fc2ブログ

maya46の日記

音楽・バイク・戦跡・廃道などを訪ねて遊んだ日記

大多喜3回目

続きを読む
  1. 2021/11/05(金) 18:52:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

とんだハプニングの巻…Σ( ̄ロ ̄lll)

久々の更新である(o^―^o)ニコ

というのも、昨夜バイク&YBK&ANALIST(強制入会)仲間のヤッシー君よりTELがあり…

例の件なかなかやんねーーじゃん( ̄ー ̄)ニヤリ  的なツッコミがあり…

その後、色々話すうちに… ミツさんにTELを変わり、最近ブログ更新しないじゃーーーん…

楽しみにしてんだから、やってよ~~~的な…要望をいただいてしまったものでね…

ということで、少なめの画像で更新していきます(o^―^o)ニコ

10月6日だったでしょうかね…

夜勤あけの、朝日を拝みながら帰宅の状況である。
yakin-1.jpg


数日前、パパさんより視聴者情報の確認で茂原行くから来いや!

…と、半強制的に招集がかかり、睡眠不足のまま茂原へむかうも…

情報による対象物(謎の穴)は見つからない。

がせねた掴まされたんかいーーーΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン  はーーーー(´;ω;`)ウゥゥ  となるが…



ま… たまにはそういうこともあるさ…  と……飯にしちゃいます。

yakin-2.jpg


久々の長南やちよの醤油チャーシューらんしゅう麺 通称ランチャーである。

久々に食ったらうまかったですねーー。

ニンニクたっぷりの餃子もおただきました。

yakin-3.jpg




食後は、せっかく来たのになんかネタはないのかよ!

…と、パパさんが激怒しているので…

仕方なく、押日周辺をウロウロ…

yakin-4.jpg


いい感じの池があったので、その周辺を探索してみたが、これといって特になし。

yakin-5.jpg


んーーーーーー、どうしたもんか??

パパさんの怒りのボルテージが頂点に達しそうなので…(笑)

悩み、悩み…考えた末に…


yakin-6.jpg


ちょうど帰り道途中だし…

ク〇〇坂に寄って、帰ろう!

…ってことで妥協し、久々にここへやってきてしまったのであるΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

この画像でわかる人にはわかるでしょうね。


yakin-7.jpg


いつもと同じくパパさんの

はいっ、道にあるちょっと古いもののパパゲーノでーーーす(⌒∇⌒)

…と、元気に始まっております。

yakin-8.jpg


ここでの目的はこの地下壕内部を撮影することである。

既に6年前に、この壕を含む3つに関しては測量調査済物件であるのだが…

問題はこの後である。


yakin-9.jpg

さて…この地下壕 近衛第3師団の、

推定、中隊クラスの主力陣地とあって、なかなかの構造の陣地なのだが、出入口にあっては、

残念なことに道路側の一つ以外は、すべて埋め戻されてしまっている。


yakin-10.jpg


15mほど入り、途中の分岐を右へ降りていくと…

この壕の一番の見どころの下り階段があらわれる。


yakin-11.jpg


1段降りると分岐がり、さらに右へもう1段降りる階段があり…

yakin-12-1.jpg



降りたその先は右へクランク(膝上水没)

yakin-13.jpg


その先は、道路下を横断して街道側へ通じる構造となっていたはずであるが、現在は埋め戻されて

しまっている。

yakin-14.jpg


そして、主坑道へ戻り推定士官室へきたところ、とっても嫌なものを発見してしまった。




…6年前にここに入ったときにも、これは確かにここにあったはずなのだが…

ヘッドランプだけで測量に夢中になっていて、自分は気が付かなかったみたいだ。

確認したら6年前の写真にも確かに写っている。

なぜ気が付かなかったにかというと…  この壕内には大量のゴミが散乱しているからだ。



…ということで…








自粛はしておりますが、衝撃的な画像が含まれるので心の弱い方は、
この先を見るのはおやめください。

























推定 ホームレスの は・っ・こ・つ・死・体になります。

パパさんに通報をお願いし、現在は無事に処理されています。

yakin-15.jpg

後日、自分も聴取されましたけどね。
  1. 2021/10/23(土) 17:20:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ついてなかったGW

少々前になりますが、4/29~4/30のお話(⌒∇⌒)

