maya46の日記

音楽・バイク・戦跡・廃道などを訪ねて遊んだ日記

903館山調査・・・・第4部・・・・(ランチ編)

皆様こんにちは、今日は雨ですねーーー、しかも湿気が凄くてベトベトで・・・・非常に不快っすね。

えーー、昨夜はちょっとだけ腰の痛みが楽になりましてですね。

いくらか眠れましたよ(^-^)

ご心配をおかけしましたが、まあ徐々に治ると思います。



ではランチ編をば・・・・

本日のお昼は、館山の波音食堂となりました。

ここは以前、大貫隧道探索の時のランチで立ち寄り、なかなか好評だったらーめん店なのです。

売りは、醤油味の生姜らーめんなのですうーーーーー。


KAG-131.jpeg





今日は、初参加である、とのたまさんには非常に恐縮であるが、成り行き上、

ランチタイムにお付き合い願うことにした。

らーめん嫌いだったら・・・・  どないしよう( ̄□ ̄;)!!   などという心配もあったが・・・・

らーめん大好き・・・・とのことなのでえがった、えがった(^-^)

KAG-132.jpeg





記憶によれば、時刻は13:45分頃だったはずだが、店内は満席でしばしのウエイテイングとなった。

思い起こせば俺、この時点で右側の腰がズキズキと・・・・

けっこう痛かったりしていたのである( ̄□ ̄;)!! ←後の祭りだね。

KAG-133.jpeg





待つこと15分。

まずは最初の5人が入店する。

隊長と俺の長老組はカウンターに。

ぱぱさん、兄貴、のださんは窓際のテーブル席に。


KAG-134.jpeg





程なくして、残る4人も入店完了。


こちらは、総軍さんがyakumo先輩に水を汲んでいるところ(^-^)


KAG-135.jpeg




窓際の席は、我会で占領されました(-^〇^-)

KAG-136.jpeg




ぱぱさん、朝もガッツリいきましたが、昼もガッツリ(-^〇^-)

らーめん+のミニチャーシュー丼きました。

KAG-137.jpeg



これってワンタン麺だっかかな・・・・!?

醤油スープに生姜が効いてうまそうですねーーー。


KAG-138.jpeg




おお(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-

空きっ腹の人は、らーめん食いたくなるかもしれんですよーーーー


KAG-139.jpeg




こちらは、のださん、ぱぱさん、兄貴のテーブル。

KAG-140.jpeg




こっちは、yakumoさん、とのさん、総軍さん、まっきーのテーブル。


午前中、ハードに動いたので、ラーメンがとってもおいしく感じたようです。

KAG-141.jpeg






超うまかった!


大好評でよかったです。||| \( ̄▽ ̄;)/ |||ワーイ


KAG-142.jpg




さて・・・・   

まっさきに食い終わったおじさんはというと・・・・

店の外から、覗き込み(。-∀-)

グズグズすなや~~~~~    はよ食わんかい~~~~~

次、行くで~~~~~~~   ・・・・と、またまたプレッシャーをかける悪い奴なのである≧(´▽`)≦


KAG-143.jpg


はいっ(-^〇^-)

ということでランチ編は短くここまで。

お次は第5部  布良編へと続きますよーーー。


KAG-144.jpeg


明日はちょっと、遠方に出るので更新できんかもしれんです。

それでは、またっ! ←総軍さん風に(これは最近まっきーと俺のやりとりで流行っている)(笑)
  1. 2017/09/12(火) 17:24:06|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

903館山調査 第三部(寺山砲台編)

みなさんこんばんは~~^\(⌒日⌒)/。

穴の時間ですよーーー。

なんちってね(笑)    えーー

筆者は、いぜんと続く腰痛に憂鬱な日々を過ごしておりまする。

はやく治んないかなーーー これ・・・・

てなわけで、第三部をば・・・・( ̄^ ̄)ゞ


洲ノ崎第一砲台付近で調査を終えた一行が次にむかったのは、

館山市香の寺山砲台。




KAG-101.jpeg







付近の公民館へ車をとめさっそく現地へと向かう。

KAG-102.jpeg






集落の中をワイワイやりながら歩いていく。

KAG-103.jpeg





長靴履いてカメラ持って・・・・

一見、山歩きの集団にみてとれなく、もないと思う(笑)

