maya46の日記

音楽・バイク・戦跡・廃道などを訪ねて遊んだ日記

903館山調査 第一部(加賀名編)

では、903館山の第一部をサクッ。  ・・・・と、やっちゃおうと思いますね。

てなわけで(^-^)

最近では、南方面というとすっかりこのパターンになってきましたねえ。

我会の主役級に躍り出てきた総軍様を海浜稲毛駅にてお迎えし・・・・

まずは、コンビニにていろいろ補給しつつ ( ̄ー ̄)ニヤリ




KAG-1.jpg




どんよりと曇った館山道をひたすら南下すること1時間と15分。

KAG-2.jpg





館山イベントでは定番の待ち合わせ場所となった、館山のカインズ駐車場に到着。

待ち合わせの時刻にはまだ15分ありますが、すでに7名集結。

いつもなら、久しぶり~~~  みたいになるんですが、つい最近

前回の流しソーメンで会ったばかりなので、なんだか昨日のようです(-^〇^-)

KAG-3.jpg



そして、ごちゃごちゃ話しつつ待つこと10分。

我会の重鎮であるぱぱさん、余裕の登場。

KAG-4.jpg




\( 'ω')/イヤアアァァァァアアアァァァァアアア・・・・

遅れてないけど、わりい わりいっ!  みたいな感じで登場(笑)

KAG-5.jpg





そして・・・・

わしゃ~~^.、まだ朝飯くうとらんのや!←なぜか関西弁風になる。

といいながら、弁当を食い始める(笑)←大御所になるとこれが余裕でできるようになります(笑)

KAG-6.jpg




なんとも豪勢なお弁当。

カキが入ってますよ。  カキ!

KAG-7.jpg


そして食後は・・・・

総軍様       先輩  食後の、一服どうぞみたいな・・・・

ぱぱさん    おめーーー、.なかなか気が利くじゃねーーーか。   
                  
                      よーーし、じゃあ今日からおめーも、穴に入ってよいぞ!  ・・・・みたいな

                     ちなみに、ANALIST新入りは最初の半年間は穴に入れないという掟があるのです。
                     (1年坊はまず声出しから)←部活かっ(´▽`*)アハハ


                      ・・・・というのは、まあ嘘ですけどね。



KAG-8-1.jpg


まあ、我会独特のなごやかな、朝のひとときが過ぎていきます。


この時点で8名も集結しているわけですが、今日はさらにもうひとり。




あっ|゚Д゚)))       きたきた!

yakumo氏の誘導によりやってきたのは、神奈川では超有名 デジタルアートの!

とのたま氏



KAG-9.jpeg


このような有名なお方が、我々に混じってしまってよいのだろうかという、疑問は少々あるが・・・・


まあ・・・・。


同じ、穴好きということで(-^〇^-)←とかしいつつ、やっぱ、こなきゃよかったとか言われたりしてね(笑)



KAG-10.jpeg




そして隊長がメンバー紹介を開始。


こいつがねこや! ←隊長もなぜか関西弁風



KAG-11.jpeg




そして、あの青いシャツが歩く内部図くんでよーー!

KAG-12.jpeg



でもってこいつが、のだの人で、その隣の緑のオッサンがやっくんや!・・・・←かなり過剰表現となっております(笑)


KAG-13.jpeg




でもって、このお方が我会の重鎮のぱぱさんや!


怒ると、超怖いんやで~~~~~・・・・みたいな(笑)  

KAG-14.jpeg


・・・・と、そんな感じでメンバー紹介を終えた後は、



すごいねこの車!



・・・・と、との氏の車に、皆でかぶりつき、しばしの質問タイム。




KAG-15.jpg





そんなこんなで、時間も押してきましたんで、ぱぱっと、ミーテイングを済ませまして・・・・


KAG-16.jpeg




本日の第一ポイント。

加賀名地区へ向かうのである。

KAG-17.jpeg



現着し早々に、想定場所へと向かうのであるが・・・・

KAG-18.jpeg




こりゃ、場所がちーーとばかし、まずいんじゃね!?・・・・ってことで。

KAG-19.jpeg




山際から入り込むルートを選択し、まずは斥候として我会のエース。

のだ、yakumo両名が突入していく。

KAG-20.jpeg




その後、のだ氏、yakumo氏両名がほぼ同時にそれぞれ突入可能な、壕口発見の無線連絡が入る。

さらにのだ氏より。

当たりだよん(^-^)

・・・・の連絡がはいったため、全員そのポイントへと向かう。

KAG-21.jpeg






ただし場所がとってもシビアなので、一人づつタイミングを見計らっていきます。


よし、いまだっ。


KAG-22.jpeg





いけっ、兄貴!

