FC2ブログ

maya46の日記

音楽・バイク・戦跡・廃道などを訪ねて遊んだ日記

大多喜でキャンプからの…2


翌朝は橋の上という状況もあってか、腕時計の温度計計では5℃を表示。

装備があまく、寒くて寝れなかった!

…という、メンバーもいたようで…早朝からゴソゴソやってるものもいたりで…

6時過ぎには全員起床。



大橋C-25





毎度おなじみの、チャーハン餃子の、朝食を済ませて

KIMG3356.jpg





早々に撤収となる。

大橋C-26




向かった先はここ。

岬の南端。

とある記録によれば、ここに野砲陣地が築かれたとか…

なんだか、文面をよくよく読み返してみると、あちこちの状況がごっちゃになっているようで

なんとも信用性に乏しい情報である。

野砲の陣地を築くのに山頂までの道?←必要ねーーだろ。

山頂には砲座? で、今は崩落?  ←灯台のとことごっちゃになってねーーか?

まあ、こんな情報源ではあるが、やれるだけはやってみようってことでセカンドアタック!

大橋C-27





予想では、この赤ラインあたりに道があるのではないかと想定し…

この険しい斜面にへばりついていこうという至って単純な作戦である。

アタックルート




よーーし!

やるぞ!   やるぞーーーーー!

気合十分で突入するが…

大橋C-28




密集した篠竹に跳ね返される。

まさに、一歩も進めぬ状況。

大橋C-29



んーーーー こりゃーーーーダメだ。


作戦変更。


こっちのほうから、なんとか上がれんかねーーーーーー


と、のだの人と、yakumo君にげきを飛ばして、強硬突入を試みる…(笑)


大橋C-30

ただいま、この斜面の藪の中で…

yakumo氏とのだの人悪戦苦闘中!


時折無線連絡。

俺    …状況はどう?

のださん   …ここ登れるとこがありませーーーーん。

俺       …精神力でかばーせよ!

のださん。  …なんとか電柱のとこたどりつきましたーーーー……


俺、       よーーーーーし、いい根性だ!   がんばれーーー!




現在、矢印のあたりで主力戦闘員の2名が、藪と戦い中( ̄ー ̄)ニヤリ

大橋C-31-1



…と、最前線に2人だけ行かせて

まったく動く気なしの無能な参謀本部の面々。


大橋C-32



苦労のかいなく、成果しに終わったが、まあ、なかったというのもまた成果。

…っていうか、このようなふざけた散策活動で良いのだろうかという気は毎回しないでもないが…

まあ、二人とも怒らないので良しとしよう(笑)←このやり方でいままで色々見つけてる。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

がぞうは、無事にご帰還の、のださん。(笑) 👏👏👏

大橋C-33




お次はオプション。

前回見つけた、大きな壕の脇にある、作り掛けの壕にきてみる。

大橋C-34



堀りかけなので、当時の掘削順序がよくがわかる。

大橋C-35





今回、お初のメンバーもいるので、前回見つけた壕へ。

大橋C-36 - 1






格納壕でないが、メインの坑道がでかいですね。


大橋C-38 - 2



前回、見落としていた小部屋があったので、こちらも入ってみたりする。

大橋C-39




その後、崖下にあったといわれる飛行機の格納壕を探しにいったのだが…


崩落で埋まったーー???

大橋C-40



今回は見つけることはできなかった。

よくよく、考えてみると、格納壕だったら、かなり高さもあるんだろうし…埋まるかなーーーー?

