FC2ブログ

maya46の日記

音楽・バイク・戦跡・廃道などを訪ねて遊んだ日記

九十九里で野営する…2

海岸で解散後、ちょっとだけ寄ってみようということになり、東金のとある場所へやってきた。


基本キャンパーの集まりなので、その他はやらないはずなのだが、なぜか毎回こうなる(笑)


※ ちなみに当ブログでは陣地の場所について、見た人が簡単に行けてしまような場所情報は載せておりません。

(地権者とのトラブル等により、その場所が封鎖されてしまうことを防止するためなのでご理解ください)




さて、この陣地については、yakumo氏をご案内のはずだったのだが、過去に

既にきていたらしい。


九十九里-22





当初は中隊規模の指揮所と想定していたが…

過去の資料を精査していくと…

どうも、その… 当時従事していた指揮官の回想録による配置図というのが実に怪しい…

画像は大隊本部壕入り口と想定。
九十九里-23




当事者が作図の手がかりとして覚えていたのであろう、池、神社 etc…

配置がめちゃくちゃなのだ。

ただし、大隊本部と、連隊本部が隣接していた位置関係からするとこれがぴたりとあてはまる。

画像は推定、大隊本部壕内部。

九十九里-24




あらゆる手がかりの位置関係を当時の地形図と見比べ考えると、この結論でほぼ間違いないだろう。

九十九里-25




推定 近衛第3師団 第10連隊本部壕の入り口。

疑義に感じるのは、本部がかなり前線よりにあるという事だが、後期の陣地の配備が、

水際撃滅方式(徹底)による配備に切り替わったことを考慮すれば、海岸線方向全体を見渡せる

この位置にあってもおかしくないのではないかと思われる。



九十九里-27




内部は海軍堀りをおもわせるような実に丁寧なつくりである。

九十九里-28


奥の通路。

九十九里-29



下方向に延びる通路。


こんなのが2本。


あいにく、民家の裏手が削られ、封鎖されてます。

九十九里-30




これは推定、連隊長の部屋か?

九十九里-31




あちこちに、堀かけのような壕がある。

九十九里-32


たいしたものではないが、一通りまわる。

九十九里-33


11時30分

現地で解散となる。

連隊本部の上の山にもしかしたら何かあるかも(・・?

なんて、思いつつ…(o^―^o)ニコ

九十九里-34


次回は、戦跡イベントの際は、ベストメンバーで金谷付近の回想録に基づいた陣地散策なんかを計画してみたい。


おわり。
スポンサーサイト



  1. 2019/05/30(木) 10:35:00|
  2. ブートキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<御宿~鴨川周辺下調査 | ホーム | 九十九里で野営する。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maya6.blog.fc2.com/tb.php/844-15c7d0dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

maya

Author:maya
1965年 千葉県成田市生まれ

音楽・バイク・戦跡や廃道などが好き。
古き時代のものが好き。
最近では戦跡探索に熱中しております!(  ̄ ̄ー ̄ ̄ )

あなたは○○○番目のお客様

現在の閲覧者数:

基本カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブートキャンプ (5)
未分類 (567)
バンド (8)
ラーメン (11)
ANARIST (35)
戦争遺跡 (126)
バイク (24)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する