今年のGW 日程が合わなくて急遽29,30で結構ということになりまして、久々の南房総方面。

天気予報は、いまいちなんですが、まあなんとかなるっしょ…という安易な考えでやっちゃいます。


ARAC-1.jpg



さて…決行はよしとしても、キャンプ地もまだ決めてないという無計画ぶり(笑)

ちゅーーことで、作戦会議もあるので、お昼に合わせて早めの集合。

隊長一押しの浜金谷のこの洒落おつなお店でランチしながらの会議なのである。

ARAC-2.jpg

隊長曰く… 山下達郎のレコードジャケットみたいな店内だよ。 と、いってた通り。

60年代を思い出すようなこの雰囲気のお店。

値段もお手頃、量もなかなかのもんです。

ARAC-3.jpg



飯食いながら先行して3名で会議。

(※PPゲーノ大先生は、重役出勤なのでまだおりません。)

大筋での予定がきまったのではありますが…

集合までには、若干時間的に余裕ありなので、どこか行こうかってことになり。

ARAC-4.jpg

知る人ぞ知るという…

富浦の廃トンネルへyakumo号でGO!

ARAC-5.jpg


まあ…

これでだいたいわかりますわね(o^―^o)ニコ

ARAC-6.jpg



相も変わらず内部は水没っすよ。

奥まで行ってみたい気もしますが、まあそこまでしなくとも…結果はわかってますからね。

ARAC-7.jpg

さくっと見終えたとこで、タイミングよく雨が降ってきたので…

南無谷あたりから、海岸線を見ながら、船形まで下ってきました。

ここで大雨となる… 車から出れんΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

ARAC-8.jpg




土砂降りで、どうにもならんので、先に買い物でも済ませようと、ODOYA船形店で

買い物を済ませて、雨の通り過ぎるのを待ちます。

ARAC-9.jpg



通り過ぎるまでけっこう、かかりましたねーーー  まあ、とりあえず止んでよかった。

とはいえ、 けっこう強風。

こりゃ山の上はあかんな…

本当は大房岬で夜のイベントを目的としていたのですがねーー

ARAC-10.jpg



仕方ないので鋸南まで引き返して急いで設営。

(山頂は強風で張れなくて、結局下)

予定よりだいぶ遅れましたが、なんとかなりました。


ARAC-11.jpg

なんか、ついていない1日でしたけど…

なぜか、今日の焼き鳥は非常にうまく焼けております。

…そこそこ盛り上がっていたところ、天気予報を見ていたyakumo氏が【あと30分で凄い雨雲がやってきます】

まじかΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン   …となり、急いでブルーシート屋根をセット。

ARAC-12.jpg

いや~~~ 間に合ってよかったね~~~

な~んて、気が抜けたとこで、とんでもない量の雨が降ってきた。

途中からは、氷ですな…  バラバラバラ…とまあ、これがまた凄いんですわ。


ARAC-13.jpg

風も急激に強くなり、強風でいよいよ山が鳴り始める  ゴーっと不気味な音で凄いんですわ。

屋根が吹っ飛ばされそうになるのを、4人で必死にシートを抑えて耐えること20分くらいか…

なんとか、耐えきることに成功。← かなりの強風でも4人いればなんとかなるという事がわかった(笑)


ARAC-14.jpg




耐え難きを、耐え、忍び難きをしのいだメンバー   もう、疲れてげっそりですわ(笑)

後でわかったのですが、竜巻注意報が出ていたらしいとか…(´・ω`・)エッ?

ARAC-15.jpg



翌朝の状況である。

yakumo氏と、パパさんのテントは強風で山際へ飛ばされたものの、とりあえず損害なし…

暗闇の中吹っ飛ばされたテント探し、しとるのウケタ…(笑)

俺のテントはペグてがっちり固定していて飛ばされは、しなかったものの、ロッドが2本変形してしまいました。

(既に修正しましたがね)