場所違うんじゃねーーかって気がしてきて…

今一度、調査してみようと思う。

大橋C-41




最後に…

何事もなく終わったキャンプであったはずなのだが…

yakumo氏よりなんか良からぬものが写っているよ!  …との指摘がっ。

確認すると…

うわっ(+_+)

奇妙な手が…

写り込んでいるぞーーーーーーー。


謎の手

おそらくであるが…

15,000円をとりはぐれた奴の生霊が写ったものと思われる。(笑)

おわり。
  1. 2019/11/18(月) 11:33:00|
  2. ブートキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

大多喜でキャンプからの…1

はいっ(o^―^o)ニコ

ということで、長らくあいてしまいましたが、久々にやっちゃいましたよん。

ということで、カット、カットで…

いきなりこの場面になりますが、まずは知る人ぞ知る、大多喜某所のこの橋の上に

まずは3人集結。

んーーーー …  しかし考えてみれば、こちらの2名も久々ですね。


大橋C-1





16:00ちょいですが、暗くなる前にちゃっちゃ…と、セッテイング開始です。

大橋C-2




まずは、火おこしから始めるわけですが…

メンバー揃わないうちから、もうやっちゃってる悪い子もいます。( ̄▽ ̄)

大橋C-3





我が会の主力エース、2枚看板のうちの一人、のだの人も、久々の参戦。


んーーーーーーー



いやしかし…   



暇だっ。


ただ待つというのも…


大橋C-4




ということで…


ま…

ちょっとだけ食べちゃおうか( ̄▽ ̄)

ってな、感じで…


大橋C-5





焼き鳥と、焼き肉。

つまんじゃいますうーーーーー

大橋C-6


18:00ちょい過ぎたあたりで…


きました!   きました!


大橋C-7



緑の怖いおじさん登場。

さっそくテント設営始めます。

大橋C-8




そして、本日初おろし、ピッカピカの焚火台Mを組み立てます。( ̄ー ̄)ニヤリ

大橋C-9




キムチ鍋も出来上がり、のだの人も上機嫌( ̄ー ̄)

大橋C-10




そして、程なくして…

もう一名合流。

大橋C-11



今年度から、主力メンバーとなったOKN氏である。


何やら色々と用意してきたらしく、調理してます。

大橋C-12


最後にパパさんが加わり、これで今回のメンバー6名が揃う。

色々な話で盛り上がり、気が付けば11:45分。

じゃ、そろそろ散歩しますかね。

…てきな感じで。

大橋C-13

変なおじさん達が歩きだす( ̄ー ̄)ニヤリ

ちなみにココ   知る人ぞ知る。

名所スポットなわけですが…

大橋C-14






なーーーーーーんか、なんか、なんか…変

大橋C-15





怖いスポットなはずなんですが…

メンバーが、メンバーなだけに…

そのような雰囲気まったくなし…

大橋C-16



まあ…


それでも一応ね。


なんか写んねーーーーーかなーーーーーーー


的な願いを込めて記念撮影。

大橋C-17




帰りがけに、仕掛けてある罠を見つけて。

またまた、こんなとこで罠談義。

試しにだれか、かかってみろと!  …とか

ろくなもんじゃーーー、ないですね。

大橋C-18





ということで、もう一つの橋へ。

大橋C-19



いやしかし…

誰か一人ぐれーーーー 怖がれよ!

…てきなΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

完全否定派のメンバーだけだと、雰囲気も何もあったものじゃーーーー、ありません。


大橋C-20



へーーーーー

こっから飛ぶんだーーーー   痛そうやなーーーー


などと…下をのぞき込む   OKN氏と総軍様


大橋C-21




ここでも、パパさんがキャメラをセットし…

何か写らんかと記念撮影をすることに。


大橋C-22


はい!

立ち位置チェックーーーー

総軍さんと、OKNさん立ってみてーーーー

光の加減はどうだろうか…みたいな感じで(笑)  

色々、細かいこと言ってた割に、最後はどうでもよくなり。

大橋C-23



こんなん撮れました(笑)

大橋C-24

はいっ!