KAG-104.jpeg






ちなみに、この物件は過去にyakumo氏が見つけていたものであるのだが、

前回訪問から、かなり期間があいてしまっていたため、ご覧の通り現地は激藪と化していた。

で・・・・場所どこよ!?

yakumo氏    あっちのほう!

KAG-105.jpeg





とんでもない激藪で、いや~~~なツルが絡みつくような場所であるが、

レンジャーの、のだの人は正面突破を試みるべく突っ込んでいくヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ


KAG-106.jpeg





yakumo、のだ、両名が突っ込んでいったので、我々も後に続く。


KAG-107.jpeg






思わぬ難所に渋い表情の隊長(-^〇^-)

・・・・しかし、もってきたのこぎりで、ルートを切り開き・・・・

KAG-108.jpeg





なんとか目的地に到達。

しかしこの物件、実物の大きさに少々驚いた。

KAG-109.jpeg



砲室前でしばしの談義。

海軍物の砲台ってのもなかなかレアな物件だからである。

KAG-110-1.jpg





中に入ってみる。

やはり陸軍ものとは、作りがまったく別物だ。


KAG-111.jpeg





砲室の鉄筋に興味を示すぱぱさん。

陸軍ものだと、鉄筋ほとんど入ってないんですよね・・・・


KAG-112.jpeg



これは砲室右側から、山頂に方向に向けられて掘られていた階段。

残念ながら掘りかけで終わっている。

おそらく、観測所へのルートでも作るつもりだったのではいか・・・・


KAG-113.jpeg





砲室奥の坑道の形もじつに変わっている。


KAG-114.jpeg





これは総軍さんの大好きなやつですね。

たしか、砲室脇の推定弾薬置場の部屋でぴょこぴょこ跳ねてましたねーーー

KAG-115.jpeg




画像は隊長とのださんのツーショット

その奥では、総軍さんが内部図作成頑張っております。

KAG-116.jpeg




正面奥から先は、あきらかに掘りかけで終わっており、大量のズリが放置されたままになっているため、

ズリを乗り越えての調査となった。

ちなみに、この辺の地質は岩盤地質なのでズリも下手に蹴飛ばせば長靴に穴があいてしまうほど

鋭いものもあった。


KAG-117.jpeg





これが左クランクしてから先の状況。

KAG-118.jpeg




一見埋まっているかのようにも思えたが、山の裏側に抜けていた。

ま・・・・  外に出て確認するまではしなかった。


KAG-119.jpeg




坑道内部から外の状況。

KAG-120.jpeg




寺山砲台

作りはいたってシンプルなものであったが、貴重な海軍の陸の砲台が見れて満足した。

到達の思い出に記念撮影。
KAG121.jpg






行きにルートを切り開いてきたので、帰りはブッシュ地帯を楽に抜けた。

KAG-122.jpeg






なかなかの成果に意気も上がる(-^〇^-)

KAG-123.jpeg




一人では心細く、躊躇しそうな山でも、これだけ人数が揃えば勢いで行けてしまうものなのでしょうね。

隊長を先頭に帰路につく。

KAG-124.jpg






午前の予定はここまでとし、昼食へと向かう。

ちなみに時刻は13時30分とお昼の時間からはかなり過ぎている。

KAG-125.jpeg

お昼編へ続きます。
  1. 2017/09/11(月) 18:48:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

903館山調査 第二部(洲ノ崎第一砲台編)

皆さんこんにちは(-^〇^-)  

私は、一旦良くなりかけた腰痛が、またまた悪化しまして大変苦しんでおります( ̄□ ̄;)!!