隊長は場所がよかったのか被害なしでした。←ついてるねーー

…ということで、全般的に被害は軽微でよかったっす。

前回、新舞子の時は風速8mで安物テントの骨が折れたんだったけど、今回はそんな

半端なもんではなかった(笑)←いい経験をしました。


ARAC-16.jpg




撤収し、金谷のフェリー乗り場付近にて

大荒れの海。


ARAC-17.jpg



風はいっこうにおさまる気配なし…

ARAC-18.jpg



そんな最悪のコンデイションの中

浜金谷で大先生が合流。

今日のプランは⁉、 …と、聞かれたので、今日は金谷28H~富浦10K~館山の予定ですと答える。

ARAC-19.jpg


さあ、…まずは金谷といきたいとこですが、その前に気になっていた金谷元名林道の広いとこ…

見にいこうよってことで、見にきたのだが…

ありゃΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

土を盛って、壁作られてしまっていて、これでは入れない。


ARAC-20.jpg

うわーーー   ひでーーーなーー。

あれもこれも みんな禁止になってしまいますねーー

やりにくい世の中。。


ARAC-21.jpg

予定プランに戻り、

28Hの砲座跡を確認して…

ARAC-22.jpg



壕内を探索する。

これは、砲側倉二つあるうちの、奥のほうのやつである。

ARAC-23.jpg


一しきり見終えて…


いよいよ、メインの富浦10Kへ向かうのであるが…

ARAC-26.jpg



なんと、なんと…

yakumo号、道中敵に遭遇し、激破される。 Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

ARAC-27.jpg



足回り曲がっちゃってますがな…(´;ω;`)

ARAC-28.jpg



敵はこのご年配、わき道から確認しないで飛び出してきたもよう。

ARAC-29.jpg



ということで、なんやかんやで色々、処理に時間がかかり、今回はこれでお開きとなった。

パパさんは、置いてきた隊長のバイクを取りに2人で大房岬へ、俺はyakumo氏と、先生を乗せて

横浜~~都内経由での帰宅となった。

久々の横浜市内である。

ARAC-30.jpg



yakumo氏を降ろして、今度は首都高速~無事帰宅。

ARAC-31.jpg


あーーー そうそう。

俺の車も切株乗り上げてこんなんなってたんですわ。


ARAC-34.jpg


まあーーー 応急処置で直しましたけどね。

ARAC-35.jpg

ということで、今回は成果なし…おわり。
  1. 2021/06/09(水) 16:40:00|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

怒田の古道

…とある休日、パパさんより連絡が入る。

おい オッサン! この前、おめーーー 怒田の隧道行きたいって言ってよな?

近いうちに行くけど、来るなら連れていってやるけど、どうすんだ…!  …てきなかなり高圧的な連絡が入る( ̄ー ̄)ニヤリ

こういう誘いを断ると、パパチューブの出演を干されてしまうので、はっ、 はい~~~  喜んで!

…と、参加となりました(・∀・)ニヤニヤ

集合は久留里の水くみ広場

ここで、本日初対面の野生人さんと合流する。


YPM-1.jpg



早々に挨拶を済ませ、早速本日の目的地、怒田福野線へ…

YPM-2.jpg


準備をしていると、さっそく横でもう始まってます(・∀・)ニヤニヤ

はいっ!  道にあるちょっと古いものもののパパゲーノでーーーす。

いつも、ご視聴ありがとうございまーーーす。 …的な

さて… この穴はなんでしょう~~~~ みたいな

YPM-3.jpg




ということで、今日の目的は、御腹川支流から上流方向を目指し途中の水路隧道及び、怒田の第3~1

の隧道を抜けて、坂畑の封鎖地点までを歩くという企画である。

水路に降りる早々、バルルルル… まさかヤッシー??← いるわけねーだろって(⌒∇⌒)

…と、トラ車の軍団が真横を通り過ぎていった(袖ヶ浦、市原ナンバーだけど知り合いはいなかったね)

けっこう、まだバイク軍団けっこう走っとるんやねーーー

YPM-4.jpg


支線の水路

ところどころ荒れてはいれど、歩くには問題ないレベルっす。

YPM-5.jpg


しばらく上って最初の難所にぶちあたる。

ここは長靴では足りない深さの場所 じゃぶじゃぶで行けなくもないが今日はそこまでやる気なし…

さあ、どうしよう…

と、いってる間に、果敢に攻めてる野生人さんであったが…

この後、残念ながら滑って腰までドボンしました。(o^―^o)

だから言ったろう!  …と、パパさんがボソッ…と、言ったような、言わないような…

( ̄ー ̄)ニヤリ( ̄ー ̄)ニヤリ

この様子は、パパチューブでいずれ見れることでしょう。

YPM-6.jpg



野生人さんが、ドボンしてしまったので、びびったその他2名は、

水路をあきらめ、ここから古道を行きます。

YPM-7.jpg


それから、どのくらい歩いたのだろうか…

山ビルの襲撃をうけつつ、仮称 怒田第3隧道へ到達。

ここは2009年頃に数回、通ったことがあるはずだが、かなり前のことで、まったく記憶にございません。

んーーーー こんなだったかな???