結果、なーーーーーーーんんも写りませんでした。

やっぱ…  ヤッシーーー君おらんとアカンのかな…(笑)

てなわけで…何事も一夜を明かしました。

あ… そうそう

夜中に小便にテントを這い出してペタペタ歩く音が頻繁… その他、いびき、うなり…

山間にこだまする程の爆音くしゃみなど…

これらが凄くて睡眠不足になったのは内緒ですΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

…つづく。


  1. 2019/11/15(金) 18:15:00|
  2. ブートキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大多喜で川歩き…再び

前回の川歩きの後…

あの先はどうなっているんだろう⁉

と、気になりつつも、既設は秋模様…

日々の気温も、水温も下がってきたであろう。

まあ、逃げはしないわけだから、続きは来季にしようと決めていたのであるが…

その後の9日の台風があり…

またまた、近日中にこの付近でキャンプ予定もあったため、どうも気になっちゃいまして

現地確認も兼ねてまたまた来てしまいました。(o^―^o)ニコ

倒木だらけの現地を想定してましたが、全く台風の影響なしの現地。


再沢-1




ということで、さっそく再び川歩きの準備に入る。

サーフシューズ!

ちなみに、今回は滝の200m手前くらいから入るので、かなりのショートカットです。

再沢-2





もちろん、このおやっさんもおりますよ。


朝から、茂原のマクドナルドで、一番高くて量のあるやつをガッツリ食ってきました( ̄▽ ̄)

再沢-3





エネルギー100%状態で川へ突入。

再沢-4




今日は鋸を片手に、やるき満々。

再沢-5



先頭は、駄洒落兄弟に勝るとも劣らなく寒さに強いパパさん。←(体感-10℃で、薄手のズボン、シャツ1枚で、1日ツーリングできるレベル)

しかし…間違いなく、水が冷たくなりましたね。

再沢-6





冷たいーーーーー (´;ω;`)ウゥゥ


俺は、めっちゃ寒いの苦手です。←真冬は4枚重ねでも寒い(笑)

再沢-7





あっという間に、滝の入り口(分岐)に到着。

再沢-8



今日は泳ぐ気満々できたので…

まずは、準備体操。←足がツルとやばいから。

再沢-9



行けっ!   ミクラス!

…と、まずはカプセル怪獣(パパさん)を投入して状況を確認する(笑)


再沢-10


ということで…いよいよ真打登場ってか…(笑)


テイク1行くよ~~~~  みたいな感じで…しばし動画撮影会。


再沢-11







あっ…   深みにはまった!



うわーーーーーーーーーー


助けてくれ~~~~~~ !    みたいな、アホ事やってました。

再沢-12





少々あそんだ後に…

いよいよ前回の続きを攻めに行きます。



…ここで先頭は交代。


再沢-13






ファイト一発!



行くぜ!   オッサン!



画像タイトルでいうと…


再沢-14




長靴で満足できなくなった…    オッサンの遊び。


って、とこだろうか…


来年は、もっと流れの早いデカイ川でやります。

再沢-15



この辺りから、ゴロ石が多くなり。


川の様相がだいぶ変わってきました。


先を見ると、倒木が絡むように完全に川を塞いでいる。…(+_+)


再沢-16



一旦はここで引き返す話も出たんですが…

なんだかんだで、激しい倒木セクション…

持ってきた鋸で小枝を切断しつつ…登ったり、潜ったり…

なんとか、切り抜けました。

再沢-17



で…

抜けた先が砂地で、これがまた絶景なんですわ。


画像にはないですが、砂丘のような砂だまりもあったりで


こりゃあ…キャンプに絶好なポイントなんじゃなかって。 


(ノ・ω・)ノオオオォォォ-



キャンプ会で、最短アクセスルートを開拓する必要がありますね。

再沢-18



そしてすぐその先にありました。

結構長いやつの1本目。

再沢-19



この水路隧道は、中で2段落差になっていて、

ともに水の落ちるあたりは深いです。

だから手を伸ばして、よじ登るのは結構難儀します。

さらに水も冷たいし…

再沢-20-1





なんとかよじ登って、2段目まで確認しに行ったんですが、2段目より先が真っ暗で見えない…


再沢-21



懐中電灯を持っていかなかったので、途中で引き返してきました。


とりゃーーーー   と、飛び込み。


再沢-22



泳ぐっ。

来年は、完全水没OK装備でこなきゃダメですねーーー

まあ、行けなくはなかったんですが… 寒くてね(笑)


心が折れました。  腹も減ったし…


再沢-23





といことで、今日はここまで…

この先の2本目はまた次回ということで…

再沢-24





かえりがけに、次回探索のためのさらなる短縮ルートを開拓できたらいいなってことで、

車で行けるとこまで行ってみたところ。

直径5mくらいの大きな縦穴を発見!