車の乗り降りの際や、立ち上がるのがほんと辛くてね・・・・

はやく治して、また山へいきたいな~~~^   なんて/(^o^)\ナンテコッタイ

ということで、第二部いきますね。



大隊本部壕を見終え、第二ポイントへと向かう一行。

知る人ぞ知る。洲ノ崎第一砲台付近である。

ここ周辺は、かなり宅地化進んでしまったため、消失物件も多く、

まあ・・・・なにか見れたらいいなあ・・・・程度の感じできてみた。


KAG-51.jpeg




期待の銃眼は、住宅化により見れず。

その他の目的物も状況的に無理そうなので、唯一入れそうな場所へきてみた。

KAG-52.jpeg



こいつがそうだ。

さっそく入ってみる。

KAG-53.jpeg




入ってみると既に、レンジャーの、のだ氏が窪みでしゃがんでなにかやっていた。


KAG-54.jpeg




途中で何やら渋滞している(-^〇^-)


その理由はまた後で(-^〇^-)

KAG-55.jpeg


およそ全長70mクラスの壕の最奥には、山頂の住宅に電力を供給するための電柱が坑道を突き抜いていた。

なんとも・・・・

ちなみに、この坑道は砲台上部へと抜けてるための通路なのではないだろうか・・・・

KAG-56.jpeg




・・・・さて、渋滞の原因はこれなのだ。

途中の、左分岐の上方には上階に繋がる空間があるようだ。

KAG-57.jpeg



行きたいのはやまやまであるが、思いのほか坑道幅が広くスパイダー上りは使えそうもなく・・・・

さらに、勢いで登ろうにも足場がないのでどうにもならない。

せめて、3m上の階段に手が届けばよいのだが・・・・( ̄□ ̄;)!!


KAG-58.jpg



仕方なく諦めて、外へ出る。


そして、総軍さんの書いた、現状の内部図を見ながら、色々と推論を論じ合う。




んーーーーーーー   やっぱり、あの上確認したいね。


次回、梯子持ってきて再チャレンジするしかねーーな。








などと言っていると・・・・


KAG-59.jpeg




ちょっと短いけど2mのならありますよ!  ・・・・と、とのさん



君、なんて素晴らしいんだ!  (´▽`*)アハハ


2mもあれば十分だよ!


ちょっと届かないけど、うちには凄いのがいるから(笑)


KAG-60.jpeg




よっしゃ~~~~~  じゃあ、再チャレンジだーーーーーー!



と、梯子を奪い取るかのごとく、さっさと壕内へ戻っていくのである。


なんか、後方で・・・・


・・・・、で、誰が登るの!?    なんて声が聞こえていたような(笑)



KAG-61.jpeg



はっはっは・・・・


そなんの決まっているじゃないか(。-∀-)


・・・・と、自分が梯子を掛け。


KAG-62.jpeg





有無をいわさず、緑のおやっさんが登っていく。(´▽`*)アハハ

やっぱりね(笑)

この光景を横でニヤニヤして見ているのだ様。

KAG-63.jpeg




一旦左に登ってから、今度は右に切り返して梯子をかける。

KAG-64.jpeg


おーーーーーー!


いける。   いける。


ちょっと足りないけど、後は精神力だな・・・・  などと、体が動かない分、口はよく動くのが年寄りの特徴だ(笑)




KAG-65.jpg



ではいきまーーーす。


のだくん、君はそっち側を支えていなさい。(´▽`*)アハハ


これからyakumoくんが登るのだから!


などと、少し年が上なだけで威張り散らしている俺(笑)←わりい野郎なのだ。


KAG-66.jpeg



よし!  いける。  いける。


あとは、階段に手を伸ばして・・・・


KAG-67.jpeg



到達成功! 