YPM-8.jpg



第3隧道を抜けると、明るく開けた場所へ出る。

YPM-9.jpg



ここはキャンプに適した景観なれど、激ヒル地帯。

既に足には、数匹くっついております。

YPM-10.jpg


そして第2隧道  フムフム…

YPM-11.jpg


ちょっと距離をあけて第1隧道。

んーーーー 確実に、2度、3度 通ったことがあるはずなのだが…

まったく記憶にございませんねーー。(笑)

YPM-12.jpg

第1隧道の内部

ここは乾いていて、なんかいいですよね(o^―^o)ニコ

なーーんて、通り抜けようと思ったら…

YPM-13.jpg

あっ!

見過ごせないものを見つけてしまった。

あーーー あーーーー あーーーー  

直火っすか…   ひでーーーなーー、

直火やる人、否定はしないけど… いくらなんでも、これはねーーだろ!

終わったら片付けろよ! たとえ山の中だってこういう事する奴がいると、マネする奴がでてきて

最終的に封鎖に追い込まれたり、火事とかで騒ぎなって、野営やりにくい環境になったらどうすんだよってね。


YPM-14-2.jpg



しかも水のペットボトルまで捨ててある。

最近、SNSでこのような映えを狙った写真撮って…

目立ちたい! 注目されたい! 僕こんなことして凄いでしょ!?

いいね… ほしいがために、色々やって、こだわりみせてる奴がいるけど…

裏で、こんな事やってるならほんとヤメテいただきたい!


YPM-15-2.jpg


なんか、今のでかなり、がっかりしちゃいましたね…

はあーーー ってな感じ…

動揺したせいか、大きく道を逸れてしまいましたが、なんとか最後の上り坂に到達。

YPM-16.jpg



見えてきました(⌒∇⌒)

YPM-17.jpg



本日の目標だった坂畑方面の封鎖地点に到達。

第一目標達成です。

YPM-18.jpg


そしてパパさんが、Y夫妻をリスペクトして( ̄ー ̄)ニヤリ

ここで、ペーニョです(笑)

YPM-19.jpg



9時半にスタートして、この折り返し地点で既に12時を過ぎてしまってまして、急いで引き返します。

パパさん曰く20分で着くと言ったのに、もう軽く2時間超えてますがな…

YPM-20-2.jpg



帰路は、来る途中チェックしていた、水路隧道をかたっぱしから潰していきます。

YPM-21.jpg



とはいっても行くのは、パパさんだけ。

僕は応援 声だしだけです。

行けっ!  気合いだ! おりゃ~~~ うりゃーーー …←部活か…

YPM-22.jpg



そんな感じで、自分に都合の良い感じの水路隧道だけ同行します、(笑)

YPM-23-2.jpg


しかし、いったいどんだけ水路隧道があるのでしょうかねーーー

凄い数あるねーーー  連続 連続 また連続

YPM-24.jpg


水路隧道もあまり多いと飽きてきますね。

YPM-25-2.jpg



そんな感じでさらに進む。

YPM-26-2.jpg



もう、腹いっぱい!  水路隧道もう、いいでしょう…ってことで。

YPM-27.jpg


帰りは古道を歩いて帰ることになり。

古道を歩く=予定外の第4隧道通過。

YPM-28.jpg


続いて第5隧道

YPM-29.jpg



ここで水路に降りて帰る予定が…

ちょっと距離あるけど、この際だから第6隧道も行ってみたい …と、野生人さんのリクエストにより、

第6まで行くことにΣ( ̄ロ ̄lll)