再沢-25


のぞき込むと


深さ15mくらいであろうか


え………


水が流れとるやん⁉


もしかしてこれがその先の2本目なのか⁉


再沢-26


どうなっているんだ⁉


ヤバイヨ ヤバイヨ。

パパさん!

さあ、教えてくれ!

作業道っぽい、緩やかな道を降りていくと…

再沢-27



穴ありました!

んーーーーーーー、位置的にどうなのか…

中の形状も気になるし…

ちょっとだけ入って確認しようか悩んだんですがね。

もう着替えちゃったんで、やめました。


再沢-28


この続きはまた次回ね。(o^―^o)ニコ

おわり。
  1. 2019/09/27(金) 16:18:00|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

印旛沼で野営する。

9/9日の早朝…台風の影響により発生した停電。

北総地区もなかなかのパニック状態に…

電気無し、電波なし!   信号は点かないし…

自分もそうでしたが、

これを数日間にわたり、もろにくらったパパさん。

追い打ちをかけるような残暑に、疲れが…


冷たいビールが飲みたい!

  ってな、叫びに…

じゃあ、パパゲーノ君を元気づける会をやろうじゃないかってことで、

急遽集まって、野営することになった。

ここは印旛沼キャンプ場←※そんなキャンプ場はありません。






沼キャン-1


急なことなので、集まったメンバーはyakumo氏、パパさん、俺の3名。

しかも当日は、yakumoさん以外は仕事であったため、食材などの購入段取り等はすべてyakumo氏に

お願いした。

日も暮れかかる頃合いに、西印旛沼の畔でおち合い、素早くテントの設営から火おこしに入る。

沼キャン-2



何気に選んだこの場所だが、火が暮れてみると絶妙な夜景になんとも感動。

しかも今夜は満月であることと、気温も20℃を下回って、涼しくすっかり秋もよう…

い~~~い気分のキャンプとなりました。

沼キャン-3




今日のメインデイッシュは、秋刀魚、ステーキ、焼き肉セット(o^―^o)ニコ

沼キャン-4



火の準備が出来たところで、パパさんが合流。

数日停電で苦しんでおりましたが、めでたい事に前日の夕方に停電は解消されたようです(o^―^o)ニコ

沼キャン-5



ということで、まずは秋刀魚を焼きまして…

沼キャン-6




焼きあがったところで乾杯!