KAG-23.jpeg




あにき~~~~~~~  

KAG-24.jpeg




とのさんも突入。

KAG-26.jpeg



けっきょくのところ

何箇所も開いてはいるが、トラブルなく、入れるのはこんな狭い隙間しかない。

KAG-27.jpeg





こんな感じで入ります、

KAG-28.jpeg






隊長も突入。

KAG-29.jpeg





なかなか幅広な坑道内部である。

KAG-30.jpeg



けっきょく、なんだかんだで、

最初の、のださんの突入から、全員が入り終えたのが15分後くらいだったため、

サクッ!  と、全て見終えてしまったのださんにより、内部の状況を教えていただく。


KAG-31.jpeg



ちなみに、この壕の形状はこんな感じである。

東京湾要塞重砲兵連隊第二大隊本部壕   推定総延長は300mを超えているらしい。

作図 祐実総軍三等兵
20170905092741066.png





内部図を書いた張本人の総軍様。

今日はヤマビルがいないので、元気バリバリ(笑)

KAG-32.jpeg




これは、真ん中付近の広い部屋。


KAG-33.jpeg





入ってすぐの付近は、網目のように複雑だが、まずは最奥へと向かってみることにする。

KAG-34.jpeg


奥へと伸びる坑道を、

ゆる~~く登りながら、しばらくいくと右にクランク。

その先は階段で、けっこう登ってるね~~~

とのさんに追いついた。

その先はさらに左クランクのようだ。

KAG-35.jpg




クランクするたび階段で、どのくらい登ったのだろうか!?

最奥付近では、とのさんと、yakumo氏が何やらやっている。

KAG-36.jpg






結局、埋め戻されていて、第一砲台方向へは抜け出ることはできなかったが、

まあ、これだけの物が残っていれば、まあ、まあ、でしょうね(^-^)


画像はぱぱさんと、との氏    大隊本部壕終点付近にて撮影

KAG-37.jpeg






戻ろうと思ったところ、作図中の総軍さんが追いついてきていた。

今日はマジテンションMAXのようだ(^-^)
KAG-38.jpeg







歩数計測でこれだけ書けるのだから、たいしたもんだ。

ちなみに、最近自分は図面サボって(笑)   ほとんどまる投げ状態です。


KAG-39.jpeg






その後は入り口付近の複雑な箇所を一通り回ってみる。

KAG-40.jpeg





こちらもテンションMAXのまっきー。

女子部員募集したいそうです。

KAG-41.jpg





のださんの案内により、グランド方向の出口へ行ってみる。

KAG-42.jpg






こっち方向の出口2箇所は、完全に開口しているが崖の中腹に空いてるので、出入は不可である。


KAG-43.jpg




1時間ほどの調査を終え、全員無事に戻ってくることができた。

しかも非常に状態がよく、満足な調査となった。

KAG-45-1.jpg



さて、では第2ポイントへ

洲ノ崎第一砲台付近へと移動していく。

KAG-46.jpeg

・・・・つづく




KAG-47.jpeg
スポンサーサイト
  1. 2017/09/06(水) 18:56:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<903館山調査 第二部(洲ノ崎第一砲台編) | ホーム | 少々お待ちを・・・・m(>__>>

コメント

再び失礼いたします。e-466

最初のメンバー紹介から、うまくまとめられましたね。e-257
一番最初にお伺いした、壕ですね。
確かに、“狭き門”ですね!!e-451
これだけ綺麗に残っているので、貴重ですね。

先程の記事のように、私は入る事が出来ませんでしたが、改めて記事にして頂いたので感謝です。

総軍さんの図面と地図を照らし合わせて見ると、非常に分りやすいです。
本当、繊細に書かれているので凄いですね!!e-454

後で改めて思ったのですが…。
今回は8名でこの中に入った訳ですが、これだけの人数ですと心強いし、いろいろ発見もあっていいですね。e-460
  1. 2017/09/07(木) 04:08:30 |
  2. URL |
  3. ひろキティ #kTjA9xso
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ひろキテイさん