パチパチパチ||| \( ̄▽ ̄;)/ |||   さすが先輩(。-∀-)



KAG-68.jpeg


奥を見てきたyakumo氏によれば、奥はゆるく登って、その先は板で封鎖されとるとのことらしい・・・・

・・・・が、そう言われてもね~~~~~~~

よくわかんないし・・・・    図面でも見れればね~~~~~~~・・・・  よくわかるんだけど・・・・

なんて言っていたのであるが・・・・

のださんも大変に不満そうである(笑)←人のせいにする。





すると・・・・



mayaさんが行けというなら行きますよ!  ・・・・と、総軍さん(笑)


\( 'ω')/イヤアアァァァァ    なんか、悪いねーーー   そんなつもりで言ったわけじゃないんだけどね。(笑)←そんなつもりでした。



KAG-69.jpeg



そしてカプセル怪獣を投入するかの如く。



行けっ!   総軍!



頑張れ~~~~~~  (笑)     ←ほんと俺ってワリイ野郎である。


KAG-70.jpeg




少々、腰が引け気味の総軍さんであるが・・・・

KAG-71.jpeg


いった。  いった。(-^〇^-)


(急階段で滑りやすいので、良い子は絶対真似しないでね)


KAG-72.jpeg




総軍さん無事上階到達。||| \( ̄▽ ̄;)/ |||

KAG-73.jpeg



その後、記録班のまっきーも続き・・・・

何やらニヤニヤ 

さあ、じゃあ帰ろうか~~~~^

・・・・と、梯子を外すyakumo氏  
   
終始こんな状態である(笑)

KAG-74.jpeg




そしてこれが上階の状況である。

KAG-75.jpeg


板で封鎖状況。

こうなってると、外がどうなってるのか気になりますよねーーー

気分てきには、ぶち破って外に出たいとこですが・・・・

ならずものではないので、そんなことはしません(-^〇^-)

KAG-76.jpeg



総軍さん、とのさん、俺で記念撮影。

(ちなみに、ご本人様の了解が出ましたので以降はとのさんモザイクなしでいかせていただきます)
とのさん、もっといかついオヤジかと思ってましたが、なかなかのイケメンでイメージかわりました。

KAG-SS1.jpeg






結果が出たので壕を出る。

KAG-78.jpeg




そして、総軍さんが書いた内部図を見て、フム、フム、フム・・・・こんなんなってんだあ

などと、しばしの間またまた論議。


KAG-79.jpeg





ちなみに、これがその内部図です。

洲ノ崎内部図



はいっ(-^〇^-)

ということで、お次は第三ポイントの香の寺山砲台へ向かいます。


KAG-80.jpeg

・・・・つづく
  1. 2017/09/09(土) 12:07:26|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

903館山調査 第一部(加賀名編)

では、903館山の第一部をサクッ。  ・・・・と、やっちゃおうと思いますね。

てなわけで(^-^)

最近では、南方面というとすっかりこのパターンになってきましたねえ。

我会の主役級に躍り出てきた総軍様を海浜稲毛駅にてお迎えし・・・・

まずは、コンビニにていろいろ補給しつつ ( ̄ー ̄)ニヤリ




KAG-1.jpg




どんよりと曇った館山道をひたすら南下すること1時間と15分。

KAG-2.jpg





館山イベントでは定番の待ち合わせ場所となった、館山のカインズ駐車場に到着。

待ち合わせの時刻にはまだ15分ありますが、すでに7名集結。

いつもなら、久しぶり~~~  みたいになるんですが、つい最近

前回の流しソーメンで会ったばかりなので、なんだか昨日のようです(-^〇^-)

KAG-3.jpg



そして、ごちゃごちゃ話しつつ待つこと10分。

我会の重鎮であるぱぱさん、余裕の登場。

KAG-4.jpg




\( 'ω')/イヤアアァァァァアアアァァァァアアア・・・・

遅れてないけど、わりい わりいっ!  みたいな感じで登場(笑)

KAG-5.jpg





そして・・・・

わしゃ~~^.、まだ朝飯くうとらんのや!←なぜか関西弁風になる。

といいながら、弁当を食い始める(笑)←大御所になるとこれが余裕でできるようになります(笑)

KAG-6.jpg




なんとも豪勢なお弁当。

カキが入ってますよ。  カキ!