沼キャン-7




秋刀魚、ステーキ。

沼キャン-8




焼き肉~~~~  …と、いった感じでガッツリいきます。

沼キャン-9


そして、今日は初チャレンジのジャガイモ。

火加減、焼き時間等…  試行錯誤しましたが…

沼キャン-10

まあ、なんとかなりました。

ほどほど強火で、20分ってとこでしょうかね。

今回できたのは、若干焼きすぎた感じです。

味的には、甘みが強くなってサツマイモの焼き芋にかなり似た感じになりましたね。


沼キャン-11

これも初チャレンジのピザ。

これは失敗。

じか焼きはNGですね。  

裏側が焦げて食えたもんじゃないです。

鉄板か、スキレットでやらんとダメですね。


沼キャン-12




厚切りベーコンは美味しかったですよ。

沼キャン-13



12時ころまで、色々と語り合いふざけて…


散々笑って…

すっかり涼しくなった、秋の夜を感じながらテントに潜りこみました。

沼キャン-14


夜は涼しかったのに、日の出とともにぐグングン気温が上昇し

ゆったり寝れたもんじゃないですね。

6時には完全起床し朝食準備。

沼キャン-15

朝のコーヒーを飲んだあとは、毎度の朝食

チャーハンと餃子を食して、即撤収。


沼キャン-16


遠方からきてくれたyakumo氏には申し訳ないが、本日は台風後の屋根修理があったので

帰りがけに佐倉の戦跡1箇所のみご案内で現地解散とさせていただいた。


その状況は省略( ̄▽ ̄)   ということで今回は終わります。


えーーーー…

次回のキャンプ大多喜編ですが…主力のyakumo&のだの人が揃う予定となったので

翌日の戦跡は久々に攻めでいきますよーーー。

さて、さて、何が出るかお楽しみ( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)
  1. 2019/09/24(火) 17:58:00|
  2. ブートキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大多喜で川歩き

先週は、台風の影響で9日の早朝から自宅が停電。

渋滞の中、頑張って出社すると会社も停電… 

おまけに台風一過でクソ暑いときたもんだ… エアコンねーし…

まあ、それでも唯一救いだったのは、自宅が復旧するのに38時間で済んだこと。

その短い時間でも電気無し、電波無しで携帯も使えないってのは、

この時代に生きる者にとっては、つらいもんですねーーー

ま…自分たちが二十歳の頃、携帯なんぞない時代を思えばなんてことはないはずなんですがね…


生活習慣ってのは怖いもんです(o^―^o)ニコ



ってなわけで…本題へ

先日、大多喜某所でかなりマイナーな滝を見るべく、川歩きをしてまいりました。


下調べは、食って良し! 飲んでよし! 論じて良し!…のパパさんが済ませてくれていたので…

言われるがまま…目的地へ向かうべく、あたりをつけた川への最短アクセスルート⁉…を進む。

ORWW-1.jpg


廃道っぽいね…

行けるのだろうか…

ORWW-2.jpg


うーーーーん⁉


なんか…怪しくなってきた。

ORWW-3.jpg


おっ(o^―^o)ニコ


この辺りから、下へ降りていけば…

ORWW-4.jpg




こりゃーーーー   いかんΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

ORWW-5.jpg

軽装できて…

すっきり爽やかに、あっ、という間に川に降りれるはずだったのに…

クソ暑い中、藪漕ぎで玉子10個分の体力を消耗してしまった。←どういう根拠か意味不明

ORWW-6.jpg



こりゃーーーダメだな。

まるで川が見えねーーーもん。

やっぱ下流から歩くしかねーーだろうってことで…

前回パパさんが下見で開拓したルートから再び降りることに。

ORWW-7.jpg


おっ。


あった、あった…


しかし、川面まではかなりの高低差がありますな。

ORWW-8.jpg


程よい高さから、するりと滑り降りて、まずは前回中途半端に終わってしまったという、

水路隧道2本の調査から…。


ちなみに今日は、夏の最後の思い出ってことで、短パン、サーフシューズで水路じゃぶじゃぶやる気満々

できたのだ。


ORWW-9.jpg




なわけで、長靴からサーフシューズに履き替え前回中途で終わってしまったという、水路隧道へ到達。

ORWW-10.jpg


この先が深いんですよねーーー

…というパパさん。

聞くところによると、この深みを超えた、その先にもう1本水路隧道があるのだとか…

ORWW-11.jpg


ぱぱさんが先頭。

足元を確信しながら道への深さに進むと、いよいよ足の付け根でも足りんようになり…

パパさん…  やっぱやめときましょう。


俺 …     は⁉   ここまできて何いっちゃってんの⁉   気合いだよ! 気合!


少しでも浅いとこ探して歩こうなんて、考えちゃいかん!

男なら正々堂々、正面突破や!    ど真ん中いったれや!