俺の書く日記は、ちょっと面白く話盛ってますんで。
よく、捏造記事だって言われますが(笑)
まあ、そこんとこよろしくで、笑って見てください。

で・・・・
入るのが困難な場所って、けっこうあるんですよ。
まあ兄貴も無理せず・・・・自分のペースでね・・・・
少しづつハードル上げていったらいいんじゃないでしょうかね(-^〇^-)
基本、自分とか隊長もはじめたてのころは、あんな狭いっていうか、這って入らにゃ~~ならん
ようなとこには、一切入りませんでしたからねーーー
でも、今ではどこでも行っちゃうみたいな・・・・人間慣れってのは怖いもんです(笑)
人数多いと、確かに発見も多いですが、とにかくワイワイ楽しいのが第一かな・・・・

例え入らなくともね。
皆で写真撮ってるし、内部図も記録してるから直接見なくても見たような気にもなれるし(-^〇^-)
その場にいるだけでも楽しいし、うまく言えないけそんな楽しみ方もいいんじゃないでしょうか。
またきてくださいねん。
  1. 2017/09/07(木) 17:44:19 |
  2. URL |
  3. maya #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様でした~

日曜日はお疲れ様でした!!
いろいろ回れて、濃い一日を過ごさせて頂き楽しかったです。
時間が合えば、また参加させで頂きますので、よろしくお願いしますね!
房総半島には、まだまだいろいろな遺構が眠ってると思ってます。
あと、顔のボカシはなくても大丈夫ですよ~。
あっても、いいですけど(*´w`*)
  1. 2017/09/07(木) 22:16:38 |
  2. URL |
  3. tonotama #GHYvW2h6
  4. [ 編集 ]

Re: お疲れ様でした~

とのたまさん

お疲れ様でしたあ(^ー^)
で、コメントまでありがとうございます。
こちらからご挨拶に伺おうと思ってたのですが、すんません。
おふざけ満載で、毎度こんな感じにやってますけども、
新ネタ探しには真剣に取り組んでますんで、なかなかマニアックなもの
見れますんで、良かったら是非またご参加くださいね。
あ……、それと梯子ありがとうございました。
あれのおかげで、上階が確認できたし、またまたいいネタができました。
(^○^)(^○^)(^○^)
  1. 2017/09/08(金) 06:12:41 |
  2. URL |
  3. maya #-
  4. [ 編集 ]

標柱1本から伺いますぜ(笑)

どうも、先日はお世話になりました★

大隊本部壕は作図の結果、
266mの坑道延長でしたっ!
「推定300超え」って公言しちゃいましたが
下方修正です。申し訳ないです(汗)

それにしても、ANALIST新人の仕事は
「球拾い」と聞いて入部したのに、
いきなり「製図」とは、なかなかハードな
お役をちょうだいしまして(笑)

あっ、一番最後に入った野鳥の森頂上の
陣地の位置判りますかね?
プロットを漏らしてしまって、
内部図は描けたのですが、
方向が全く判らず掲載出来なくて・・・
  1. 2017/09/09(土) 01:00:25 |
  2. URL |
  3. 祐実総軍三等兵 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 標柱1本から伺いますぜ(笑)

総軍様

製図作業お疲れさまでした。
300m弱ってことは、108.9クラスとほぼ同等くらいってことかな・・・・
まあ、300超えてなくともかなりのものあることは間違いないでしょう。

で、野鳥の森の位置ですが、壕口と銃眼ぽい穴の向きは同じ方向でしたよね。
自分も正確な位置をプロットしてないのでわかりませんが、南東向きに開いてたはず。
角度でいうと-45°方向だったと思う。
後でよければおおよその位置図は送ってあげますよ。

  1. 2017/09/09(土) 10:28:10 |
  2. URL |
  3. maya #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maya6.blog.fc2.com/tb.php/760-b95cf391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

maya

Author:maya
1965年 千葉県成田市生まれ

音楽・バイク・戦跡や廃道などが好き。
古き時代のものが好き。
最近では戦跡探索に熱中しております!(  ̄ ̄ー ̄ ̄ )

あなたは○○○番目のお客様

現在の閲覧者数:

基本カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (545)
バンド (5)
ラーメン (10)
ANARIST (20)
戦争遺跡 (100)
バイク (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する