KAG-7.jpg


そして食後は・・・・

総軍様       先輩  食後の、一服どうぞみたいな・・・・

ぱぱさん    おめーーー、.なかなか気が利くじゃねーーーか。   
                  
                      よーーし、じゃあ今日からおめーも、穴に入ってよいぞ!  ・・・・みたいな

                     ちなみに、ANALIST新入りは最初の半年間は穴に入れないという掟があるのです。
                     (1年坊はまず声出しから)←部活かっ(´▽`*)アハハ


                      ・・・・というのは、まあ嘘ですけどね。



KAG-8-1.jpg


まあ、我会独特のなごやかな、朝のひとときが過ぎていきます。


この時点で8名も集結しているわけですが、今日はさらにもうひとり。




あっ|゚Д゚)))       きたきた!

yakumo氏の誘導によりやってきたのは、神奈川では超有名 デジタルアートの!

とのたま氏



KAG-9.jpeg


このような有名なお方が、我々に混じってしまってよいのだろうかという、疑問は少々あるが・・・・


まあ・・・・。


同じ、穴好きということで(-^〇^-)←とかしいつつ、やっぱ、こなきゃよかったとか言われたりしてね(笑)



KAG-10.jpeg




そして隊長がメンバー紹介を開始。


こいつがねこや! ←隊長もなぜか関西弁風



KAG-11.jpeg




そして、あの青いシャツが歩く内部図くんでよーー!

KAG-12.jpeg



でもってこいつが、のだの人で、その隣の緑のオッサンがやっくんや!・・・・←かなり過剰表現となっております(笑)


KAG-13.jpeg




でもって、このお方が我会の重鎮のぱぱさんや!


怒ると、超怖いんやで~~~~~・・・・みたいな(笑)  

KAG-14.jpeg


・・・・と、そんな感じでメンバー紹介を終えた後は、



すごいねこの車!



・・・・と、との氏の車に、皆でかぶりつき、しばしの質問タイム。




KAG-15.jpg





そんなこんなで、時間も押してきましたんで、ぱぱっと、ミーテイングを済ませまして・・・・


KAG-16.jpeg




本日の第一ポイント。

加賀名地区へ向かうのである。

KAG-17.jpeg



現着し早々に、想定場所へと向かうのであるが・・・・

KAG-18.jpeg




こりゃ、場所がちーーとばかし、まずいんじゃね!?・・・・ってことで。

KAG-19.jpeg




山際から入り込むルートを選択し、まずは斥候として我会のエース。

のだ、yakumo両名が突入していく。

KAG-20.jpeg




その後、のだ氏、yakumo氏両名がほぼ同時にそれぞれ突入可能な、壕口発見の無線連絡が入る。

さらにのだ氏より。

当たりだよん(^-^)

・・・・の連絡がはいったため、全員そのポイントへと向かう。

KAG-21.jpeg






ただし場所がとってもシビアなので、一人づつタイミングを見計らっていきます。


よし、いまだっ。


KAG-22.jpeg





いけっ、兄貴!

KAG-23.jpeg




あにき~~~~~~~  

KAG-24.jpeg




とのさんも突入。

KAG-26.jpeg



けっきょくのところ

何箇所も開いてはいるが、トラブルなく、入れるのはこんな狭い隙間しかない。

KAG-27.jpeg





こんな感じで入ります、

KAG-28.jpeg






隊長も突入。

KAG-29.jpeg





なかなか幅広な坑道内部である。

KAG-30.jpeg



けっきょく、なんだかんだで、

最初の、のださんの突入から、全員が入り終えたのが15分後くらいだったため、

サクッ!  と、全て見終えてしまったのださんにより、内部の状況を教えていただく。


KAG-31.jpeg



ちなみに、この壕の形状はこんな感じである。

東京湾要塞重砲兵連隊第二大隊本部壕   推定総延長は300mを超えているらしい。

作図 祐実総軍三等兵
20170905092741066.png





内部図を書いた張本人の総軍様。

今日はヤマビルがいないので、元気バリバリ(笑)