…ということで、考えた作戦が 将棋の戦法から…  [突撃中飛車作戦]


やればできるやない( ̄▽ ̄)

ORWW-12.jpg


よーーし…  

いい根性だ!   先生の称号を与えよう(笑)

ORWW-13.jpg


しゃーーねーーなーー


じゃあ、おっちゃんも、いっちょうやりますかね。

ORWW-14.jpg



川で泳ぐのは、30代の頃、九十九里の河口で引っかかった浮きを取りに泳いで以来だが…


ちなみに印旛沼でも泳いだな(笑)

ORWW-15.jpg


シャツが濡れたらキモイから…いったん上だけ裸で…


一時はノーパンじゃぶじゃぶも考えたが…さすがにやめた( ̄▽ ̄)



ありゃ…画像で見ると…僕…またちょっと、太ったかしら…

ORWW-16.jpg





うりゃ!


こんなん、やる気になりゃーー、なんちゅーーこたーーーないですが…爺になるとなんか億劫でね。


しかし…予想以上に水が冷たいですねーーー


ORWW-18.jpg

なわけで…

北島こうすけばりの平泳ぎ(o^―^o)ニコ

あまり綺麗じゃないので、さすがに顔つけてクロールはパスですな。

ORWW-19.jpg



こうなってしまえばもう、怖いものはない!

てなわけで、ここから2キロ先の滝を目指し、川登りスタート。

ORWW-20.jpg



先頭はもちろん若手…(笑)←こういう時だけ先輩面をする。

先を行くパパさん。

ORWW-21.jpg



時おり、流されたり、すっ転んだり…アクシデント多々ありましたが


夏の川歩きええですね…


ただし、川の中でも蜘蛛の巣があるんで

油断してると顔に蜘蛛が張り付くんですわ。

これだけわ嫌ですな。


ORWW-22.jpg


はじめちょろちょろ、中、ぱっぱ…じゃないですが…


川を遡っていくと、色々な景色に出会えますね。

ORWW-23.jpg



まあ… 綺麗さの程度はしょせん千葉レベルですが…


それでも自然の流れには癒されますね。

ORWW-24.jpg



水が澱んできたなあ…と思ったら、農業用水の揚水用に作られた堰なんかもありましたね…

ORWW-25.jpg




ここは前後が深くて…

これを超えるのに、ちょっと一苦労するが。

ORWW-26.jpg




それを超えると、またまた穏やかなせせらぎ。

ORWW-27.jpg


ここはほんと良かった。

こんな浅い場所で、夏に足を川につけながらキャンプしたいもんですね。

ORWW-28.jpg


2時間あるいて、目的の滝に到着。

当初は、この滝が目的のものではないんじゃなかって…勘違いしましてね。

見つけたら記念に滝つぼで泳ごうと思ってたんですが…

泳ぎ損ねてしまいました(o^―^o)ニコ

ORWW-29.jpg

しばらく回りを散策して、やはり、先ほどの滝がそれだったんだと気づいたわけですが…

なんかもう一回行く気にはなれず…  じゃあ!

もうちょっとだけ、先に行ってみようということで…

さらに上流を目指す。

ORWW-30.jpg


すると…

おっ!

これは例の…橋の下。

次回のキャンプ候補地です。

ORWW-31.jpg


せっかくだから、もうちょっと先まで行ってみようかと思ったんですが…

体力的にある程度余力が残っているとこで、終わりにしました。

無理はしない! これに尽きます(o^―^o)ニコ

ORWW-32.jpg

ちなみに、この先に凄いのがあるらしいのがわかったので。

近いうちにまた行ってみます(o^―^o)ニコ
  1. 2019/09/18(水) 17:47:00|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

maya

Author:maya
1965年 千葉県成田市生まれ

音楽・バイク・戦跡や廃道などが好き。
古き時代のものが好き。
最近では戦跡探索に熱中しております!(  ̄ ̄ー ̄ ̄ )

あなたは○○○番目のお客様

現在の閲覧者数:

基本カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブートキャンプ (12)
未分類 (568)
バンド (8)
ラーメン (11)
ANARIST (38)
戦争遺跡 (127)
バイク (24)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する