なわけで本日予定外の…

第1~第6隧道踏破 ミッション コンプリートってな感じになっちまいました。

YPM-30.jpg

道中、以前にくらべてだいぶ道じゃなくってますが(っていうか記憶がない)なんとか第6到達

以前は太ももくらいまで水没してた隧道内部も、長靴で足りる深さになってました。

ここだけはしっかり記憶にありますね。

YPM-31.jpg



福野側はコンクリートだけど、

反対側は観音掘り。


YPM-33.jpg


最後に2009年当時の画像。

ちょっとだけ内部の水を抜けやすくした時ですね。

皆、若いねーーー。 自分以外、その当時の選ばれし…時の人達ですね。

YMP-34-2.jpg

ってことで、次回はパパさんの1000人到達記念パーティーでお会いしましょう。( ̄ー ̄)
  1. 2021/05/28(金) 15:30:00|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

O池南拠点…まだあるんじゃないか…

久々の更新(⌒∇⌒) ですね。

ちょっと忙しくて、やる気が失せておりました…

ということで…前置きは省略。

先日… そういえばO池の南拠点…まだ確認してないのがあったなーー…

…と、唐突に思い出し… 年度末で忙しい状況ではありましたが、

急遽、メンバーに招集をかけてみる。



まあね… 東金で3GDといえば、この人でしょう。( ̄ー ̄)ニヤリ

当会の発起人でもある大先生登場…

OOM-1.jpg



でもって、今日は水没深ーーーーーいの行かなきゃならん。  

…となると戦力増強せにゃーー!

ってことで、2枚看板のもう一人である。

のだの人も招集。

あとはおなじみの隊長&PPゲーノ氏に、写ってないけど、当会のマグロと言われている(動いてないと死ぬ)

yakumo氏の布陣である。

OOM-2.jpg



雨風がかなりえげつなく吹き荒れ中、強行なのである。

隊長の笠、吹っ飛ぶ寸前(笑)

OOM-3.jpg



雨の中、大先生がさっそく、銃眼にとりつき、いつものお掃除を開始する。

で…、実はこの銃眼なんですが、いまのところ内部を調査できていないのですよ。

(推定入り口の壕が深く水没のため)

なので、今日はこの銃眼に通じているであろう、水没壕へ突入するのがメインの目的。

OOM-4.jpg

yakumo氏がどこぞに消えている間。

このために呼ばれたいっても過言ではない、のだの人が本日の捨て駒(笑)

果敢にアタックし胸まで浸かる水没壕エリアを抜けて、奥の通路へ到達。←やりましたね。

OOM-5.jpg



さらに進んで、障害を乗り越える。

この壕はあちこちコンクリート壁を作られているので、とても難易度が高いのです。

OOM-6.jpg


そして銃眼へ通じる通路。

ここはさらに高いコンクリート壁で塞がれ、その先は土が盛られているため。

突破はかなり難儀しそうで躊躇していると…

後から入ってきたyakumo氏が…

何ぬるいことやっとんねん!

…と、サクッと乗り越えて入ってしまった(笑)  さすがや!


OOM-7.jpg



銃眼外側から。

OOM-8.jpg



銃眼中から。

yakumo氏撮影。

OOM-9.jpg



最後に残りの時間で、怪しげな荒れ山を散策したところ、外からは到底わからないようにカモフラージュ

されてる、これまた珍しいタイプのMG陣地を偶然に発見できた。

OOM-10.jpg





この模様はいずれ、パパさんのTUBEで取り上げられると思うので、詳しくはそちらでご覧くださいな。

OOM-11.jpg



通常の坑道をちょっとだけ広くした感じの近衛第三師団の第一大隊にしては、初めてのタイプ。

OOM-12.jpg



最後に本日確認の地下壕略図である。

OOM-13.jpg

ということで、簡単ですが今回はここまで。

次回は、銚子方面にシフトして利根川を遡上してくる敵艦船を叩くためのカノン砲陣地を

探しにいこうと思っております。

ではでは…
  1. 2021/03/30(火) 17:50:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

maya

Author:maya
1965年 千葉県成田市生まれ

音楽・バイク・戦跡や廃道などが好き。
古き時代のものが好き。
最近では戦跡探索に熱中しております!(  ̄ ̄ー ̄ ̄ )

あなたは○○○番目のお客様

現在の閲覧者数:

基本カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブートキャンプ (15)
未分類 (568)
バンド (8)
ラーメン (11)
ANARIST (41)
戦争遺跡 (144)
バイク (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する