KAG-32.jpeg




これは、真ん中付近の広い部屋。


KAG-33.jpeg





入ってすぐの付近は、網目のように複雑だが、まずは最奥へと向かってみることにする。

KAG-34.jpeg


奥へと伸びる坑道を、

ゆる~~く登りながら、しばらくいくと右にクランク。

その先は階段で、けっこう登ってるね~~~

とのさんに追いついた。

その先はさらに左クランクのようだ。

KAG-35.jpg




クランクするたび階段で、どのくらい登ったのだろうか!?

最奥付近では、とのさんと、yakumo氏が何やらやっている。

KAG-36.jpg






結局、埋め戻されていて、第一砲台方向へは抜け出ることはできなかったが、

まあ、これだけの物が残っていれば、まあ、まあ、でしょうね(^-^)


画像はぱぱさんと、との氏    大隊本部壕終点付近にて撮影

KAG-37.jpeg






戻ろうと思ったところ、作図中の総軍さんが追いついてきていた。

今日はマジテンションMAXのようだ(^-^)
KAG-38.jpeg







歩数計測でこれだけ書けるのだから、たいしたもんだ。

ちなみに、最近自分は図面サボって(笑)   ほとんどまる投げ状態です。


KAG-39.jpeg






その後は入り口付近の複雑な箇所を一通り回ってみる。

KAG-40.jpeg





こちらもテンションMAXのまっきー。

女子部員募集したいそうです。

KAG-41.jpg





のださんの案内により、グランド方向の出口へ行ってみる。

KAG-42.jpg






こっち方向の出口2箇所は、完全に開口しているが崖の中腹に空いてるので、出入は不可である。


KAG-43.jpg




1時間ほどの調査を終え、全員無事に戻ってくることができた。

しかも非常に状態がよく、満足な調査となった。

KAG-45-1.jpg



さて、では第2ポイントへ

洲ノ崎第一砲台付近へと移動していく。

KAG-46.jpeg

・・・・つづく




KAG-47.jpeg
  1. 2017/09/06(水) 18:56:00|
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

少々お待ちを・・・・m(>__<)m

皆さんこんばんは~~~\(⌒日⌒)/
そしてまずは、9月3日のイベントに参加したメンバー皆様、大変お疲れさまでございました。
久々に9人という大人数で・・・・しかも当たりネタを多数引けまして、大変有意義な一日となりました。
よかった、よかった~~~  ということで~~~

さっそく日記更新といきたいところでは、ありますが業務多忙と、翌日の朝に腰を痛めてしまいましたため、
どうにもこうにも、全てがはかどらなくて苦しんでおります( ̄□ ̄;)!!

なわけで、更新までは今しばらくのご猶予をください。

まあそれでも、文章だけではなんですからね。
メンバー紹介くらいしときましょう。

左から

のださん、ぱぱさん、内部図くん(総軍さん)、隊長、まっきー、俺、とのたまさん、yakumoさん

そして右上(アニキ)都合により山の下で待機してました。  以上9名

画像は館山市香の寺山砲台にて。

寺山砲台にて1

  1. 2017/09/05(火) 18:50:00|
  2. ANARIST
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
前のページ 次のページ

プロフィール

maya

Author:maya
1965年 千葉県成田市生まれ

音楽・バイク・戦跡や廃道などが好き。
古き時代のものが好き。
最近では戦跡探索に熱中しております!(  ̄ ̄ー ̄ ̄ )

あなたは○○○番目のお客様

現在の閲覧者数:

基本カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (548)
バンド (6)
ラーメン (11)
ANARIST (20)
戦争遺跡 (100)
バイク (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する