緊急招集ということも有り得るかもしれんので、その折はよろしくですよ。


へっへっへ・・・・

てなわけで、最終話はじめます。



既に17時をまわってはいるが、最後の気力を振り絞り山頂を目指す。

隊列を組んで登っていくが、毎度の如く、一気に引き離されていく、(笑)



金谷127



残りの4名は、お気楽、極楽に、こんな感じ。

○○ネタ話しながら・・・・

ゆったり~~~~、とニヤニヤしながら登っていく。
金谷128


もうすでに、ほとんどのめんばーは足がパンパンのはずであるが・・・・


特に愚痴をこぼすわけでもなく・・・・

ニヤニヤと、ひたすら登る。

金谷129

急勾配が終わると、緩い勾配区間となり・・・・

またまた急勾配で・・・・ ひたすらこの繰り返し。
金谷130




ほぼ半分登ってきたところで、ちょい休憩。

金谷131



このちょい手前で、yakumo氏より 山頂に到着しました~~~♫    ・・・・の連絡が入る。

一同みな・・・・  あの、おっさんちょっとおかしいんじゃないの・・・・てきな(笑)

超人体力のyakumo氏なのであった

金谷132


あと半分。

お笑い満載のこの仲良し二人コンビと、自分と総軍様4名の珍道中(笑)

金谷133


最後の分岐(^_^;)

どっちに行こうか!?

今日は右に行こう。←どっちでも山頂に到達できる。

金谷135


あと一息だが・・・・


このあたりが絶妙にキツくてね。


金谷136





そしてようやく、山頂に到達。

海抜100ちょいの山ではあるが、東京湾を一望できる。

金谷137




東京湾観音方面を望む。

金谷138




お堂で携帯ピコピコ(笑)  

待っていたyakumo氏。

金谷139





時間ないのでさっそく裏手に回り込む。
金谷140





これが前回入れなかった斜坑。

山頂にこのパターンは非常に珍しいと思う。

金谷141



さっそくロープ準備にかかるyakumo氏。

金谷142




そして、絶妙な連係で、ぱぱさんが木に掛け、準備完了となる。

金谷143


毎度、当然だが(^-^)

切り込み隊長のyakumo氏が突入を開始する。

金谷144





深さは10mくらいだろうか・・・・ 角度は45°いや、それ以上かもしれない。

金谷145



一気に降りていく。

ロープが少々細めなので、指に食い込んで痛い。

(やっぱ親綱用意せんといかんかな・・・・)

金谷146




底まで、あとちょっとのところでロープが足りないらしいが、そこは精神力でカバー(笑)

金谷147




底へ着いたようだ。

しばらくして、yakumo氏より、GOの連絡が入り、総員アタック開始となる。

金谷148




いつも(⌒-⌒)ニコニコ...   

素敵な笑顔と言われるまっきーが続く。

金谷149




降下中のまっきーを、上から見守る総軍様。( ̄ー ̄)ニヤリ

金谷150




そしてぱぱさんが入り。←この人意外と運動神経がいいのだ。

金谷151



出待ちの総軍様。

やる気満々といったとこか( ̄ー ̄)ニヤリ

金谷152




総軍様も底に到達。

金谷153



底付近のゴミやら、堆積した土砂をすり抜け、地下通路へ
金谷154



さっそく、作図作業に入ったらしい。
金谷155



壁には、よくあるこんな彫りこみも。

その日のノルマ何メートルってやつなんだろうと思われる。

金谷156




西側の壕口のこんな位置に掘られていたのだ。

金谷157


さて・・・・   最後に残った自分であるが

皆が降りてまもなく、西側の崖からyakumo氏が這い上がってきた(笑)

お!   そんなとこに抜けてたんだ~~~~~   ってことで。






穴、降りないで外から回ってきた俺。


うへへへへへ・・・・  


気づいたぱぱさん・・・・   あっ!  自分だけ、そんなとこからきったね~~~~みたいな・・・・

なんとも悪い奴なのである。(´▽`*)アハハ

金谷158





ちなみにこれが1本目の斜め坑内部図である。   作成はもちろん総軍様。

売津縦-1





外の崖を登るのは案外厳しそうなので、結局、帰りはここを登って脱出する。

金谷159




そして2本目の斜坑へ向かう。

ちなみにここには、3本の斜坑が存在する。←全て未完成っぽいが。

金谷160




2本目に到着。

金谷161




ロープや!  ロープ!

金谷162




yakumo氏が降りていき。

金谷163


あっという間に底に到達。

こっちのほうが、いくらか斜度が緩い感じがする。

金谷164



総軍様は2番手

金谷165



頭上のコウモリもなんのその、作図開始

金谷166




2本目と3本目の位置関係からすると、2と3は繋がっていたのではないかと思われるが

今となっては閉塞しているため確認できないが、多分そうだろうと思われる。

金谷168





通路のあちこちにこのような釘跡!?  のようなものが残る。

金谷169


それにしても天井が低い通路だ。

完全なる岩盤地質なので、まあ間違いなく崩れる心配はないにせよ、どこにも抜けていなことと、この深さ、

さらに入口が1箇所しかないという思いがあるからなのか、妙な圧迫感を覚え、早く出たい衝動にかられる。

穴の中が好きなように思われるが、けっきょくののところ、この恐怖感というか、怖いもの見たさ的なものに

快感を感じているのではなかろうか(笑)

金谷170




脱出(^-^)

金谷171




これは2本目の内部図、ちなみに2の土砂で封鎖部分と、3の坑が繋がっていたのではないかと思われる。

作図はもちろん総軍様。

売津縦-2




ロープを回収し下山の準備。

金谷172




こちらは名誉の負傷の総軍様(膝を擦りむいた)と、まっきー(^-^)

金谷173


いや~~   夕日が似合うね~~~~   いよっ色男♥

もう日暮れギリギリです。

金谷174




本日最後の記念撮影。

5/14 18:00

売津妙見山頂にて。

金谷175



下山し、オプションで反対側の麓の弾薬庫(地元証言)に向かう。
金谷176



こんなとこ、教えてもらわなきゃーー、わかんないようなとこにある。
金谷177



ちょっとした切れ目から、山へ入ると隧道があり。
金谷178




それを抜けた先は石切場

金谷179


あのちっちゃいのが弾薬庫、(火薬庫)!?

金谷180



明るさ的にも、もう限界なので・・・・

金谷181




即座に脱出(-^〇^-)

金谷182


ということで今回はこれで終わります。

最後までお付き合いありがとうございました。

次回の全体での活動としては、7月頃銚子方面、8月に勝浦~鴨川方面を予定しとります。

では、では( ̄^ ̄)ゞ

金谷183
スポンサーサイト
  1. 2017/05/25(木) 17:09:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<竹岡式 | ホーム | 浜金谷調査その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maya6.blog.fc2.com/tb.php/733-9c4faec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

maya

Author:maya
1965年 千葉県成田市生まれ

音楽・バイク・戦跡や廃道などが好き。
古き時代のものが好き。
最近では戦跡探索に熱中しております!(  ̄ ̄ー ̄ ̄ )

あなたは○○○番目のお客様

現在の閲覧者数:

基本カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (538)
バンド (5)
ラーメン (9)
ANARIST (19)
戦争遺跡 (94)
バイク (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する